記事検索
ハッシュタグ「#生活」の検索結果38件

片づけの極意(?)つい片付けてしまうシステム、その1

スレッド
片づけの極意(?)つい片付けて...
須摩ちゃんが、お片づけを手伝ってくれてから、4週間。
片付けてもらったところは、いまだにきち〜んと片付いて奇麗です。
片付けてもらわなかったところは、相変わらす大変な事になっています。

これだけでも、「片付けられるシステム」のパワーが分かります。

前回は、整理整頓のはじめのステップについてご紹介しました。
今回は「自分の収納場所」のパワーについてご紹介。

キッチンの一カ所に、子ども達が学校の宿題等を保管する棚がありました。
現地校の宿題や日本語塾の宿題が置かれるべきところです。

もう何年も同じ場所なので、
「しまう所に持って行って。」
といえば、そこに持っていってくれますが、
言わないと、キッチンテーブルに置いてあったり、なんと廊下に置いてあったり、
ベッドのしたから発見されたり。。。でした。

須摩ちゃんのはじめのステップは、
「自分の為の保管場所をつくること。」

こうする事で、「自分の物を管理する」感覚が芽生えるのと、
「片付かないのは、他の二人のせい。」という言い訳が出来なくなる訳です。

収納グッズのお店に行きました。

須摩ちゃん「おこちゃんたちの、好きな色って何?」

私「暖色系一人、緑好き一人、寒色系一人。」

ということで、三色のボックスをえらびました。(寒色がなかったので、かわりに灰色のボックスですが。)

その日は、キッチンを片付けていたのですが、取りあえずその箱をいつもの保管場所にポンっと置いておきました。

片づけの途中で、三つ子達が帰ってきました。

「あ、これ僕の箱でしょ!」

そしてあっという間に三人とも、自分の宿題フォルダーを自分の箱にいれました。
どの色が自分かも、一目で分かりました。

これで、誰がしまってないかも一目瞭然。
自分の宿題を探すのも楽になりました。

あれから三週間、毎日ちゃんと宿題をそこに戻しています。

実は、ガレージの靴置き場も、それぞれの場所をつくったので、
今まではぬぎっぱなしだった靴も、今ではちゃんとそこに入っています。

子ども達がきちんとしまうので、お父さんもそれに習ってしまうようになりました。

<つい片付けたくなってしまう、アイテムはなんですか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

「魔法の質問+お片づけ」からの学び

スレッド
ご無沙汰してしまいました。

この二週間は、愛犬を安楽死させないとならなかったり、
日本から認定講師仲間の須摩ちゃんを呼んで、
お片づけワークショップをしてもらったり、
子ども達の跆拳道の大会があったり、
ハロウィーンがあったり、、、、。

元気で結構前向き、が売りの私も、流石に疲れました。

2度に渡る須摩ちゃんのワークショップも大盛況に終わりました。
参加できなかった方のために、ちょこちょことブログに書きたいと思います。

私はもともと片づけも好きではないし、考えるのが面倒なので「物」は最低必用限しか持っていません。
でも、他の家族4人は「もの持ち」です。

家の中でも、私だけが使う自分のクロゼットは、
「え、これで生活できるんですか?」
くらいスッキリしまくっていますが、

家族のクロゼットは、物が多すぎて、何かがつっかかっていて開ける事もできない。
もしくは、ものが多すぎて、開けたとたんに雪崩れがおきるので怖くてあけられない。
という感じです。

ワークショップに参加されたかたの多くも、
クロゼットは、とりあえず急な来客時などに、
物を一時そこに移動させて、部屋を奇麗にみせるために使用している。
という事が多いようでした。

只単に、物を集めるのが好き!という人もいると思いますが、
須摩ちゃん曰く、物を集めすぎる人、そしてどうしても捨てられない人は、
物が欲しいのではなくて、「何かがたりない」
という心の穴を物で埋めている事が多いそうです。

皆さんは如何ですか?

