記事検索

未来から今の自分へのメッセージ

スレッド
背中をそっと押してあげる

誰の背中?
自分の背中です。

どんな方法でもいいので、
優しく、前進できるように、そっと押してあげて下さい。

誰かが、タイミングよく背中を押してくれる時もあります。
でも、それを待ってても、なかなか押してくれる人に会わないかもしれない。

何かを成し遂げる時、
失敗することばかり考えていると、足踏み時間が長くなります。

かといって、
「こうなったらいいな〜」
と明るく思っているだけでも、どこにも行き着かない。

じゃあ、周りの要領よさそうな人の真似してみようか?
でも、自分らしくないと、やっぱり上手く行かない。

背中の押し方は何でもいい。
ほんのちょっとずつ、力まずに、押していると、
いつの間にか、動き出して、上手くいったらどんどん加速いくかもしれない。

今日は、いつも気になっていた、この人と話してみよう。
自分の心を勇気づけるような、そんなタイトルの本を探してみよう。
上手くいった事のリストを作ってみよう。
成功して幸せな自分を思いっきりイメージしてみよう。
今日出来る事のリストをつくって、一個やってみよう。
親友からの応援の手紙を読み返してみよう。
心機一転!大掃除!

そんな些細なきっかけが、大きな流れにつながるかもしれない。

そういっても、なかなか思いつかない?
今日はそれがなかなか思いつかない時の、とって置きの質問です。

5年後、自分の夢が100%かなって、これ以上ない!という位
幸せな日々を満喫している自分を想像して下さい。

そして、その5年後の自分が、今の自分に、メッセージをおくるとしたら、
どんなメッセージを送ってあげたいですか?

<未来の自分から、今の自分に、どんなメッセージを伝えたいですか?>

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

今日やる 

スレッド
夢に向かって頑張っているひとへの応援の質問です。
(今日は、ちょっとお疲れ、そして停滞気味の方への心からの応援です。)

普通に生活しているだけで、結構毎日やる事があります。

それプラス、
「夢を実現する」ためにプランをして、それを実行する作業は、
考えだすと、時には腰が重くなりがちです。

「夢を大きくもつ」とワクワク感が大きくなります。

このワクワク感は、夢までの道を進んで行く原動力になります。

でも、「大きい夢」だと、そこまでの道のりがなが〜く感じる訳で、
それまでに、成し遂げないとならない小さいゴールが山の様に見えてきます。

また、ゴールが大きすぎで、どこから始めていいか、分からなかったり、
失敗の不安が大きくなったり。

しかも途中で、ちょっとつまずいてしまったりすると、再出発する元気がなかなかでなかったりすることも。

スランプの時、へこんだ時は、何もしないのがいいかも。
と休んでいると、そのうち余計腰も、気分も重くなり、再始動がなかなか出来ない。

体も心も休めるのは大事だけれど、何もしないで休まっているようで、
常に、どこかで焦っていたりすると、
実は、休むどころか、余計ストレスが溜まってしまう事もあります。

そんな時は、
「とりあえず何か してみること。」

大きな事ではなくていいし、人に自慢できる事でなくてもいい。
他の人には分からないくらい小さい事でもいい。

・興味がある分野で活躍している人のブログを読んで、感想を書いてみる。
・いつも良い助言をしてくれる友人に、電話をしてみる。
・長く会ってなかった恩人に、お礼の手紙を書いてみる。
・履歴書を書き直してみる。
・フリーオンラインコースに登録してみる。
・新しいラニングシューズを買ってみる。
等々、どんな小さい行動でもいい。

どれもそんなに大変な事じゃない。
ただ、気分がのらなかったり、無意味なことに思えるだけかもしれない。

成果の方はちょっと横においておいて、
ほんのちょっとだけ、努力して、
小さい事を、「今日」やってみよう。

心が疲れているとき、何だか停滞している時、
体を動かす事、行動する事で、ふっと気分が明るくなる事も多いものです。

案ずるより産むが易し。

あまり無理せずに、ちょっとだけ自分の背中を押してみよう。
一度動き出せば、押すのもちょと楽になるかもしれません。

<今日、何をしますか?>



#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

ワクワクする心

スレッド
月曜、夢に向かって頑張っている人への質問です。

だんだんと年を重ねると、自分で責任をもたないとならない事が増えてきます。

衣食住も自分で責任を持たないとならなくなってくると、「夢」を追うのがだんだんと辛く、難しくなって来る事もあります。

トントン拍子に事が運んで、あまり苦労せずに望み通りの人生になったよ。
という人もたまにはいるかもしれませんが、

今、成功している様に見える人も、楽ばかりだった訳ではありません。
生まれつき運がよかっただけが理由でもありません。
何もしなくても、はじめから才能があった人ばかりとも限りません。

どちらかというと、冒険を選んだために、人にはない挑戦、つまずき、苦労、失敗がある方が多いような気がします。

では、なぜ「成功」したのか?
なぜ、「夢」に到達したのか?

