記事検索

ブログスレッド

  • 「お母さんのせい」と思わないで

「お母さんのせい」と思わないで

スレッド
「お母さんのせい」と思わないで
今日は、 お母さんたちへ愛をこめて。

「毎日おつかれ様。そしてありがとう。どんなに傷つく事を言っても、どんなにとんでもない事をしても、いつでも側にいてくれて、いつでも愛してくれてありがとう。」

子供にとって親の存在は大きいです。
その中でも、お母さんへの期待度や注文というのは、お父さんへのそれより大きい気もします。
メンタルの本でも「母との関係がトラウマ」みたいなことが書いている本も結構あります。

子供が問題行動を起こしときに、「 甘やかしているから」「 躾の仕方が良くないから」と言われた経験のあるお母さんに沢山出会いました。
そうでなくても、色々と周りから「より良い方法」をアドバイスされるお母さんは多いようです。
納得するときも、役に立つときもあるかと思いますが、「私の立場もしらないのに。」と思う事も多いのではないでしょうか?
そういう私も、三つ子の母には絶対不可能な「アドバイス」をもらうたびに、困惑したのを覚えています。

傍からは、お母さんがちゃんとやっていないように映るときでも、実はお母さん本人も悩みながら、色々試行錯誤して頑張っていたりします。同じ親を持っていても、全ての子供が同じ問題を起こす訳でもありません。

私も、「お母さんのせい」と言われるのを 経験しました。

うちの子供達は三つ子です。
同じ日に生まれて、同じ親で、同じ環境で育ってきました。途中までは習い事も友達も同じ。
そろそろ15歳になりますが、違う親に育てられたかのように、全員かなり性格が違います。同じ様なチャレンジに遭遇しても、それに対する反応も、対処法も違います。

10人子供がいれば、10人違う個性。
才能だって苦手な事だって、それぞれ違います。

お母さんだって、十人十色。そのお母さんにとって、育てるのが楽な子もいれば、大変な子もいます。

「お母さんのせい」にしていても、お母さんにとっても、子供にとっても前向きに問題が解決しそうにありません。

そんな周りからの言葉に疲れたお母さん達に、つい自分を責めがちなお母さん達に、「お母さんだけのせいじゃない。いつもありがとう。とっても頑張っているよね。」の言葉を送りたいです。

そして、たまには、無理しないで、自分を大事にして、誰かに助けてもらって下さいね。

今日の質問
「自分のどこを褒めてあげますか?」
#NotYourFault #お母さんのせい #子育て

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