記事検索

697. 多血小板血漿(PRP)療法とは

スレッド
697. 多血小板血漿(PRP...
最近、PRP療法について、
ご質問がありましたので、
まとめてみました。


PRP療法とは、
(platelet rich plasma)
着床障害の新しい治療法のひとつとして、
自分の血小板豊富な血漿を
子宮内腔に注入する治療法です。

2015年に中国から最初に報告されたようです。

もともと、PRP療法は、
再生医療として整形外科、皮膚科等で、
実用化されている治療法です。

血小板の持つ成長因子が、
組織増殖、血管新生に効果が期待できるからです。


2015年の中国からの報告では、
子宮内膜が薄く(7mm以下)て、
5名の体外受精・胚移植ができない患者さんに、
PRP治療したら内膜が厚くなり、妊娠成立した
という内容でした。


その後、多くの臨床研究が進行中です。
効果に否定的な論文もありますが、
概ね現時点では
ある程度の効果がありそうです。


子宮内膜が薄くて、
胚移植の不成功が続いている方には、
良いかもしれません。


ただ、子宮内膜の免疫状態を
改善する治療法ではありませんので、
同種免疫異常による原因の
治療にはなりませんよ。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