それは、失敗したところで、終わりにしなかったから。

失敗した時点で辞めれば、それは失敗で終わった。ということ。

でも、失敗しても成功するまで続けると、
それは「成功」で終わるわけです。

好んで失敗をする人というのはあまりいないですよね。
誰でも、失敗は辛いし、くじけます。
なるべくなら失敗はしたくないです。

失敗している時は、「隣の芝生は青い」のが余計目について、
自分の不運を思ってしまうかもしれません。

でも、それでも成功にむけて、失敗を乗り越える気力を出すにはどうしたらいいのでしょうか?

「成功」した時の自分を思うと、心がワクワクしますか?
「夢」がかなった時の自分を想像すると、どんな気持ちになりますか?

どうしてもこれがしたい!
どうしてもこれがやりたい!
時間を忘れる程、この事が好き!
この事が人生からなくなってしまったら、どうしたらいいか分からない!

それくらいの、情熱とワクワクがないと、失敗を超えていくのは辛いかもしれません。

そんな、自分がワクワクする事はなんですか?

今、ワクワクした気持ちがなかったら、
過去にどんな事でワクワクしたか書き出してみて下さい。

そこに、自分の夢のヒントが隠されているかもしれません。

<失敗しても、続けたいワクワクする事はなんですか?>

#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

インターンシップのメリット

スレッド
夢に向かって頑張っている方への応援質問の日です。

先週、夢に向けて頑張っていらっしゃる、
とても素敵な学生さん二人にお会いしました。

これからの日本も捨てたもんじゃないぞ!
と思わせてくれるこのお二人。

夢は全く違うし、夢へのプロセスもアプローチの仕方も違うようです。

でも、一歩一歩確実に夢にちかづくためには、
どうしたら良いか?
今なにができるか?

を心を込めて考えています。

その心があれば、そして行動できれば、
行く道は違っても、途中道路工事があって迂回しないとならなくても、
ちゃんとゴールに行き着くのではないかな、と思いました。

その中で、インターンシップの話しがでたので、今回はインターンシップについて少し。

良くある質問は、
「このインターンシップの経験を、実際の就職につなげるには、どうしたらいいのでしょうか?」

アメリカでは、大学在学中に、自分の進みたい分野の会社で
インターンシップの経験をつむことが良くあります。
このインターンシップは、実際の業界の仕事について学べること、
そして、将来に繋がる人脈をつくるのに、とても役にだちます。

こちらでのインターンシップは、
会社側が、学生に勉強をする場所を提供すると同時に、
インターンの仕事が会社にとってもなんらかのプラスになるのを前提としています。
ですから、インターンシップをアプライするにあたって、その業界の勉強をまったくしていない学生よりも、知識が有る方が有利ですし、
目的意識や、プロの意識が高い人の方が、有利です。

その分野のスキルや知識がなく、目的意識をあまり持たずにインターンシップを探した場合、只の雑用をして終わる可能性が高いです。

インターンシップを探す際は、新入社員として仕事に応募する位の気持ちでゆくと、お互い得る所も多く、上手くすると、そのままフルタイムの採用へと繋がることも割とあります。

またフルタイムのポジションが開いていない場合でも、
覚えていてくれて後から連絡がきたり、
同じインダストリーで、誰かが新しい社員を募集している。
という話しが来た時などに、紹介や推薦してくれる事も多いものです。

インターンシップは、業種にもよりますが、 だいたい短期間なのが普通です。

その期間中で、最大限にできることは、なんだろう。

とインターンが始まる前にプランしておくと、効率よく学べる事も多いのではないでしょうか?

