記事検索

Orange County Choppers リリース

スレッド
Orange County C... Orange County C... Orange County C...



【OCC】
チョッパーの最高到達点、Orange County Choppers(OCC) が番組内で作成したSilver State Helicopters のリリースです。
2007年、ラスベガスにあるヘリコプター教習所Silver State Helicoptersの為に、Orange County Choppersが作成したCustom Theme Motorcycle。
その制作過程は、2時間のTVショー:American Chopper S04E20 Silver State Chopper Bikeで公開されています。
https://youtu.be/AjErPrX5pBM
https://youtu.be/ZivKUtHGCqg
撮影が終了する数週間前、OCCチームは、このチョッパーと26インチフロントホールの組み合わせが、street legalとして使用するためにはあまりにも大きすぎる事を理解しました。
OCCチームは、Silver State Helicoptersのオーナーに連絡しました。
そして、 ほとんど 同一の仕様で、ライディング可能な2台目のチョッパーを制作することを契約しました 。
今見ているこのチョッパーは、その2台目のチョッパーです。
Silver State Helicoptersのオーナーは、テキサスでこのチョッパーを登録して、2~3のイベントで乗りました 。
このチョッパーは倉庫で保管され、オドメーターはわずか140milesを数えるだけです。
このチョッパーはまさにスーパーカスタムと呼ぶに相応しいものです。
エアクリーナーは、フューエルタンクの上に組み込まれました。
右側に見る事が出来るレバーは、スーサイド・シフトのように見えますが、実はそうではありません。
ヘリコプターの操縦レバーです。
オリジナルのチョッパーは、スターター、ヘッドライト、ターンシグナル、ホーンを全てこのレバーで操作しました。
このチョッパーは、それらのスイッチを独立させ、よりライドしやすいように改良されています。
OCCでチョッパーを作成するならば、スタートプライスは$75,000で、オーダーにより加算されて行きます。
このチョッパーのエンジンは、S&S 124 (2030cc)です。
タイヤは、メッツラーME 880 シリーズでフロント120/70-21、リアは300/35 VR18です。
細部まで加工が行きとどいた車両は、値段の付けようもありません。
しかも、Paul Sr、Paul Jr、Mikey全員 が一緒に働いていたときのOCC によって制作された本当の稀少品です。
この製造過程は、ディスカバリー・チャンネル “Best of” シリーズでもフィーチャーされました。
オリジナルチョッパーは$130,000と評価され、Silver Eagle RV Busとトレードされました。
当社では、この車両を入手後に日本の車検を取得し、経年劣化する部品交換など細部まで確認・改善作業を続けてきました。
実際に公道を走らせると、痛いほどの視線を浴びるのとともに、メカとして非常に完成されたバイクであることを感じられるでしょう。
大排気量エンジンの頼もしいフィールと、正確に動作するベイカーのミッション安心感、サドルを支えるサスペンションが、ライディングの楽しさを増幅させてくれます。
全く不安なく、走り続けることができる状態に仕上がっています。
コレクターズアイテムとしてガレージに幽閉するもよし、ハーレーのイベントに乗り付けて度肝を抜くもよしの「一生もの」としてご購入いただければと思います。

販売価格:700万円(税別)

お問い合わせは、090-3352-0552 イヨタまで
【在庫中】


#グランディファーム #OCC #チョッパー

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。