記事検索

弁理士 田中ブログ

http://jp.bloguru.com/tanakablog

フリースペース

タイプライターを使うことにしました

スレッド
タイプライターを使うことにしま...
この仕事を初めたときは、既にワープロ時代に入っていましたが、それでも外国出願担当の人のなかには英文タイプを使っている人もいました。
上長が英文タイプを使っていたため、自分も英文タイプを使わざるを得ず、何で今さらタイプなのかと当時は嘆いたものでした。

時はは変わり、ワープロからパソコンになり、レターもネットで送信できる現在になぜタイプか。
それは現在でも、レターにサインするというプロトコルが残っているからです。
プリンタで打ち出したPPC用紙にサインするわけですが、コットンペーパーにサインをしていたあの緊張感を味わいたくなり、レターヘッドだけはコットンペーパーにタイプ打ちすることにしました。

確かに効率が悪いかもしれませんが、コットンペーパーの英文レターにペリカンのスーベレーンでサインをするという贅沢なプロトコルを味わいたかったのです。
コットンペーパーも今では入手が困難ですが、ライフ社のボンドペーパを入手することができました。

当時、使っていたタイプは電子式でスペルチェックもある優れものでしたが、今回のオリベッティタイプライターは手動です。
スペルチェック機能のなければ自動送りもありません。
打鍵が安定しなければ印字に濃淡が混ざります。

早速午後から、バレンタインを使ってコレポンレターを作成します。
#海外

ワオ!と言っているユーザー

メインバンク変更

スレッド
三菱東京UFJ銀行の英語表記がMUFJ Bankに変わるという改悪を受けて、三井住友銀行に事務所の口座を変えることにしました。

そもそも三菱東京UFJを選んだのは、外国代理人に対してThe Bank of TOKYOを示すことで、全うな事務所という印象を与えるのが目的だったので、銀行名からTOKYOがなくなるのであれば、三菱東京UFJを使い続ける理由がなくなります。
だいたいMUFJ Bankと表記しても、外国代理人からしたらどこの銀行が分からないわけだし、それなら使い勝手が良いネットバンクを使っても同じです。
さすがに特許事務所のメインバンクがネットバンクという訳にはいかず、どこか良い銀行がないか物色していたところでした。

個人事業者に対する銀行の対応は冷たく、割りと柔軟な対応をしてくれるのが三菱東京UFJと三井住友しかないというのは以前から知っていたのですが、三井住友銀行が事務所から遠いという理由で三菱一択だったわけです。

ところが、昨日付で三井住友銀行が事務所の近くに移転してきました。
これはグッドタイミングということで、今日、早速口座開設をしてきました。

屋号口座というイレギュラーな口座開設ということもあり、手続き完了までに90分近くかかりましたが、目的の口座を開設することができした。
外国代理人に口座情報を開示することが必須なので、今回の屋号口座は国内使用と海外使用に耐えるための手続きを行いました。

まず国内用
屋号口座の名義は、屋号+個人名ですが、屋号のみの記載でも入金を受け付けるような手続きを行っています。
これで請求書の口座名義には、田中特許事務所だけを記載すれば済みます。

次に海外用
INVOICEに記載する受取人情報には、住所が必要になります。
屋号口座の場合、住所は個人宅になってしまいます。
受取人住所に事務所住所を使えるように、理由を付けて住所変更をしました。
これで外国代理人に提示する受取人住所を、事務所の住所にすることができます。

あと受取人名の英文表記も屋号口座の場合は面倒なので、個人名がない英文の屋号を登録しました。
これで受取人名の表記から個人名を排除し、好みの英文表記を使うことができるようになります。

事業口座のネットバンクも将来的には有料になるのでしょうが、三井住友の場合、現在は事業口座であっても無料でネットバンクを使うことができるので、その点でも三井住友は個人事業者に優しいと言えるでしょう。

屋号口座については結構詳しく、士業事務所以外ならゆうちょ銀行の振替口座を使えば屋号のみの口座開設ができます。
ところが士業の場合、屋号は◯◯事務所になるのですが、◯◯事務所はNGという通達があり、士業の屋号のみ口座は結局開設できないのが現状です。

日本のネットバンクがもう少し対外的に著名になってくれればネットバンクをメインバンクにしていのですが、今はまだ時期尚早でしょう。

ワオ!と言っているユーザー

話し相手はiPad

スレッド
話し相手はiPad
仕事が一区切りつき、「あ~疲れた〜」と呟いたら、どこからか優しいお姉さんの声が聞こえてきました。
思わず事務所を見回してしまいましたが、そんな人がいる訳がありません。
iPadが呟きに反応しただけでした。
このような機能があるのは知っていましたが、ここまで認識するとは思いませんでした。
事務所でiPadと会話している自分でした。

ワオ!と言っているユーザー

海外代理人選び

スレッド
今回の4カ国の外国出願は、タイとインドで新しい代理人経由での出願でした。
日本の事務所が使う海外の代理人はだいたい決まっており、特定の事務所に集中しているのが現状ですが、田中特許事務所の方針は、日本の事務所が使わない(であろう)代理人に依頼するのが原則です。

