記事検索

量より質

スレッド
先月、今月ととても出張の多い月です。
ほぼ毎週の様に、出張に行っているので、子供達も寂しいかもしれません。
そんな時に力を入れる事。
「短い時間でもいいから、心をこめて話を聞く。」

出張がなくても、仕事の拘束時間も長いので、子供がまだ赤ちゃんの頃から子供とすごす時間はあまりありません。

そこで、私の場合は徹底した「量より質」。

短い時間でも、しっかり相手に意識を向けて、「興味があるのよ」という気持ちを全面に出して話を聞く。

その時も、自分の土場ではなくて、子供の土場で。
どんなにつまらない悩みも、しっかり真面目に聞いてみる。
アドバイスをするのをちょっと我慢して、相手が上手に気持ちを表現できるまで質問。(尋問ではなくて質問です。笑。)
自分がその年にもどった気持ちで聞くと、馬鹿みたいな子供の話も、かなり面白いものです。

忙しくて聞けない時は、忙しい理由を説明して、話を聞く時間をちゃんと決めてあとでしっかり聞く。
子供だって、大人がやる事が沢山なのは良くしっているから、後で話せるんだな。って思うと、ちゃんと待ってくれたりします。

長い間一緒に時間を過ごす事ができなくても、短い時間にしっかり話をすると、結構楽しいし、充実した時間となるので、親も子供も実は満足。

子供に邪魔されて、なかなか仕事や家事ははかどらなくてイライラするとき、子供がなんだか話をしてくれなくなった時、話はしているけど、心が通っている気がしないとき、「量より質」をためしてみるのもいいかもしれません。

質の高い会話ができるとお互い心が落ち着きます。
自己満足のために話をさせるのではなく、「心こめて聞く」「相手を中心にして話を聞く」そして「答えは全て正解です」の心で話すのがコツです。笑。

これは、親子以外にも使えます。なかなか会えない恋人が悲しい思いをしないために。すれ違いの多い夫婦の間でも、使えそうです。

<今日、相手はどんな話がしたいのかな?>
#子育て

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • コメントは承認後に表示されます。
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証