記事検索

夢について

スレッド
「夢」について考える。
睡眠時、現実のような経験であるように感じる心理、潜在意識だったりする夢。もうひとつの意味合いとしては、未来にみる希望だったり目標とすること。どちらの意味からも共通なのは、現実に起きていることの事象や結果ではないということだ。つまり想像の世界を領域としている言葉である。植物は種の保存という遺伝子からくるメカニズムがあるが、人間はそれ以外で自分に振り返り生き方を変化させることができる。植物にはそれがなく、夢を持たない生命体なのである。
もし、人間に夢という概念がなかったらどのような生き方をするのだろうか。それは身体の自由が効かぬ植物状態に等しいのではないかと考える。誰かの手や器械を介さないければ生きていけないということだ。衣食住に必要なものを要求する未来への思考を持たなければ生きることは不可能だろう。夢がなければ今の人間という生命体は存在しない。
植物のように夢がなくても生きていける生命体ではないということだ。人間は夢がなければ生きていけない。明日も充実したいとあらためて意識していなくても、心の深層ではそのような夢を見続けている。
また、夢には影がなければ成り立たない。光を夢とするなら、影は不安であろう。そして、夢にとって不安は必要な概念である。明日の私は大丈夫なのか、という不安を打ち消そうとする際にも夢の発想に関与し影を明るくしようと作用する。不安と夢には深い相互関係があるようだ。

すなわち、人間は夢がなければ生きて行けない複雑で繊細な生きものということ。私には夢がないという人がいるが、昏睡状態でなければ夢のない人は存在していない。夢をみる、夢を描くといった思考は生きるために呼吸する事と同じように必要なモノだ。
と、着地しておこう。


(なんでだろう、今週は夢に拘ってしまう、自分。。。)
#雑記

ワオ!と言っているユーザー

『春うらら』書道風

スレッド
『春うらら』書道風



富士の山をイメージして……
#雑記

ワオ!と言っているユーザー

ブルドックに飲み込まれる俺/でもそんなに大したことではない、と感じている

スレッド
朝方、どうしたらそんな夢をつくる思考になあるんだよ、って思ってしまう未熟なストーリーが展開する。とは言っても内容を話せば一分も掛からないだろう(今朝見た実際の夢の話です)。

俺はなぜか電車になっている。すでに出勤のことを考えているのだろうか。カラダは横たわり、横腹あたりに車輪が付いていて意外とスムーズに走っている。しかし、夢というものは面白く、それを見ている自分がいる。主観と限りなく主観に近い客観視する自分。

そして、おいおい、俺の後ろを追いかけてくるブルドックがいる。やはりそいつも電車になっている。そいつは口を大きく開けてスピードをあげ、あっさり俺を飲み込んだ。

ん〜、やつのお尻から出られるのか、それとも吐き出されるのか。とにかく俺は死にはしない気がする。息もしているみたいだ。とくに慌てることもなく。

どうなるんだこの先は……

真剣に夢の続きを考えていると、はあ〜夢か、目がさめる。タブレットの電源を入れ時計を見るとアラームが鳴る三十秒前だ。

なんとも歯切れの悪い夢に、俺の夢での演出力というか脚本力のなさを痛感する。まあ、夢は出口のないストーリーがスタンダードだから仕方ないか。そこが逆に面白いと思えばいいのかもしれない。

そして、夢の話を書き込みながら思い出したことがひとつ。前に飼っていた犬が、小さい時にクレヨンを全部食べてしまったことがあった。食べた時はそのことに気がつかなかったけれど、フンを見て、おいクレヨンを食べたな、となった。

そのフンはレインボカラーでめちゃきれいだった。ずいぶん前のことだが、その光景が忘れられない!

電車だけに脱線しつつ、それでは。。。

#雑記

ワオ!と言っているユーザー

僕のスター

スレッド
どんな時でも
生きていくスタンスは超まっすぐ
君の輝きはグイグイ刺さってくるから
痛いくらいに眩しいよ

ほんとうのスターは身近にいて
スクリーンの中では現れない

君は弱い僕に

お前らしくやればいいじゃないか
俺は応援しているぜ
頑張れよ

君はどんな景色を見て
どんなことを思って
ひとを見てきたのだろう

その輝きの奇跡は偶然じゃないんだ
きっと君は強くて優しいから
心から発しているんだ

暗く寂しい気持ちを吹き飛ばす
やっぱり君は最高さ

ありがとう
僕はもう負ける気がしないよ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

午前三時半のコンビニ砂漠(くだらない話ですが……)

スレッド
遠く微かに煙突みたいなものが見えている。もうすこしがんばって歩けば街にたどり着くんだ。

乾いた空気、太陽の光を照り返す砂、汗として身体の水分が出てしまい意識は朦朧とするばかりだ。

しかし妙だ。俺はどうしてこんなところを歩いているのだろう。確かさっきまでコンビニストアでアルバイトをしていたというのに、三十分ほどの記憶を消され誰かに連れて来られたというのか。アルバイトをしていた記憶と砂漠を歩いている記憶の時間が、頭の中で被っている。きっとどちらかの記憶が古くて、想起した自分の経験がさっきのことのように錯覚しているんだ。すると俺がアルバイトをしていた現実がずっと前のことなんだろう。ずいぶんと俺は砂漠を歩いているのだから、そう考えると納得できる現状だ。