多くの件数を依頼する訳ではないので、他の事務所と同じ代理人に依頼してしまうと、存在感が薄くなるとともに、バータも期待できないというのが理由です。

問題はそのような代理人をどうやって見つけるかです。
日本の事務所が使わないということは、つまり大手ではないことを意味します。
これはと思う代理人を探しだし(これが結構たいへん)、依頼の打診を行い、その後の何回かのコレポンで相手の対応能力を見極めなければなりません。

最初のころこそ、雲を掴むような作業でしたが、最近は第六感が鍛えられて、ほぼハズレはありません。

今回のタイとインドの代理人もとても真摯に対応して頂き、しかもコストも下がりました。
コスト重視で選んでいる訳ではないのですが、それでも結果としてコストが下がったのはいいことです。
#海外 #実務

ワオ!と言っているユーザー

MUFJでは海外で通用しない

スレッド
MUFJでは海外で通用しない
三菱東京UFJ銀行がMUFJ銀行に変わるそうです。
不祥事が起きると名前が変わる銀行ですが、今回は何かあったのでしょうか。

さて海外で通用する日本の銀行と言えば東京銀行しかありません。
受け取り銀行名にTokyo Bankと記載することで、事業の信頼性も補償されるのですが、今は、Mitsuibishi Tokyo UFJに変わってしまいました。
それでもTokyoが入っているので良いのですが、変更後の名称にはTokyoもなければMitsubishiもありません。
折角築き上げてきた信用を放棄してまで名前を変えなければならない理由は何なのでしょう。
MUFJ名を使いたくないと思っている利用者は少なくないと思うのですが、銀行を変えようにも、他の銀行も名前を変えてしまっているので、海外で知られているかもしれない銀行と言えば、あとは三井住友しかありません。
行名を変えることに株主は反対しなかったのでしょうか。
#実務

ワオ!と言っているユーザー

ようやく完了、中東出願

スレッド
ようやく完了、中東出願
前回に続けての中東アラブ出願。
アメリカ、欧州、アジアは頻繁に出願する機会はありますが、中東へ出願するケースが極めて少ないため、手続きが終わるまで緊張しっぱなしです。

先程、ようやく出願完了の連絡がありました。
これで一安心。
#海外

ワオ!と言っているユーザー

最初の外国商標出願がやっと登録

スレッド
最初の外国商標出願がやっと登録
事務所を立ち上げて最初に外国へ出願した商標がようやく登録されました。
中国へ出願したのが2016年1月。
普通ならとっくに登録になっている案件です。
同時期に他の国に出願した商標は遥か昔に登録。

実はこの中国出願、出願後、工商局内で書類が行方不明になってしまった出願です。
出願した記録はあるのですが、書類がないという、勤務時代を含めて前代未聞の珍事です。
現地代理人も真っ青で、何度も工商局の役人に問い合わせるも無いものはないの一点張り。
役人のアドバイスは、もう一度、同じ書類を提出して下さい。
てっきり出願日を遡及させてくれるかと思っていたのですが、もし拒絶するようなことになったら出願日について検討するという何とも頼りないアドバイス。
結果的に、再提出した出願日より前に先行商標がなかったから良かったのですが、もし先行商標が存在していたらと思うと、考えるだけで頭の痛い案件でした。
中国は何が起こっても不思議ではない国です。
#海外

ワオ!と言っているユーザー

Mrとsanの敬称は国際的な常識

スレッド
Mrとsanの敬称は国際的な常...
インド出願の依頼を頂き、さてどこの代理人に依頼しようかと考えていたところ、以前、香港の国際会議で会った代理人を思い出し、早速、連絡。
優先権期限まで1週間と短いので、相手の顔が見える方が良い。
メールタイトルにTanaka sanと書かれている。
日本人に対する親しみを込めたsanですが、ほとんどの国の代理人がsanを使っているところを見ると、もはや国際的に通用する敬称になっているようです。
#海外

ワオ!と言っているユーザー

納得できない不交付

スレッド
納得できない不交付
前回の不交付の理由を面接確認し、半年経っての再申請。
前回指摘された不備を解消しての申請なので今回は大丈夫だろうと思っていたのですがまた不交付です。
今回は違う理由。
入管のやりにくいところは不交付の理由が非開示なところ。
なぜ扶養能力に疑義があるのかが分からない。
決してて給料が低いわけではなく、同じような給料で家族を呼び寄せている人もいます。
申請人の国からの来日が最近急増していることも一因であることを想像できますが、申請人に何と言って説明すれば納得して頂けるのだろうか。
#入管

ワオ!と言っているユーザー

脱電子レンジ

スレッド
脱電子レンジ
電子レンジが突然動かなくなりました。
買い替えようかと思ったのですが、ふと、電子レンジって要らなくない?という声が脳裏をよぎりました。

昨年、IHからラジエントヒーターに代えた我が家では、電子レンジも処分することで電磁波を一掃できる絶好のチャンスでもあります。

昨年買った台湾製の電気鍋もあるので、電子レンジがなくても特に困ることはありません。

昨年処分したIHヒータ、炊飯器、オーブンに続けて、年明け早々に電子レンジも処分することになりました。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