まず、片づけの第一歩は、
1、使うもの
2、使わないもの(使えても使わないものは、持ってなくていいもの、という訳です。)
3、迷い中のもの
に分ける作業から始めます。

迷い中のものには「迷う期限」をつけます。
たとえば、一ヶ月後に期限を設定して、それまでに必用なければ、#2のカテゴリーに。

この過程を、「整理」と呼びます。

で、この「整理」が終わったら、持っているものをどうやって美しく見せるかの「整頓」のプロセスにやっと入れます。

整理をすっとばして、整頓をしようとするから片付かない。という訳です。

大決心が必用な所ではなく、
あんまり気にならない小さいな所から「整理」にトライしてみて下さい。
「捨てる勇気」がでやすいようです。

<物が捨てられない理由はなんですか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

『お片づけが引き寄せるHappyな暮し』講座おしらせ

スレッド
『お片づけが引き寄せるHapp...
10月の魔法の質問ワークショップはちょっと変わり種です。
日本から魔法の質問認定講師仲間+ライフオーガナイザーの須摩ちゃんを呼びました。
質問に答えながら、散らからない片づけの方法を学んでみませんか?
家が片付かないから、イライラが増している、
そんな方、是非いらして下さい。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

無常

スレッド
あっという間に、師走です。
アメリカの街ではホリデームードが漂い、
イルミネーションやショッピングバッグを抱えた人達を見ていると、
世間は豊に幸せな年末を皆が迎えているように思えます。

幸せに豊かに年を迎える人もいれば、
苦労と心労を持ちながら新年を迎える人もいるかと思います。

去年の暮れ、主人が勤めていた会社が閉鎖となりました。
社員の殆どがレイオフとなり、メインテナンスのために残った社員数人は、
自宅からの仕事となりました。
社員達にとってもそうですが、
社員思いのオーナーの心労は大変なものだったでしょう。

我が家はここ数年、毎年近くのお寺に初詣に行きます。
境内の前には、甘酒が用意してあったりと
とてもこじんまりしたアットホームな、
神護寺というお寺です。

毎年そこで和尚さんのお話を伺いますが、
今年は
「無常」
についてのお話でした。

日本人にとって、「無常」というと
「平家物語」の「 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」
を連想してしまって、
あ〜、平和な生活がずっと続く事はないんだ。
とついネガティブに受け止めてしまう気がします。

その住職のお話は英語でしたが、
「人生は無常です。」
「同じ状態が続く事はない。という事です。」
「ですから、今大変な思いをしている方も、この大変な時期は永遠に続かない。という事です。」
と話されました。

その瞬間、心がふっと軽くなりました。

和尚さんのほんの一言。
この一言で、状況は変わらないけれど、
気持ちが180度かわりました。

水が半分も入っている vs 水が半分しか入っていない。

は有名ですが、角度を変えてみると、同じ事でも随分違って感じられます。

腹のたつこと、辛い事、苦しい事。
見方、心の持ち方次第で、ちょっとポジティブなものになるかもしれませんね。

<変わっていって欲しい事はなんですか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

今年もサンクスギビング

スレッド
今年も感謝祭(サンクスギビング)の季節がやってきました。

子供達も毎年アメリカの感謝祭について学校で習ってきます。
そのなかでも、いいなあ、と思うのが、

I am thankful for….

この後に、何に感謝しているか、誰に感謝しているかを書きます。
子供達は、どれだけ沢山かけるか競争になります。

家族や友達に感謝する事から始まり、そのうちにネタがつきてくると、
普段当たり前、と思って感謝すらしなかった事がリストにはいってきます。

学校に行けてありがとう。
寝るベッドがあってありがとう。
食べるご飯があってありがとう。
空気があってありがとう。
お家があってありがとう。
手があってありがとう。
足があってありがとう。
話せてありがとう。
そしてなんと、
お母さん怒ってくれてありがとう。
(怒られなかったら学びがなくって、大人になった時にこまるから。だそうです。)

毎年、子供達もこれを家でシェアしてくれます。
子供達の「有り難うリスト」を聞いていると、その通りだよなあ。
とあらためて感謝する事の多さにびっくりします。

毎年この時期になると、子供達の学校の課題のお陰で、
お世話になっているのもかかわらず、
感謝の気持ちをちゃんと伝えていなかった人の事を思い出します。

リストはどんどんと長くなり。。。。。
改めて、沢山の人に支えら得て、沢山の恩恵をうけて毎日を過ごしているのが分かります。

さて、今日はリストを忘れてしまう前に、どうやって感謝が伝えるられるか、
考えてみます。

昨日は、両親に「ありがとう」のメールをだしてみました。

大きな事はできなくても、小さい形でも「感謝」は伝えられますよね。

<今日はだれに「ありがとう」を伝えますか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

優しい心

スレッド
昔は、親友がいないといけないって思ったり、
親友っていうのは、なんでも賛成してくれる人と思ったり、
親友とは沢山時間を過ごしていないといけない、って思ったり、
本当の友人なら、ちょっと位 自分を犠牲にしても、応援するものだって思ってたり、しました。

