記事検索

593.納得感

スレッド
593.納得感
何でもそうですが、
自分が本当に納得できたなら、

覚悟もできますし、
たとえ、
結果が不本意でも、
何とか
受け入れられるものです。

立ち止まらず歩けられます。


納得できる説明を受けていますか?

納得できる状況ですか?

十分納得できていないと、
不信感が湧いてきて、
そこにストレスが広がり、
そのストレスが
新たな原因となってしまいます。


何事にも
「納得感」
は本当に大切なものです。

ワオ!と言っているユーザー

592.活性化自己免疫細胞を子宮内注入

スレッド
592.活性化自己免疫細胞を子...
2006年に報告された論文ですが、

採血、採取した自分の免疫細胞を
HCGホルモンで培養活性化した後、
胚移植前に子宮腔内へ戻すと、
妊娠率が上昇したそうです。

この論文は、
当時、京大に在籍しており、
現在は金沢大(教授)の
藤原先生グループにより
発表されましたが、


その後、本邦の他施設でも
同様な研究結果が
2011年に報告されています。

最近、
2016年と2017年に、
中国の研究機関より、
同様な臨床研究結果が
報告されました。

その内容は
前向き無作為臨床試験にて、

HCGにより活性化された
自己末梢血単核球(免疫細胞)
の子宮内投与は
着床失敗を繰り返した患者の
胚移植の妊娠率を
統計的有意に上昇させたそうです。


子宮内の免疫システムが
拒絶反応ばかりではなく、
生着反応も誘導しているのです。


当院のピシバニール治療も、
ナチュラルキラー(NK)細胞活性と、
インターフェロンγ(IFNγ)と、
マクロファージコロニー刺激因子(M-CSF)
という免疫検査をして、
その結果により、
子宮内の免疫システムを
変化(好転)させています。

ワオ!と言っているユーザー

591.弱い炎症は味方!?

スレッド
591.弱い炎症は味方!?
炎症は 本来、
病気ではなく、
血流を増加させて
組織を直すための生体反応です。

ですから
炎症部位は赤く充血しているのです。


受精卵が子宮に接着すると、
そこには炎症物質がでています。

炎症物質が近くの血管から
新しい血管を引っ張り込んでくるのです。

この血管新生が
受精卵のライフラインになっているのですよ。


ですから、
弱い炎症は
「妊娠維持の味方」
なのです。


ただ、ブログNo.590のように、
強い炎症は
「妊娠維持の敵」
になります。

ワオ!と言っているユーザー

590.強い炎症はダメ

スレッド
590.強い炎症はダメ
カゼの季節です。

冷気により鼻水がでる
冷感アレルギーの方や、

冷気、乾燥、ストレスで咳こむ方は
特に気をつけて。

鼻の中や、気管支の中は、
粘膜の免疫系により、
子宮の中 
と、似ているのです。


強い炎症状態では、
免疫細胞が
インターフェロンーガンマ(IFNγ)等
の炎症物質を
大量に分泌しますので、

着床不全や流産を引き起こしてしまう
可能性が高くなるのです。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