ああ、喉が乾いた。水をがぶ飲みしたい。
もうダメだめなのか、街まではたどり着けないのか。

足も上がらず膝から崩れ俺の身体は倒れた。
なんだ、この冷たい砂は。熱いはずなのにこれはどうしたんだ。

「おーい、ビール買いたいんだよ。もらって行っちゃうぞ」

遠くで誰かの声が聞こえる。俺は助かったのか。しかし、この砂漠でビールを買いたいって、どういうことなんだ。

「しょうがねえなあ。三百二十八円、ピッタリに置いとくからな」

んっ、なんだ。もしや、俺はバイト中にバックルームの床で寝ている、のか。
やべえ。俺は慌て起き上がりレジの前に走った。しまった、三百二十八円が置いてある。やってしまったよ。まあ、午前三時半だしな、ひとりでのアルバイトだし。

ああ、喉乾いた。ミネラルウォーターでも飲むか。
それにしても早く帰りてえよっ、ひとみちゃーん。

誰だよ、ひとみちゃんって……
そうそう、俺の空想アイドルちゃん。午前三時半だもんな、仕方ねえか。

「いらっしゃいませ〜!」

「おたく、声でかすぎだよ」

「すみません……」

#雑記

ワオ!と言っているユーザー

隙間風

スレッド
隙間は上手に使うと
物事がハマったりするが
春の早朝で風なんか吹いたら
攻め込まれて身体を冷やす

着こなしているつもりが
襟元、裾から
グイグイと入ってくる冷たさ
思わず肩に力が入り
厳しさなんてものがしみてくる

高台のホームで電車を待つには
ちょっと時間がある
また風が攻めてくるから
コンクリートの隙間に入り込み
上手に隙間を使ってみる

風から逃げている感じだが
今日一日の勝敗を長い目で考えたら
隙間には隙間で勝利を勝ち取ろうじゃないか

それでも風はヘッヘッヘッ、と
肩を叩いて来るのだから抜け目がない

「間もなく列車が参ります」
コンクリートの隙間から出て行く
うおっ、めちゃ寒いぞ

でも、戦いは終わった

じわじわ、じわじわ
心地よい線香花火がパチパチと
身体が冷えていたことを教えてくれる
電車の中はちょっとした天国だ

そして、カバンからiPadを取り出すと
早く俺を温めてくれ
冷たい画面が隙間風に冷やされていた

お互いのスイッチをオンしたのなら
さあ、詩でも書きましょうか

#詩

ワオ!と言っているユーザー

『雨の憐情(れんじょう』書道風

スレッド
『雨の憐情(れんじょう』書道風
今日は雨でした。
「の」の字がちょっと左よりかなあ。。。
#雑記

ワオ!と言っているユーザー

雨を鑑賞中

スレッド
あっ、雨が降って来た
子どものようにわくわく

バスの窓から外を眺める
曝されているすべてのモノが濡れてゆく

ひとも道も車も自動販売機も
そこにとっても平等を感じてしまう
そんな僕は
バスの中で雨模様を眺めている
まさに特別待遇だ

ああ、このまま知らない街へ
そう願いながら
近づいているものを遠ざけながら

#詩

ワオ!と言っているユーザー

ズルズル出勤

スレッド
「十分ほど遅れています」
とのアナウンスで一斉に動き出すひとびと
電車の乗り換え
隣を走る違う線のホームに急ぐ

十分が待てない朝
なんてセコセコした時間の費やし方だ

しかし、今日も花粉が飛んでいる
「シュッワッチ、シュッワッチ」と
ウルトラマンが車内に数名いる
私も休日から気持ちは変身し切れていないが
ウルトラマンになっている

「ネクスト ステーション イズ シンジュク ターミナル」
鼻声の自動アナウンス、あんたもウルトラマンか
さあ、また乗り換えだ

あらら、こっちの電車も遅れている
けっきょく今朝はズルズルな出勤にイライラ
連鎖反応、よくあることだ
どっかのサラリーマンが独り言で
ブーブーと愚痴をこぼす
気持ちはわかるが静かにしてくれ

朝はなるべく滑るように時間が流れ
爽やかに仕事を始めたいと思うが
このゆとりの無さにカラダから
針が出ているような苛立ち

それでも幸せがここにあった
こうやってこの詩を書けているのだから
もう、それでいいじゃないか

さあ、来たぞ満員電車
iPadを閉じバックに入れよう

#詩

ワオ!と言っているユーザー

詩でのオタク的な趣味。。。

スレッド
最近、ひとの詩を勝手に推敲している。投稿欄にある詩をコピペして自分なりの詩へ書き換えてしまう、そんな作業。何のため? と、思われるだろう。説明すると長くなってしまうが、少し手直し(偉そうですみません)するとメチャクチャ素晴らしい作品になる。もともと良い詩だから、もったいないということでその作業をしてしまう。ご本人には、もちろん内緒である。そして、これは私だけの楽しみで、とてもオタク的な趣味かもしれない。そんな時間があったら自分のどうしようもない詩を推敲してろっ、と言われそうだが、ひとの詩だから面白い作業となるのである。

頭から足の先まで文をいじくってしまうのだから、ご本人が書き換えてしまった詩をみたらどんな気持ちになるのだろう? ふざけんなよ、齋藤! と、怒鳴られるだろうか。それとも、暇人! と、呆れてしまうのだろうか。

もったいない。でも、そこは口を挟むところではない。自分だけの作業で留めておかなければ……

自分が逆の立場で詩を推敲され、それを読んだらどう思うだろう。それは推敲の仕方によるが、へえ〜、と関心するだろう。そこで思うことがひとつある。ひとつの詩をふたりで書くと意外に傑作ができるのかもしれない。作詞ではよくあることだ。ん〜、でもこれはこれで難しいな。ふたりで詩を書くということで、自分の自由な世界観が少し不自由に働く気もする。

ああ、脱線。何を言いたいかというと、ひとの詩は面白い。自分以外の心情と詩の書き方に興味を持ち始めている、この頃であった。締まりが悪くて、失礼。
#雑記

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/48 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>