だからそんな私の勝手な基準を満たさない友人は「親友」じゃなくなり、
親友を失った私は、悲しかったり、孤独だったり、自己嫌悪に落ちいったりしました。

今週は、誕生日の週でした。(なんと9/11生まれです。)

誕生日は、理由もなくいい日じゃないと、って思ってしまいます。

けれど、間が悪く、仕事の色々な方面で、とても大変な嫌な思いをしました。
普段、わりと暢気で打たれ強い私も、さすがに心労が表にでていたのか、同僚も心配していた様です。

この一週間は、朝来ると机の上にチョコレートがおいてあったり、
コーヒーがおいてあったり、私がためておいた書類が奇麗になっていたり。
忙しくてお昼にもいけずに電話をし続けていた私の所に、こっそりサンドイッチが届けられたり。
それも、誰がやってくれたか、実は分からないのです。
普段はまったく馬の合わない同僚から、長〜い、心のこもった激励のメールをもらったり。
音沙汰がしばらくない友人から、電話がかかってきたり、メールが来たり。
夜遅くに、プレゼント持参で訪ねて来てくれる人がいたり。

でも、こんな素敵な事をしてくれた人達は、私が「親友」と呼んだ事がある人達ではありません。
人生の多くの時間を一緒に費やしている友人でもありません。
そんな人達からも、素敵な「優しさ」をたくさん頂きました。

普段だったら、「誕生日だからね」と、当然とうけとめていた人の優しさが、
辛い日々のお陰で、「大きな感謝」「大きな感動」に変わりました。

大きい事をしようとすると、なかなか難しい。
でも、無理しない、小さい事で、誰かをとても幸せにする事もできる。

私の周りの「優しい心」に気づけた、とても幸せな一週間でした。

<周りの優しさに気づいていますか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

無理するのは誰のため?

スレッド
「今月あまりブログ書いてないですよね。」

そう、あまり書いてないです。

「書かないとアクセス数がへりますよ。」

そうかもしれません。

シェアしたい事は沢山あるのですが、
自分を追いつめる「無理」をしない事に決めています。

自分の目的に向かって努力するのは大切。
時にはちょっと無理しても、やるべきことはある。

でも、全ての事に無理していると、行き詰まってしまいますよね。
(過去に結構バテた経験が沢山あります。)

初めは情熱いっぱいで始めた事でも、
無理をしすぎて燃え尽きてしまったら、本末転倒。

だんだん、しんどくなって来る時は、
その無理をしようとする理由を考えるようにしています。

その無理は誰のため?
その無理は何のため?

理由が「恐怖」からの時は、無理するのに待ったをかけます。
理由が「愛」からの時は、なるべく頑張ります。

理由が「不安」からの時は、次の質問へ。「その不安はどこから来ますか?」

人それぞれ理由が違っていいし、
その理由の善し悪しも、その人それぞれで良いと思う。

ブログを書き続けるのは、
人生が楽しくなる「質問」の力を皆とシェアしたいから。
ブログの投稿回数を無理して増やさないのは、
「アクセス数が減る」という恐怖を理由にしないから。

