記事検索

ホットの感を

スレッド
僕はホットの缶コーヒーを探している
まだ自動販売機にはないが
もしかしたらあるかもしれないと

襟足からスッと入る冷たさ
探してしまうのは季節のいたずら
まだ探しているのは僕の余裕のなさ

今日も行く何処へ行く仕事に行く
課せられた作業へ重たき足で突っ込んで行く

#詩

ワオ!と言っているユーザー

ハードカバーの製本に挑戦!

スレッド
ハードカバーの製本に挑戦!
無線綴じでハードカバーの製本をしました。
独学なので細かいところは省きましたが
思ったよりは本になっていた〜!
#雑記

ワオ!と言っているユーザー

秋の香り

スレッド
みんな、向かっている

コーヒーを啜り
数分後には私もそちらへ
ふと、何のために働いているのだろう
乾いた空気に香りだけが流れている

チラッと視線が合う見知らぬひとに
無言の催促を感じて

ドアを押せば
疑問は香ばしき哲学の風
根源を覗かされても乗り切れない
乗ってしまったら踵を返してしまう
上手くいく一日を願い
安全という人生に従いながら

辻褄を合わせない季節の中
彷徨える衣を掛けられ
私の容器は螺旋で満たされてゆく

けして悪くない季節
人間らしくのらしくの風が吹き
深み嵌ってゆく思考は
微かにユーモアの香りが混ざって

#詩

ワオ!と言っているユーザー

青く

スレッド
感じたい
もっともっと青い空を

重たくなったこころ
持ち上げて散らして欲しい

何処にいるのかさえ分からないくらい
青く 青く 青く

初めて空になりたいと思った
知らぬことばかりのまま
いつまでも吹き続ける青のように

#詩

ワオ!と言っているユーザー

虹の作業員 10(全10編)

スレッド
≡ 10 ≡


「あっ、虹だよママ。パパがつくった約束の虹!」

「そうね。とってもきれいね!」


おしまい。。。

#詩 #虹の作業員

ワオ!と言っているユーザー

虹の作業員 9(全10編)

スレッド
≡9≡


水蒸気をバケツで集め、休む暇もない
虹の作業員は近頃忙しい
雲の上ですってんころりん
笑って楽しい雨を降らせている
たまに威張って指示する班長に叱られながらも
あっち行って、そっち行って、水蒸気を追いかける

「班長様、あなたも水蒸気集めを手伝ってください」
「バカを言うな、俺は班長だぞ!」
「そうでした。あなたは班長様、失礼しました。
でも、汗をかくって気持ちいいですよ」
「……汗をかくのは気持ちいいか、俺様も水蒸気を集めるぞ!」
「今日は班長様、どうなされたのですか?」
「俺様は最近、からだが動くようになったんだよ!」
「でも、無理をなさらないほうが……」
「お前は虹の作業員だろ。しゃべる暇があったら水蒸気を集めろ!」
「はい」
班長の大きな声に作業員はすってんころりん
雲の上に仰向けになると厚い雲に覆われた
作業員は班長から叱られるとドキドキしてしまうので
すぐに立ち上がり、また水蒸気を集めはじめた
「汗をかくのは気持ちいいな!」
「そうですね、班長様」


続く。。。

#詩 #虹の作業員

ワオ!と言っているユーザー

虹の作業員 8 (全10編)

スレッド
≡ 8 ≡


旅から帰って一年が経つ
作業員はバケツをもって走り回っている
そして昨日、百二十色の虹をつくることができた
しかもその虹は三重
大きな虹の中にまた虹があって
その虹の中に小さな虹
見たことのない虹に誰もが喜んでいた
作業員も大満足

そんな作業員のもとに本社の人間が再び現れた
「君は未来を変える才能をもった作業員だね。
もう、ここへは来ないつもりだったが……。
下界では今、君のつくった虹で大フィーバーしている。
また、記者会見に応じてもらう」
「もちろんです」
「それと君にとってはうれしいニュースがある。
班長は我が社に復職することが決定した。
記者会見を終えて作業場へ戻って来たときには、班長もいることだろう。
さあ、下界ではみんなが君のことを待っているから、すぐに出発だ」
「はい」


続く。。。

#詩 #虹の作業員

ワオ!と言っているユーザー

虹の作業員 7 (全10編)

スレッド
≡ 7 ≡



わからない約束のことを考えながら作業員は歩いた
私の約束って何?
それは本当に虹をつくることなのだろうか?
雲の上にくる前の約束?
そんな大事な約束を忘れてしまったのだろうか?
オゾン層の修復作業員にとって約束の内容はないようだった
作業することがその答えのように言っていた
何がそうさせているのだろう
私は虹の作業員
それでいいのだろうか?
それしかないようだが
それでいいのだろうか?

