記事検索

株取引のために口座開設しました

スレッド
株取引をしたいと思っていたので、口座開設はどの証券会社を活用するか、まずは手数料についていくつか気になっていた証券会社を比較してみました。

ネット証券など多数あるので、まずはいくつか約定金額20万円までの手数料を比較してみると、約倍近く手数料の違いがあるため、この手数料はとても重要だと実感しました。

株取引は何度も取引を行うため、手数料が高いとデメリットになります。

他には、ネット証券の中で初心者向けにオンラインセミナーを開催するなど、サポートが充実しているので、株取引初心者でもじっくりと投資を学ぶことができます。

オンラインセミナーは自宅にいながら学ぶことができ、お得な情報を無料で学ぶことができるので満足できます。

株取引する際のサポートなど重視することにしました。

口座開設から取引する上での基準や取引方法など詳しいことがわかり、初心者でも安心して取引ができるので、けっこうスムーズに株の売買ができるようになりました。

ワオ!と言っているユーザー

株式投資を専門家に任せる投資信託のメリットとデメリット

スレッド
株式投資は、値動きに関する様々な知識が求められます。

時には、それでハードルの高さを感じてしまう事もあるのです。

株価がどのような動きになるか予想するのが難しいので、初心者の方々は敷居が高く感じている事もあります。

ところで株式投資にも、様々な種類がある訳です。

中には、専門家に任せるタイプの株式投資もあります。

いわゆる投資信託などはその1つで、投資家に出資をした上で、利益が生じるのを期待する商品になります。

専門家に任せるなら、少なくとも出資する方々には、そこまで難しい知識が求められる訳でもありません。

専門家が、取引を代行してくれるイメージになります。

ですからハードルの高さを感じているなら、その信託の商品にしてみるのも一法です。

ただし投資信託という株式投資は、自分の思い通りに取引できないデメリットもあります。

あくまでも専門家に任せるので、あまり自由に取引はできません。

自己流のやり方で利益を高めてみたいなら、むしろ通常の株式投資で検討する方が良いでしょう。

ワオ!と言っているユーザー

なぜ最近の株式取引では一昔前のやり方が通用すると限らないのか

スレッド
株式投資の目的の1つは、もちろん利益を発生させる事です。

株価が動く性質をフル活用して、利益を目指す訳です。

それで最近では、昔のやり方ではなく、最新の方法で投資を行うのが望ましい状況になってきています。

ここ最近では、昔のやり方がなかなか通用しなくなってきています。

一昔前のやり方で株式投資を行ってみたところで、必ずしも利益が発生するとは断言できません。

むしろ、損失率が高まってしまう事も多くなったのです。

その理由の1つは、株式投資に参入する方々が変化したからです。

一昔前と比べて、個人の方々が参入し始めてきました。

一昔前は法人なども多かったのですが、どちらかといえば個人トレーダーが増加している状況です。

そして相場の動きは、市場参加者の状況に左右される一面があります。

個人の方々は、法人とは投資の考え方も異なるので、一昔前のやり方は通用しなくなってきています。

株式投資は、時代に応じて最適な取引方法も異なる訳です。

テンバガーならこちらをご参考下さい
2018 テンバガー

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