記事検索
ハッシュタグ「#音楽」の検索結果7件

ようやくGのレコンギスタを見終えた

スレッド
・・・う~ん、最後までよくわからなかったなぁ。
ベルリがお姉ちゃんとイチャイチャしながら、金星圏まで行って成長して帰ってくる、というストーリーです、みたいな書き込みをtwitterで見た気がしますが、たしかに、という感じでしょうか。で、その先がないんですよね。少なくとも私には感じ取れませんでした。

また、全体的に登場人物の感情の起伏が非常に淡白。こっちの感情がついていきません。

MSは動きが良くてプラモが欲しくなる機体も多かったのですが、こちらも消化不良。

とにかく、いろいろな面で作りこみ不足で物足りなさばかりが残りました。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

ガールズ&パンツァー劇場版を見てきた

スレッド
これぞ、劇場版!という感じです!いやぁ、友人がすでに3回見たというのも頷けます。非常に面白かった。2時間のうち、1時間30分くらいは戦車戦をやっていたのではないでしょうか。3年かけた甲斐があるというものです。展開的には、やや疑問な点もありますが、こまけぇことはいいんだよ!と怒涛の勢いで2時間走り抜けた感じです。

流石に、TVシリーズは全部見ていた方が楽しめると思いますが、戦車戦を見るだけでも楽しめるかと思います。キャラが多すぎて誰が誰かはわかりませんでした。

安定のダージリン様一押しは変わりませんが、新キャラではあずみさん押しですね。

それにしても、これを見ると戦車模型作りたくなるよ、と言われておりましたが、まんまとそういう気分になりました。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

声優口演specialを見てきた、というか聞いてきた

スレッド
ここ数年見に行っている声優口演に行ってきました。
声優口演とは、無声映画にその場でアテレコをする、という企画です。
昨年までの2回は、チャップリンの無声映画でした。今回は、ロイドとキートンの作品が1本ずつでした。

…う~ん、今回は微妙。それは、映画の選択がミスだったんじゃないかと思います。ドタバタ劇が繰り広げられているのですが、どこで誰が何をやっているのかが非常に分かりにくい。チャップリンの映画の時は、そんなことなかったのですが…だから、無声映画としてみた場合、たぶん、私は、笑えないんじゃないかと思います。

一方、声優は実力ある人しか出ていないので非常に安定感のある演技でした。

来年以降も続いてほしく、また見に行きたいのですが、今年見た限りではチャップリンの方がいい気がしました。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

虚構の劇団の「ホーボーズソング」を見た

スレッド
虚構の劇団の「ホーボーズソング...
虚構の劇団のホーボーズソングを見てきました。サブタイトルに第三舞台の時の「スナフキンの手紙」が付いていましたので、まあ結構な期待を持って見に行きました。

…見所は、オープニングの水着シーンですかね。
一言で言うと重すぎる。私が鴻上作品を好きな理由のひとつに、重過ぎるテーマであってもシナリオで軽く見せてくれるから、と言うことがあります。
今回は、重いテーマをただ思いシナリオに乗せて見せられました。所々いつものような笑いのシーンが入るのですが、笑えません。全編通して思いだけなので、笑ってる場合じゃない、と感じてました。いや~、これじゃあ岸田戯曲賞は取れないでしょう、いやある意味分りやすいからむしろ取れるのか?

どうも虚構の劇団の戯曲には私にとっての当たり外れが大きいですね。鴻上さんの感性と完全に違ってしまったのであれば、全部面白くないはずですが、いまのところそこまではいっていません。何が違うのかも分らないのですが、ド直球なストーリーで来られると合ってない事が多い気がします。

さて、個別の話に入っていきますと、前編後編の前編だけを見せられた感満載です。3~4人くらいそのまま主役になれそうな設定の登場人物がいるのですが、どれも上手くまとめたと言うよりほったらかしという感じです。シナリオ的にもラストシーンは、虚実が分らなくなってそれが余韻となった朝日とは違い、ただ混乱しただけでした。友人に言わせると、スナフキンでは、ラスト希望を持たせる終わりだったのに、今回は絶望しか見えない、と言うことでした。全く同感です。