「コケッ、コッ、コッ、コッ、コォー」
短い羽をバタバタさせて一羽のにわとりが突然、雲の上にやって来た
「にわとりさんって、飛べるのですね」
作業員は驚いて言った
「飛んではいけないって言うの!」
にわとりは言葉を使い話しだした
「いや、そんなことはないですけど……」
だけど、どうしてにわとりさんはこんな高いところまで来たのですか?」
「どうしたもこうしたもないわよ。あなたが呼んだのよ」
「私がですか……」
「約束を思い出したいのでしょ?」
「そうですけど……。約束を思い出すことと、
にわとりさんを呼ぶことが繋がらないのですが」
「そんなことはどうでもいいの。約束を思い出させるのがミーの仕事。
雲の上と下界をむすぶメッセンジャーなのよ。いい仕事でしょ」
「では、私の約束って下界の人間との約束なのですね?」
「こんな鈍い作業員は初めてよ! まあ、それはいいとして。
約束のシーンを見に行く、行かない?」
にわとりは羽をバタバタさせて返事を急かした
「もちろん、お願いします」
「ああ、そうそう。下界で見たことは雲の上へ戻ると、すべて忘れてしまうわ。
だからって、私の仕事をインチキなんて言わないでよ。
これが下界へ行くための条件よ」
「それでは雲の上に戻ってくると、約束を忘れて私の疑問は続くのですね」
「そんなことミーの知ったことではないわ。
行くんだったら、羽に触れて。あなたのからだは下界に行かないから、
ミーのからだを使ってその約束、教えてあげるのよ。
さあ、どうするの?」
作業員は恐る恐るにわとりの羽に触れた
「うおーっ、落ちるー!」
作業員がにわとりに触れた瞬間、目の前には街が広がっていた
「意外と面白いでしょ。なかなか経験できないんだから。
あなたはラッキーなのよ」
にわとりの声は作業員にはっきりと聞こえていた
「ぜんぜんラッキーじゃないですよ! 死ぬー!」
「今さら何を言っているのよ、雲の上の作業員が」
「ぶつかるー、コンクリートだろっ、あそこは!」
「大丈夫よ、ミーはコンクリートも突き抜けちゃうんだから」
「バカなーー! %$#~_?!” %$$」
「ねえ、大丈夫だったでしょ。目を開けてみなさい」
「はあー、びっくりした。で、ここは?」
「病室を天井から覗いているのよ」
「病室?」
「そうよ、あなたが入院した病室よ」
「……」
作業員はベッドに寝ている男性を見た
それは作業員本人であった
「私は病気をしていたのですね」
「そうよ」
「ずいぶん顔色が悪くて頬がこけてるな」
「誰か、入ってくるわ」
病室のドアは開き、作業員の妻と息子が入ってきた
「あなた、具合はどう?」
明るく振る舞う妻は言った
「ごめんな、かなえ。こんなことになってしまって。
かなえと信也に出会えてほんとうに幸せだったよ」
「何を言っているのよ、あなた……、私だって……」
「パパ、死んじゃうの?」
「そうだよ、信也。
でもパパがいなくなっても悲しいことなんて、何ひとつないんだよ。
パパは信也とママを雲の上からいつも見ているからね。
そして、雲の上でふたりのために虹をつくっているから、
たまにきれいな虹を見せてあげるからな!」
「パパ、ほんとうに雲の上で虹をつくってくれるの?」
「ほんとうにだよ!」
「約束だよ!」
「絶対に忘れないよ、信也とママとの約束だから」
作業員は息子と妻への約束を思い出し、心が熱くなるのを感じていた
にわとりはしばらく黙って、作業員に病室の様子を見せていた
そして、クシュンクシュンと二回くしゃみをすると「時間だわ。帰るわよ」言った
「信也、かなえ、ありがとう。パパは幸せだってよ。元気でいろよ!」
作業員の聞こえない声とともに、にわとりは病室を抜けて空へ上がっていった
「雲に着くと、今見た記憶はすべて消えてしまうから、心に焼きつけておくのよ」
にわとりが力強く言った
「もう大丈夫です。
記憶がなくなっても心が繋がっているから、二度とこの気持ちは忘れないです。
にわとりさん、ほんとうにありがとうございました」
「あら、なかなか謙虚ね。
この間の作業員は現場に連れて帰ろうとしたら、
記憶がなくなるなんてお前はインチキンだ!
って、ダジャレを言いながら怒鳴りまくって大変だったのよ」
「インチキンですか、面白いことを言う作業員がいますね」
「ぜんぜん、面白くないわよ。ほら、もう雲の上よ。
自分のからだに戻ってもらうからね」
にわとりはそう言うと、作業員の頭にとまった
「ふうー、戻ったみたいですね」
作業員は手で自分の頭や胸を触りながら言った
「どう、何も覚えていないでしょ?」
「いえ、覚えています」
「えっ、記憶が消えてないの?」
「大事なことは覚えています。内容はわすれましたけど。
私の心が虹を一生懸命につくることは忘れていません」
「びっくりさせないでよ、まったく。
もうあなたに会うことはないからね。作業員が私を使えるのは一度だけ。
それにしても今回はいい話だったわよ!」
「いい話だったのですね。私は虹の作業場に戻って虹づくりに専念します」
「そうね。では、さよなら」
「にわとりさん、ありがとう」