私の会社では、インターンの方に、この三ヶ月で何をしたいかを聞くようにしています。
こちらもどんなプロジェクトに参加してもらうかも工夫できますし、
インターンの方も、
「何でこの作業をまかされているのか。」
「この作業をすることによって、自分は何が学べるのか。」
がはっきりして、やる気がでます。

インターンシップが終わる時に、もう一度上司/スーパーバイザーと話す時間を作ってもらうのもおすすめです。(イグジットインタビュー)
このインタービューでは、自分の長所や、これからのばしていった方がいいところ、もうちょっと努力が必用なところ、などを教えてもらいます。

日本での就職の際は、「ここが長所と言われました。」「こんな事で喜んでもらえました。」とアピールするのに使えます。

スパーバイザーと、良い関係が気づけた場合、将来の就職にそなえて、推薦状を書いてもらう事も可能です。

アメリカの就職では、推薦状はプラスになりますし、レファレンスが必用な事が多いので、レファレンスになってくれるかもお願いしてみるといいかと思います。

今回は、具体的な話しになりましたが、
仕事探しは、はじめの仕事=一生の仕事。
にする必用はありません。

どんな経験や出会いにも、学びがあります。
はじめの仕事や出会いが次に繋がる。
そうやって、夢へ少しずつ近づいて行く感じでしょうか。

色々な人との出会いや経験を楽しんで、夢を近づけて下さい。

<その出会いから、どんな学びがありますか?>


#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

それは、本当に自分の答えですか?

スレッド
今回の日本滞在では、自分の母と長い時間をすごしたり、
妹の子育て を側でみたり、
多くの教育者の方とお話したり、
複数のカウンセラーの方達とお話をしたり、
他に日本で子育てをしているお母さんの話しを聞いたりと、
かなり充実した考える事の多い滞在となりました。

その中で、一番強く心に感じた事は、

「自分の答えを持てる自由」の大切さ。

どの親も、どの先生も、もちろん子どもより人生経験があります。
でも、人生経験が多いから、その答えが全て正解。という訳でもないですよね。

もちろん、経験が多ければ、「より効率の良い答え」
「世間では正しいと思われる答え」を知っている確立は高いです。

子どもたちに良くなってほしい。そんな気持ち一杯で、
つい、その自分の正しいと信じる答えを子どもたちに強制してしまいがちです。

けれど、子どもの立場にたってみて、
自分の心で100%納得していない、または出来ない答えを
強要させられ続けていると、
どんな効果が発生するでしょうか?

親や先生にとっての効果:
親や先生が権威を保てるような気がします。
親や先生が、いつでも尊敬されている気がします。
答えを受け入れられる事で、子どもの教育が上手くいっているような気がします。
反対されないので、楽です。

そして、子ども達はどうでしょう?

親や先生の言う事を聞く事で、安心するかもしれません。
親や先生の言う事を聞く事で、良い子ね。と褒められます。それが嬉しいかもしれません。
親や先生と相反する答えを持っている子は、自分の考えに自信を失って行くかもしれません。
違う答えをもつのが、間違った事に感じることもあるかもしれません。

自信をうしなった状態、罪悪感を感じる状態で、「やる気」をだすのは、かなり大変です。

また、いつも良い子で反対もしなかった子でも、いつかは違う意見を持ちます。
そんな時に、親の反対の意見を言うのが苦痛かもしれません。
親に「それは違うわよ!」と言われるたびに、モーティベーションが下がるかもしれません。

先人の知恵は大事です。
色々な人の話しを心をオープンにして聞くもの勉強になります。
素直な心で、色々な事を受け入れられると、人生が開けてくる事もあります。

でも、いつもでも上の答えを、疑問に思わずにそのまま自分の答えにして行く癖ができると、
自分一人で答えを出さないといけない時に、それが本当に正解なのか、不安に感じるかもしれません。

だから、周りが気になったりします。

周りが自分をどう思うか。周りにどう見られているか。
自分の決定や行動は、周りから認められるか。

そして、気がついたら、自分の事が良く分からなくなります。

誰のために生きてるの?
何が楽しくて行きてるの?
何をしたくて行きてるの?

これでいいのかなあ?

<それは、本当に自分の答えですか?>

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

協力し合える人は誰ですか?

