記事検索

お礼をしていますか?

スレッド
夢に向かって頑張っている人への応援の質問の日です。

現在学生をしている方も、すでに社会人の方もいらっしゃると思いますが、
「夢」は楽に手に入ってしまうと、「夢」とは呼ばれない気がします。

ということは、「夢」の到達には、時間とか、経済面とか、人脈とか、能力とか、色々な面で、「チャレンジ」があるのが普通かもしれません。

なので、自分の努力や工夫はもちろんですが、「誰かに助けてもらう。」
事が多いわけです。

不思議と、夢に向けて明るく頑張っている人の周りには、「助けてあげよう。」という人が現れます。

その助けは、とっても大きいものかもしれませんし、つい忘れてしまうような小さい事かもしれません。

けれど、その小さい助けの積み重ねが、実は大きな力になっているんですよね。
それも、つい忘れがちです。

また、助けてもらう前は、お礼をいったり、相手に気をつかったりしますが、助けてもらったら、すっかり忘れてしまった。という事はないでしょうか?

周りにいて当然の人、助けてくれて当然の人。
考えてみると、そういう当然の人というのは存在しないかもしれません。
親であっても、結婚相手であっても。

きっと皆さんも心の中では感謝しつづけていると思います。
でも、感謝は、やはり言葉や形で表さないと、なかなか相手には伝わりません。

助けてくれる相手も感情がありますよね。
「助けてもらって当然」と思ってるのかな?
という気持ちが生じると、助ける気持ちが減ってきます。
また、悪くすると「利用してるだけだな。」
という気持ちが芽生えることもあるのではないでしょうか?

そういう気もちは、相手は伝えてくれませんので、気がつくと無礼をしている事もあると思います。
(はい、私もよく反省します。)

「人の役にたてている。」という気持ちは、色々な原動力になります。
助ける方も、自分が好きで助けている訳で、見返りを期待している訳ではないと思いますが、
それでも、やはり相手からの「感謝の気持ち」が伝わってこそ、「あ〜助けてあげて良かったなあ。」と思うのではないでしょうか?

お礼は、「品物」である必用はないですよね。
「感謝の言葉」だけでもいいし、相手が必用としているような情報でもいい。

は、と気づくと、沢山の人に助けられています。
今日は、その中から、一人選んで、「お礼」をしてみて下さい。

きっと、もっとワクワクとやる気がでてくると思いますよ。

プラスの力をくれるご縁を大事にしましょう。

<今日、誰にお礼をしますか?>
#学校 #教育 #受験 #外国語 #科学

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • コメントは承認後に表示されます。
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証