続く。。。

#詩 #虹の作業員

ワオ!と言っているユーザー

虹の作業員 6 (全10編)

スレッド
≡ 6 ≡


作業員はオーロラの作業員と出会って
思いついたことがあった
それは旅に出ること
目的があるわけではないが
オーロラの作業員のように旅をしたくなった
作業員は旅の間は虹をつくらないと決め
バケツは事務所の金庫
虹のことは考えたくなかった
流線型の雲はないけれど
雲の上を歩いて行こうと思った
作業場の柵を乗り越えて旅は始まった

歩き始めて五時間が過ぎた
薄くなった雲の上を慎重に進む作業員がいた
のどが渇き薄い水蒸気を手で集め
水滴を口にした
「うーん、ここの水蒸気はよくないな。
空気が汚れているからだ。水がおいしくない」
きっと下界には煙をたくさん出す大きな工場があるのだろう」
「その通りだよ。俺はオゾン層の修復作業員だ。あんた誰?」
突然、雲のすべり台からタンクを背負った体格の良い青年が降りてきた
「いやっ、びっくりした……。私は虹の作業員です。初めまして」
「初めましてじゃないよ。危ないから、この辺をウロチョロしていたら」
オゾンの作業員は腕を組み、えらそうに言った
「どうしてですか?」
「この上のオゾン層に大きな穴があるんだぜ。
穴はずっと上にあるからこのすべり台を使って
そこまで行って修復作業をするんだよ。
まあ、あんたじゃこの作業はむりだろうな。
空気はほとんどなくなるし、なんせ足腰が強くないと務まらない」
修復作業員は自信満々に言った
「へえー、すごいですね修復作業員さんは。
ところで背中のタンクはなんですか?」
「あー、これはオースリーだよ。
オゾンの濃縮されたものが入っていて、これをオゾン層の穴に吹きかけるんだよ。
ちなみにこのタンクは何キロくらいあると思う?」
「んー、五キロくらいですかねー」
「ははぁ、笑っちゃうね。そんな重さじゃ一センチ四方も修復できないよ。
二百キロだよ」
「えっ、二十キロの間違いでは?」
「なかなか信じてもらえないようだな。背負ってみなればわかるよ。
あんたがこれを背負ったらつぶされるだろうな。
俺が背負っている状態でタンクを持ち上げてみな。
一センチでも持ち上げたらこの作業をあんたにゆずってあげるよ」
「いやいや、私には到底オゾン層の修復作業などできそうにないです。
だけど、タンクを持ち上げてることはチャレンジしてみます」
作業員は修復作業員の背に回り、タンクをもちあげようとした
「くぅー、はぁはぁ。一ミリももち上がらない」
「だろう! 俺ってすごいだろ。
この作業がたいへんなのがわかってもらえてうれしいよ」
「かなわないですよ、修復作業員さんには。
だけど、どうしてそんなに危険な作業をしているのですか?」
「ああ、約束したんだよ」
修復作業員は強い口調で言った
「えっ、誰とどんな約束を?」
「それがまったく覚えていないんだよ。
でも俺がここへ来る前に誰かと約束したんだ。
どんな約束かも忘れてしまったけど、
オゾン層の修復をすることっていうのはピンときたんだよ」
「約束……」
「そう、約束だよ。
俺はオゾン層の修復作業員、必死になって作業するだけさ」
作業員は修復作業員の言葉にハッとし、班長の言葉と重なって聞こえた
「えらそうなことを言ったけど、俺はまだなっちゃいない。
すべてのオゾン層を修復するつもりでこれからも作業、進めるよ。
俺には虹をつくる芸術性がないからさ。
まあ、お互い約束を果たすために作業しようぜ」
「ありがとう。私は行き詰まって旅に出たけど、君に会えて元気をもらいました」
「なんだよ、そんな恥ずかしいこと言わないでくれよ。
俺も久しぶりに話ができて楽しかったぜ。
それじゃ、もういっちょのぼってくるから、さよなら」
「ありがとう、さよなら」
作業員は修復作業員が雲のすべり台をのぼる姿を見て頼もしく思い、
そして羨ましかった
それから作業員はどんどん東へ向かった

#詩 #虹の作業員

ワオ!と言っているユーザー

浪曲子守唄

スレッド
「逃げた女房にゃ未練はないが
お乳欲しがるこの子が可愛い」

夜中に食器を洗いながら
浪曲子守唄を歌っている自分
家事で辛いなんて思った時に
つい歌ってしまう

「子守唄など苦手な俺だが
馬鹿な男の浪花節
一ツ聞かそかねんころり」

#詩

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/76 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>