「子育て、仕事をしながら、よくそんなに色々とやれますね。」

と良く聞かれますが、
実は、はなるべく「無理をしない。」というのがコツです。

<無理をするのは何のためですか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

感じる力

スレッド
8月のワークショップは「感じる力」についてでした。

大人になると、感情にまかせて行動できない事が増えるため、感じる力に、蓋をしがちです。

もちろん、大人がちょっとした事で怒ったり、メソメソしていては周りが大変なので、皆さん我慢したり、なるべく感覚を麻痺させたりしているかもしれません。

負の感じる力を押さえていると、正の感じる力、楽しい、嬉しいも同時に押さえられてしまう事があります。

子供の頃は、プールに行けるだけで、大はしゃぎだったり、お菓子を買ってもらっただけで、一日嬉しかったりと、感じる力はとても豊です。

大人になってそれだけ喜ぶには、かなり良い事がないと、なかなかそうも行きません。

感じる力が、子供のように強ければ、小さい事でも、とっても幸せに楽しく感じる事ができますよね。

理論的には、感じる力が強まると、色々な所で 「嬉しい」が見つかります。「嬉しい」が多ければ多い程、より楽しい毎日になる訳です。

「嬉しい」を感じる力を強める練習として、「好きな事、欲しいもの、したい事」を毎週できるだけ書き出す、というのがあります。
本当に些細な事でOKです。

すると、いつでもどこでも、「嬉しい事」を見つける癖がついてきます。

一度試してみてください。

<今日はどんな「嬉しい」がありましたか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

怒りの本当の理由

スレッド
怒りたくないけれど、つい怒ってしまう。

怒ってしまった時は、その後ろにある本当の気持ちを探してみよう。

それは、「寂しさ」「悲しさ」それとも「辛い気持ち」?

寂しさ、悲しさ、辛さ。
そんな感情を深く掘り下げてゆくと、
原因と解決方法もみえてくる。
寂しさ、悲しさ、辛さを人に伝えると、その気持ちは和らぐ事が多い。

怒りの気持ちだけを掘り下げても、怒りが増すだけ。
怒りの気持ちを人に伝えても、怒りは増す事はあってもなかなか治まらない。

怒りの気持ちのうしろには、怒りではない、本当の気持ちが隠れている。

その気持ちに気づいてあげると、怒りの気持ちは薄れてくる。

子供が、癇癪を起こしている時、恋人と喧嘩をしている時、上司にどなられた時。
彼らの怒りの後ろにある、本当の気持ちを探してみよう。

きっと解決方法が見つかるから。

<その怒りの後ろにある本当の気持ちは何ですか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

想像力

スレッド
昨日、この年で生まれて初めてトランポリンをしました。

ジャンプするのはもちろん簡単。でも、意外とコントロールが難しい。
気がついたら、子供達と大はしゃぎ。
いつもは、めんどくさがりの主人も、9歳児達と一緒になって大はしゃぎ。

お父さん、お母さんが心から遊んでいるのを見た子供達も、普段にまして大喜び。

「大きい声をださないの!」と注意しがちな私たちですが、楽し過ぎて、気がついたら、大声で笑っていました。

いつも騒がしい子供達の気持ち、子供の頃、騒ぐのが止められなかった気持ちを思い出しました。

日本でもアメリカでも、いじめや、親子の断絶や、ひきこもりの話を良く聞きます。

もちろん、色々な環境や条件がかさなって
そういう事態になってしまうのですが、
「想像力の欠如」
から来ていると思います。

人は、自分の価値を基準として、周りの人や、物事を判断します。
相手に、自分の考えを押し付けたり、非難、批判、忠告などをしている時は、だいたい、自分が正しくて相手が間違っていると思っています。

けれど、本人は正義感から言っていることも、
相手の「正義感」に合うとも限りません。

自分は、ひとまず横においておいて、「相手の立場」に立って「相手の気持ちを想像する。」

これが上手にできると、不必要に相手に対して腹がたったり、攻撃したり、イライラしたり、自分が傷ついたり。が急に減ります。

相手の気持ちを上手に想像できれが、「いじめ」をする際に、躊躇します。

同じように、お子さんの気持ちを、親が上手に想像できると、ご両親のメッセージも、上手くお子さんに伝わります。

小さい頃の気持ち。ティーンエイジャーだった頃の気持ち。新入社員だった頃の子持ち。

それぞれの気持ちを思い出してみてください。

もちろん、躾も大事。
レストランで走り回る子をほっておく訳にはいきません。

でも、レストランで嬉し過ぎて走り回ってしまう気持ち、を想像できると、注意の仕方も、頭ごなしではなくなります。

子供も、お母さん、お父さんに一度、「気持ち」を理解してもらえると、けっこう素直に言う事を聞いてくれる事が多いです。

「自分が理解してもらえたな。」は、自己肯定感にとても必要です。
「自分が理解してもらえた」と感じる力は、相手を理解できる想像力を育ててくれるようです。

<子供の頃の気持ちを思い出すために、何ができますか?>
#暮らし #生活

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/4 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. >
  7. >>