記事検索

611.こころ と からだ の変調

スレッド
611.こころ と からだ の...
排卵期に妊活した後、
あるいは、
卵を移植した後、

一週間ぐらい経過した頃より、

腹痛、不眠、イライラを
よく経験されている方は、

「生殖ストレス」

が、不育症・着床障害の
引き金になっている
可能性があります。


生殖ストレスが強いと、
ストレスホルモンが増加して、
免疫細胞が攻撃的になり、
血液は固まりやすくなり、
子宮内のラセン動脈(細動脈)は
細くなり、
子宮環境が受精卵にとって
悪化してしまいます。


この場合の治療には、
からだの治療だけでなく、
こころの治療も必要なのです。


ブログNo.573 の
「恵みの窓(ラセン動脈)の不思議」
も参考にしてください。



ワオ!と言っているユーザー

610.子宮環境をイメージする

スレッド
610.子宮環境をイメージする
子宮はニワトリの卵ぐらいです。

膀胱と直腸の間にあります。

ほとんどが筋肉の塊です。

中は空洞で子宮内膜という
受精卵を育てるベッド
でおおわれています。

子宮内膜のベッドは卵巣からの
女性ホルモンで育ちます。


子宮の中は
膣腔を経由して外気と通じているため、

子宮の内膜には、
鼻の粘膜のように、

免疫細胞が多数集積しています。


その免疫細胞が
何らかの刺激で暴走すると、
受精卵(半分異物)を
攻撃してしまうのです。


また、子宮内膜には、
子宮動脈から
約120本のラセン動脈という
らせん状の細動脈が流れており、

その直径は妊娠初期に
約0.05mmと細く、
その血管壁は
神経線維と筋肉細胞で
構成されているため、

過剰なストレスにより
ラセン動脈が収縮して
虚血が起こってしまうのです。


ですから、
不育症と着床障害の検査として、
「同種免疫」と
「生殖ストレス」の状態
の検査が大切なのです。


検査項目については、
当院のホームページの
「治療内容」の中の
「不育症・着床障害の検査項目」と
「生殖精神分析」
をチェックしてみてください。



ワオ!と言っているユーザー

609.青クリ説明会

スレッド
609.青クリ説明会
当院の具体的な検査や治療方法等
について、

5月25日(土曜日)の午後1時より
約1時間、説明会を開催します。


昨年までの「青クリの会」は、
不育症と着床障害について
総合的に講演していましたが、

今回からは、

当院の特徴的な
「同種免疫異常」と
「生殖ストレス」の
具体的な検査と治療を含めて、

説明会を開催します。


これから当院を受診しようか
検討されている方に向けての
説明会です。


説明会の予約を開始しましたので、
当院ホームページの
「ご相談と情報」のなかの
「青クリ説明会」を
チェックしてみてください。


ワオ!と言っているユーザー

608.妊娠不成功と子宮内フローラの関係

スレッド
608.妊娠不成功と子宮内フロ...
2015年に子宮内にも善玉菌(乳酸菌類)が
いることが報告され、
2016年には、子宮内フローラが乱れていると、
(乳酸菌が減少して悪玉菌が増えていること)
体外受精の結果が悪くなる
ことが報告されました。


その理由として、
子宮内フローラが乱れ雑菌が増えると、
子宮内膜の免疫細胞が攻撃的になり、
受精卵(半分異物)も攻撃してしまう
からではないかと考えられています。


2018年、東京のある体外受精クリニックが、
92例の体外受精患者さんの
子宮内フローラの調査結果を報告しています。
(Reprod Med Biol, 2018)

その結果は、
56例が乳酸菌90%以上であり、
(うち9例は抗生物質と乳酸菌で治療した)
36例が乳酸菌90%以下で雑菌が10%以上
であったそうです。

その両群の妊娠率は
凍結胚盤胞の移植あたり、
36.3%と34.7%であり、
有意な差はなかったとのことでした。


結論として、
この検査の明らかな有用性は
確認されませんでしたが、
子宮内フローラの状態を知ることは、
着床率の改善に意義があるとの
ことでした。


私見として、
子宮内の免疫細胞の状態を知り、
その状態を改善することが、
本質ではないかと思います。


当院では、
ナチュラルキラー(NK)細胞活性を含めた
5種類の「同種免疫」検査が
検査可能です。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