記事検索

歌いたくなったので歌ってしまう

スレッド
なんでだろう、なんでだろう、な
んでだろう、なんでなんでだろう

なんて歌っている場合じゃない?
っていうか、俺のその「場合」も
どんな場合かもあやふやな感じだ
あれっ、こんな書き出しをすると
なにを書くのかも忘れてしまった
まあ、でもせっかくだからなにか
語ろうじゃないか、そうだそうだ
と、ひとり会話するのも詩の特徴
いきなりそっちへ話を持って行く

ツイッターを始めたら詩書きさん
いるいる、こんなのにいるんだな
しかも詩に燃えているひとが多く
けっこうびっくりしている自分は
詩に対する熱意は最上級だと思い
今まで来たけれど、それは勘違い
っていうか、普通くらいだろうか
いや、普通以下だったことを知る

最近、詩で表現するのもいいけど
自分以外のひとの作品をどうにか
詩集というかたちで紹介したいと
なんでそんな思いになったのかは
まったくわからないのだけれども
年齢を重ねてゆくと生きることは
ひとが喜ぶことをすることなんだ
そういう人生の仕上げ階段を上り
空へと進みたくなる自己実現の絵
が、見えてくるのだろうけれども
それもまた引っ括めて自分の為で
やはりひとの為になにかをするは
疑問が少なく進みやすい階段だと
考えたりはするがよくわからない

そもそも、どうしてそんなことを
考えるようになったのかも知れず
なんだか歌いたくなってしまうよ

なんでだろう、なんでだろう、な
んでだろう、なんでなんでだろう

#詩

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
bokushi
bokushiさんからコメント
投稿日 2017-08-12 13:16

斎藤さん
とうとう、私の詩を投稿しました。
今、思っているのは、自分のトラウマを詩の形で描いていくうちに、癒しが来ないか。それはセラピーにならないか。。。なんて考えています。。。。また、そういう詩ができたら、また投稿しますね。。。

ワオ!と言っているユーザー

齋藤純二
齋藤純二さんからコメント
投稿日 2017-08-13 21:42

それ、ありますね。わたしは中学生の頃から詩を書いていますが、詩を書くことで癒されていましたね。詩がなかったら、って考えると怖いですよ。今もたぶん少なからずありますかね、そんな癒しが。

ワオ!と言っているユーザー