佃井さんが凄く可愛くてかっこよかったのが個人的な救いでした。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

2.5回目の宝塚

スレッド
2.5回目の宝塚
本日は宝塚星組の公演を見に行ってまいりました。
先日トップスターの柚希礼音が退団したので、新しいトップのお披露目公演だそうです。
何で2.5回目かと言うと前回宝塚の大劇場に見に行ったときに、台風にぶち当たり、新幹線が2時間ほど遅れたため、前半のミュージカル部分が見れず、後半のショーしか見れなかったためです。

さて、本日の前半のミュージカル、大海賊です。
1時間半に詰め込むにはお腹一杯な設定があったので消化不良な面がたくさんあります。とにかく一番納得がいかなかったのは、前船長が生き残って、娘が死んだところですね。娘の変わりに死ぬフラグが立ってたキャラは少なくとも2人はいたはず。いろいろ言いたいことはありましたが、この点だけは納得いきませんでした。

で、宝塚の売りであるショーです。これが私にはさっぱり良さが分らない。
Don't think!.Feel!って感じでしょうか、しかしそれが感じ取れない。私は意味の国の住人なのでどうしても意味を追いかけてしまいます。だからでしょうか、どう楽しめば良いのかさっぱり分りません。すごいなぁと思うところはあるんですけどねぇ…
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

ベターハーフを見てきた(ネタバレ有)

スレッド
KOKAMI@NETWORKのベターハーフを見てきました。
鴻上さん、というだけでとりあえず見に行ってしまう、私。出演者がよく分からず、不安で一杯でした。

ストーリーとしては、出会い系サイトで知り合った女性と会う時に、他人の写真を使っていたことから、身代わりを頼んだところ、相手側も実は身代わりだった、というところなので、ある意味、使い古された話とも言えます。
しかし、ここで1捻りあるのが鴻上さんでした。女性が身代わりを頼んだ理由は、トランスジェンダーだったから、というものです。それを演じるのが中村中さんなのです。一緒に言った友人に聞くまで、中村中さんが何物か知りませんでしたが、トランスジェンダーなのだそうです。これだけでどきどきしてしまいます。

この設定の捻りだけで後は非常に分りやすい、シンプルな構成だったと思います。

今回一番心に突き刺さったのは、登場人物の1人である諏訪ですね。他人の欲望に合わせ、それが自分の欲望と一致すると思っていたor思い込んでいただけで自分の意思は無かった、といった役どころです。性質が悪いことに、ナチュラルにやっていて悪意が無い。いや~、現実にいたら、必ず刺されてますね。
そして、この諏訪と同じことをよく言われており、回答も全く同じだったりします。大丈夫か、俺?

最高だったのが、中村中の歌でした。4~5曲歌ったと思います。1曲目と最後の局は、森田童子とサントワマミーなので他人の歌なのですが、中の歌が分りません。本人の歌だとすると、欲しいのですが、重すぎる気はします。

とにかく今回の舞台は面白かったです。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

Gのレコンギスタを3話まで見た

スレッド
台詞回しがトミノさんですねえ、心地よい。
こんな幸福そうな主人公、トミノ作品で他にあったかな?今の所、細かい台詞が諸事情により聞こえないので父親の存在がよく分からないけど、それ以外なんら問題がない気がします。一番近いのがウッソかなと思ったけど、ウッソは親はほぼいないし。カミーユは両親いたけど、ほぼ別居で幸福な家庭というわけではないし。ガンダム系以外でも思いつきません。

ウッソっぽいと思ったのは、あのお姫様にカテジナさんの面影を見たからでしょうか。自分は殺していない、というかもしれないが、自分の味方が殺されたからってああいう責め方がカテジナキャラな印象を受けました。

台詞がほとんど聞こえなかったのでなんでお姫様が簡単に脱走できたのかがよく分かりませんでした。

で、今までではグリモアが非常にかっこいいですね。キットの発売が待ち遠しいです。
#映画 #ビデオ #TV #ドラマ #音楽

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