スレッド
夢に向かって頑張っている人への月曜の質問です。

日本から戻ってきました。
日本のwifi環境はシアトルのように整っていないので、
何年かぶりに、インターネットへアクセスがなかなか出来ない。
という経験をしました。

当たり前になってしまったものって、感謝が薄れてしまいますよね。
「有り難い」という言葉は、
「ある事が難しい」から来ているようです。

当たり前のことに感謝を忘れがちなことを、
思い出させてくれた旅となりました。

シアトルに戻って来て、数日のうちに一気に読んだ本が二冊あります。

一冊は、私のメンターの一人でもある、魔法の質問クリエイター、
マツダミヒロ氏の

「なぜ、ぼくはこんな生き方・働き方をしているのだろう?」
(アマゾンでチェックできます:)

二冊目は、大学の時からの友人で、国内外で大活躍している豊田圭一氏の

「いまある「ストレス」をスパッと消すコツ」
ameblo.jp/keiichitoyoda/entry-11567515722.html

二人とも、失敗や成功を繰り返しながら、起業してきました。
そして、二人とも、「人夢の実現」をお手伝いしています。
どうやったら、夢に近づけるか。どうやったらストレスをあまり感じずに、生きてゆけるか。そんなポイントを実際の経験に基づいてかいています。

時間があったら、読んでみて下さいね。

多くの成功している人が、わりと同じ事を言っています。

スティーブ・ジョブとか、ビル・ゲイツとかを目標にすると、
なんだか夢の到達が無理そうな感じがしますが、
このお二人の話しは、「自分でもできるかも!」
と勇気づけられる事が沢山あります。

この二著書の共通点は、

1. 行動してみる。そのためには、自分に問いかける事が大事。
2.自分のしたい事をする。自分の得意な事をする。
3.人の目を気にしない。
4.自分が人より良く出来る事は必ずある。
5.自分一人でやらなくてもいい。
6.全てできなくてもいい。
7.お裾分けをする。
この中でも、つい忘れがちになってしまうのが、5から7。

周りを見回して、あの人は、こんな才能があるから上手く行くのね。
私はこれができないから、無理。

そう思い出すと、なかなか一歩を踏み出す勇気がでません。

でも、これからの時代、競争でなくて、協力して成功する時代かもしれません。

苦手なこと、出来ない事は、
それが得意な人や出来る人の協力を得れば言い訳です。

そのお返しに、自分の出来る事、自分の才能を相手にもお返すれば、
お互いが夢の一歩へと近づけるのではないでしょうか?

<誰と協力できますか?>

#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

「お母さんはいつでも正しい。」?

スレッド
「お母さんはいつでも正しい。」

これってお母さんにとっても、子どもにとっても良い事なのかな?

あるお母さんがいます。
仕事、家事、子育てをこなし、がんばるお母さんです。
子どものこともとても愛しています。

忙しいので、子どもとじっくり話す時間もなく、
細かく指示する事と、注意する事で、子育ての効率をあげている感じです。

そのお母さんには、 やんちゃな小学生の息子が二人いました。

なぜ過去形か、というと、数年前まではやんちゃだったのです。
でも今は、お母さんと一緒にいる時、やんちゃさは、どこかへ陰を潜めてしまうのです。

10歳のお兄ちゃんは、どんなに理不尽な怒られ方をしても、
お母さんにさからいません。
もくもくと言われた事をやっています。
それもかなり難しい事も、しっかり考え責任をもってこなしています。

お兄ちゃんなので、 お母さんは多くを期待します。
その期待に答えてしまうので、またハードルは高くなります。
お兄ちゃんは、あまり自分のことを話しません。

一方弟は、お母さんが全てです。
お母さんが全ての事で世界一。
世界一美人。世界一料理上手。世界一凄い。
とにかく、お母さんが自慢です。

子ども達が、何か決定する時は、まず、
「お母さんがどう思うか?」
「お母さんが、どう感じるか?」
「お母さんの迷惑になるか?」

を考えます。

お母さんからしてみれば、
お兄ちゃんは、本当に言う事を聞いて良い子。
弟の方は、お母さんが大好きすぎて、お母さん一筋です。
どっちも自慢の息子でとってもとっても可愛いのです。

私からみても、しっかり者の、出来たお兄ちゃん。
家の息子と同じ年とは思えません。
この子達と一緒にいる我が子たちは、奔放で気ままな薄情者にうつります。(笑)

一件、上手く行っているような親子関係。
でも、ふっと思います。

このお兄ちゃん、怒られている時、心で何を思っているのかな?
お兄ちゃんも、我がまましたいこと、あるんじゃないかな?
お兄ちゃんの心の声は誰が聞くのかな?

いつもお母さんが100%正解。
いつもお母さんが一番。

これって、本当にいいのかな?
お母さんにとっても、子どもにとっても?

「無条件の愛って、親から子どもじゃなくて、子どもから親だよねえ。」

友人の一人が、つくづく言いました。
私もそう思います。

子どもの人生の中では、お母さんが全てになりがちです。
どんなお母さんであっても、そのお母さんを幸せにしようと、子どもは自然と頑張ります。
家庭内暴力で、死んでしまいそうな子も、たいがいはお母さんをかばうそうです。

いつもお母さんが正しくないと!

この思いをすてられると、お母さんの子育ても、実は楽になるのではないでしょうか?

お母さんも人間。子どもも人間。
色々な正解があってOK。

お母さんと同じじゃなくてもいい。
お母さんの期待に答えられない事もあるかもしれない。

お母さんの人生はお母さんの人生。
子どもの人生は子どもの人生。

それぞれが、それぞれの答えをもって行きて行く。
ちがった答えをもっていても、お互いを思いやり、愛する事はいくらでも出来ます。
そんな中から、生き甲斐とか、やる気とかが育まれるのかもしれません。

大人が仕事をしている時もそうなのではないでしょうか?
完璧な上司の下では仕事はしにくいものです。
上司がいつでも100%正しいと、やはり自分の個性を発揮しにくいです。
そんな中、だんだんと情熱ややる気が減り、言われた事だけを、正確にこなす。という仕事の仕方になっていくのかもしれません。

今、お子さんが、我がままいったり、言う事を聞かなかったりしたら、
「あ、この子、自分なりに考えようとしてるな。」
と安心してもいいのかもしれません。

<心の声を聞いていますか?>
#子育て

ワオ!と言っているユーザー

充電できる空間

スレッド
イレギュラーになってしまいましたが、
夢に向かって頑張っている人への応援質問です。

久しぶりに日本に来ています。
あ〜、日本のこういう所がいいよなあ。
と改めて思う事、沢山ありました。

反面、色々な年齢の沢山の人とであって、仕事、人生、キャリアについて感じた事。

日本で、自分の夢を追って行く過程で、
結構苦労が多いだろうなあ、と思う事もありました。
(アメリカはまた、ちがった意味で苦労もありますが、、、。)

「人の輪」
これを尊重するのは日本の美徳だと思います。
アメリカでは、プロジェクトを成功させるために、協力はするけれど、
人間どうしの「輪」というものが、進行の中心になる訳ではありません。
個々が、それぞれ力を発揮して、コラボ状態で、成功させる。
そんな感じです。
ですから、才能と個性の溢れた人同士て、かなり上手く行く事もあれば、
かなりぶつかる事もあります。

日本では、今でも、この「輪」。物事の中心になっている気がします。
都会の、会社環境でも、田舎の村の環境でも。

まずは、この「輪」に入る過程で失敗してしまうと、能力ややる気と関係なく、壁ができてしまうようです。

そのせいで、何度も転職をした人。
引っ越しまでしないとならなかった人。
キャリアを断念した人。
引きこもりになってしまった人。

思ったより沢山出会いました。

そんな中から、抜け出す事ができた人達は、
その人達を受け入れてくれる新しい「輪」を見つけられた人達でした。

その人が、その人のままで、存在できて、
そして、本当に大事な事に、心を集中できる空間。

そんな空間がみつかったら、壁があっても、頑張れそうですよね。
それは、一人になれるカフェかもしれない。
たった一人の友人かもしれない。

自分の人生です。他人のつくった「輪」や「空間」に縛られる事なく、
自分を信じて、夢へ向けて、マイペースで、無理せずに頑張れたらいいなあ。

正解は一つではありません。
一人一人に、ちがって正解があるはずです。

かならず応援してくれる人が、見つかるはずです。

<安心する空間は、どこですか?>
#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

期待を手放す

スレッド
今週は、魔法の質問キッズインストラクターの講座におじゃまさせてもらいました。
100人ほどの先生方が集まって、「やる気を引き出す質問」について考えてみました。

日本の先生方は本当に真面目で誠実です。
子ども達の事も一生懸命考えてくれています。

皆さんの感想や気付きで多かったのが、

先生=正しい答えを知っていないといけない。
先生=その正しい答えを生徒に与えないといけない。
先生=生徒が正しい答えをだせるように導かないといけない。

と思い込んでいた事。

そのために、一生懸命情熱を注ぐ。
正しい答えを出さないといけない、というプレッシャーも大きい。
その情熱を注いだ分、生徒の答えが自分の期待通りでないと、
つい「むっ」としてしまう。

先生も人間です。
生徒が自分の期待通りに行動してくれなかったり、
自分が予測したような結果を出してくれないと、
その生徒との心の距離を感じてしまうようです。

信じる。でも期待は手放す。

信じる事と、期待は似ているようで、かなり違います。

信じる。は相手中心。
期待。は自分中心。

大人には区別しにくい、この二つ。
子どもたちは、結構察知してしまうようです。

これは先生だけでなく、子育て中の親にも、当てはまります。

期待を手放す。
これができると、相手が自分の思った様に行動してくれなかった時に、イライラが生まれません。
でも、相手の選択や頑張りがいつか実を結ぶことを、信じてあげる事はできますよね。

期待されていると、プレッシャーを感じます。
一方、信じている人がいると、もっと気楽に頑張れるかもしれません。

<期待しすぎている事はなんですか?>
#子育て

ワオ!と言っているユーザー

予定通りに行かないときは?

スレッド
とてもご無沙汰してしまいました。
質問を待っていて下さった方、本当にすみません。

実は、今、日本に滞在しています。
日本の母の地元の小学校に、三つ子達を体験入学させていました。
母のすんでいる所は田舎すぎて、ポータブルのwifiが使用できず、
今日までブログも全く更新できませんでした。

文明の発達は、便利ですが、頼りすぎていると突然困ることがあります。

実は、日本からも仕事をする。
という条件付きで、会社も長く休みをとっています。
ラップトップでwifiが使用できる。というのを前提にしていたので、とても困りました。
考えられる手は全てつくし、解決策が見つかりません。

はじめの数日は、仕事ができない事や、ブログが更新できないこと、でストレスがたまり、折角の日本を楽しむ事ができませんでした。

子ども達が、体験入学でとっても良い時間を過ごして、その話しをしている時も、どこかうわの空。

けれど、上の空でいたとしても、ストレスがたまったとしても、
状況はなにも変わりません。
変わらないだけでなく、子どもたちと折角一緒の日本での時間も楽しめないのです。

幸い、携帯でのwifiはかろうじて、時々繋がります。
会社との連絡もなんとか最低限は出来ます。

ブログも、ずっと気になっていましたが、考えてみれば私のブログがアップされないからといって、人生に行き詰まってしまう人もいるわけでもありません。

一つの不自由で、楽しめるはずの時間を、つまらないものにしてしまうのは、本末転倒ですよね。

四日目から、
ありのままを受け入れる事にしました。

すると、時間が沢山できました。

子ども達とも沢山の時間を楽しくすごし、
めったに会えない母とも毎日何時間も話しをしました。
母の仕事の手伝いをしてみました。
畑にも行ってみました。

忙殺される日々では考えられないくらい、一つ一つの事を丁寧に考えて、丁寧に時間を過ごす事ができました。

今日は、早朝から田舎の母のところより、
銀座へ魔法の質問のセミナーを受けに来ました。
途中、中野で踏切チェックのため電車が20分遅れました。
いつもかなり道に迷う私は、これで会場に絶対遅刻です。

いつもの私なら、一分おきに時計をチェックして、イライラし続けたと思います。
どんなにイライラしても状況は変わらないのに。

今日の私は、ちっとも焦りませんでした。
そのお陰で、いつも道に迷う私が、今日は全く迷いませんでした。
そして、セミナー開始の一分前にちゃんと到着しました。
かなりニコニコ顔で。

自分のゴールをきめて、それに向かって頑張ってゆくのはとても大切。
けれど、人生、思い通りに行かない時もある。

そんな時、焦ってイライラしてしまうかわりに、
一度状況を受け入れることで、見えてくる事もあるようです。

wifiが使えなかった事で、いつも当たり前のようにある便利さに改めて感謝した事。

そして、wifiが使えないために、豊かな時間が増えた事。

よかったな。って思います。

(そう、今日は東京にいるせいか、wifiが使えます。でも、またいつ使えなくなるかわかりません。次回のブログはwifiが使えた時に。)

<思い通りに行かない時に、何が発見できますか?>

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 7/20 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>