記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

1月27日 【今日の土曜学校】

スレッド
辞書を引いて学習することは、自... 辞書を引いて学習することは、自ら学ぶ姿勢を
定着させることに多いに役立つと言われています。

見つけた言葉に付箋を付け、付箋が増えていく楽しみや、
辞書の早引きに挑戦したりと色々な方法を模索し、
辞書に慣れ親しみ、常に辞書を引く習慣が付くと良いですね。
本日、特別授業で耳文庫人形劇「... 本日、特別授業で耳文庫人形劇「三びきのやぎとがらがらどん」を観劇しました。

生徒達は迫力ある楽しい演劇に、体を微動だにせず見入っていました。
1月27日 【今日の土曜学校】
幼稚部では、可愛いくまや犬のおしゃべりマスコットに挨拶をする
元気いっぱいの生徒の姿で賑わいます。

校舎に入るなり、先生やスタッフに「おはようございます!」、
何かをしてもらったら「ありがとうございます!」と、
日々の挨拶がしっかりと身についているBCA土曜学校の生徒です。




- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.24~書き初め~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.24●

書き初め

 BCA土曜学校では、4年生が、新春の「春」、今年の干支「犬」、輝かしい「未来」、何よりも健康「元気」、からそれぞれが書きたい文字を選んで「書き初め」をしました。 書き上げた作品を、にこにこしながら持って帰る生徒さんの表情から、一生懸命練習して、満足できる字が書けたことが伝わってきました。

 新年を迎え、初めて毛筆で文字や絵を書くことを「書き初め」と言います。
「書」は、昔、天皇や公家など高い地位の人々が書の名人と言われたことから、高度な文化の一つとされてきました。
「書き初め」は、平安時代から宮中で行われていた「吉書初め(きっしょぞめ)」が始まりと言われています。「吉書初め」とは、元旦に汲んだ水「若水」で墨をすり、年神様のいる恵方を向いて詩歌を書く行事のことです。
 宮中の儀式が、江戸時代の寺子屋や明治以降の学校教育を通して庶民にも広がり、現在の「書き初め」につながっています。
「吉書(きっしょ)」「初硯(はつすずり)」「筆始(ふではじめ)」などとも言います。 
 
 1月2日は「事始め」の日とされており、農家での「鍬入れ」や商家での「初荷・初売」り、漁の「初乗り」などと同じく、
「書き初め」も2日に行われてきました。
 この日に始めたことは早く上達するという言い伝えがあり、何事もうまくいきますうに、字が上手になるようにと願って書きます。書いたものは、どんど焼きの火で松飾りやしめ縄と共に燃やし、炎が高く燃え上がることで願いが神様に届くとも言われています。

 「書き初め」の文字は、1年の抱負や心構え、意気込みなどが一般的です。新しい年が良い年になるようにと願いを込め、縁起のよい言葉を選びます。

 例えば、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1文字なら、志・夢・翔・学・克・愛・躍・進・叶・己・極・絆・笑・超・挑・素
2文字なら、未来・友情・努力・大志・友愛・笑顔・真剣・実現・初心・平和・達成
4文字なら、初志貫徹・有言実行・一意専心・誠心誠意・日進月歩・一生懸命・真実一路 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 読むうちに、今年大事にしたい言葉が浮かんできませんか。

 自分が選んだ言葉を、自分にしか書けない文字で心を込めて書く「書き初め」は、年のはじまりにふさわしい、日本の伝統を感じる行事であると改めて思います。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

【1月20日】今日の土曜学校

スレッド
幼稚部の工作では、身近なスーパ... 幼稚部の工作では、身近なスーパーのレジ袋等を
使った凧を作りました。

テープを張る位置やストローの位置に
気を付けながら取り組む姿は真剣そのもの。

その凧が上がったときは大喝采でした。
【1月20日】今日の土曜学校
本日、中高部の学校説明会が行われました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

明日は幼稚部・小学部の学校説明会です。

1月21日(日)午前10時~ 幼稚部・小学部
(保護者のみ対象。チャイルドケアはありません)

場所:ベルビュー チルドレンズ アカデミー(Campus 2)
14640 NE 24th St., Bellevue, WA 98007

お申込み:saturdayschool@bcacademy.com
     または425-649-0791 (内線9)





- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.23~百人一首~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.23●

百人一首

 日本では、百人一首が題材の青春物語「ちはやふる」が、ストーリーや競技かるたの迫力ある試合描写が評価されて漫画や映画で大人気となりました。
 
 お正月を迎えたBCAでは、中髙生の皆さんと「百人一首を楽しむ」時間を持ち、一文字聞いただけでとれる札で練習し、早く取る楽しさを知ったあとに競技かるたを体験しました。
 送り札などのルールはもちろん、お辞儀も含めた作法もすぐ覚えるのはさすがBCAの生徒さんです。伝統的な日本の遊びに、2018年をアメリカで生きる皆さんが真剣に取り組む姿に感心させられました。

 百人一首は、藤原定家が奈良時代から鎌倉時代の代表的な歌人百人の秀歌を一人一首ずつ選び、色紙に書いてふすまを飾ったのが最初とされています。その編集作業が小倉山の山荘で行われたことから「小倉百人一首」と呼ばれるようになりました。
 選ばれた歌は、一番の天智天皇から百番の順徳院までのおよそ550年に及びます。出典は「古今和歌集」が24首と最も多く、男性の歌が79首、女性の歌が21首。内容は恋の歌が43首、季節の歌が32首、その他が25首です。

 2首紹介します。
「しのぶれど 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」壬生忠見
◇あなたへの思いを心の中に秘めてきたけれど、顔色や表情にでてしまったようです。「恋をしているのですか。」と人に尋ねられるほどに。

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 から紅に 水くくるとは」在原業平
◇遠い昔の神代でさえも、こんな不思議で美しいことは起きなかったでしょう。竜田川が舞い落ちた紅葉を乗せて、鮮やかな紅色の絞り染めのようになるなんて。

 人を愛する心や美しい風景に感動する心は、千年も前から同じであることが伝わってきますね。
 時代を超えても国を超えても変わらない人の感情や人の生きる姿が、言葉を介して今につながり、そして次の世代に受け継がれていくことに言葉の重みを感じます。
 先人の思いをのせ、長い年月を超えてきた価値ある作品はすばらしいと改めて思った時間でした。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

【1月13日】今日の土曜学校

スレッド
年始の授業や宿題の発表では、各... 年始の授業や宿題の発表では、各クラスで「今年の抱負」について、
それぞれの学年で取り組みます。

2年生の今年の抱負の作文では、
具体的な抱負が記されていました。みなさん今の自分と、
近い将来なりたい自分像をしっかりと見据えることが出来ています。

中には「兄のように難しい算数の問題を解けるようになりたい」といった文面もありました。
4年生は今年の抱負の書初めに挑... 4年生は今年の抱負の書初めに挑戦しました。

鉛筆とは全く異なる筆の運びに気を付けながら、
ゆっくりと慎重に書く生徒、
大きな深呼吸をして集中力を高め書き綴る姿が見られます。

思いを込めて書き上げた書を手に、満足げな笑顔の生徒達、
抱負の達成へ向かって、頑張れ!
【1月13日】今日の土曜学校
いよいよ一年の総仕上げとなる3学期に入りました。
学年の総仕上げに取り掛かる土台がしっかりと築けています。

休み時間ではクラスや学年の垣根を越えての友好も見られ、
楽しそうな笑顔溢れる学校生活を送っているみなさんですが、
授業中では背筋を正し、先生のお話を真剣に聞く生徒達の後ろ姿は
大変頼もしいものですね。


- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.22~お正月~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.22●

お正月

 今年初めての土曜学校では、給食の時間に清水校長先生より、お正月におせち料理・お雑煮・七草がゆなどの特別な料理を食べるならわしとその意味、料理に使われる食材についてのお話がありました。
 「お正月に食べるものは?」という問いかけに、「栗きんとん!」「くろまめ!」「えび!」「お雑煮!」等々、手をあげてどんどん答える皆さんの様子から、アメリカのご家庭で日本の食文化をしっかり教えておられることが伝わってきました。すばらしいことだと思います。
 
 お正月は、最も古くから存在する日本の行事だと言われています。
 1日の「元旦」、3日までの「三が日」、7日までの「松の内」、そして15日の「小正月」まで様々なお正月行事が行われます。
 1月1日には「年神様(正月様・歳徳神)」とよばれる新年の神様が、人々に豊作や健康をもたらすためにやってくると言い伝えられ、たくさんの幸せを授けてもらうために、神様を迎えてお祝いする風習が生まれました。
 年神様をおもてなしするお正月料理もそのひとつです。門松やしめ飾り、鏡餅を飾るのは神様を歓迎するための準備なのです。「お」をつけて、丁寧に「お正月」というのも特別な気持ちの表れなのですね。
 その他、お正月の風物として、校長先生が披露してくださった獅子舞をはじめ、お年玉・年賀状・書き初め・初夢・初詣・羽子板・祝い箸・福袋・年賀状などがあり、それぞれに大事にしたい意味が含まれています。
 
 また、年が明けてから初めて会う人に言う「明けましておめでとうございます」の挨拶には、無事に年を越し、年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。
「明ける」は、前の状態が終わり、新しい状態になること。「おめでとう」は、この場合神様を迎えることに成功したことを祝う言葉です。
お正月に皆が口にする「明けましておめでとうございます」には、このような意味が含まれているのですね。

 お正月に使われる言葉のそれぞれの意味を捉えていくと、今までとは違ったお正月が見えより深く日本の文化を理解できるのではないでしょうか。
 一月は、陰暦の睦月(むつき)。新しい年を迎え家族や親戚が仲むつましくする月です。
 お正月の言葉を、一家団らんの話題にしてもらえれば嬉しいです。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

1月6日【今日の土曜学校】

スレッド
1月6日【今日の土曜学校】
新年あけましておめでとうございます。
本日は2018年の第一回目の登校日でした。

朝は雨模様でしたが、三週間ぶりの学校に笑顔で「あけましておめでとうございます」
「おはようございます」「今年もよろしくお願いします」と、元気な挨拶が校舎中に溢れました。

各クラスでお正月にまつわる食べ物から、年末年始をどう過ごしたかのお話、
そして羽子板、福笑いなどの遊びにも親しみ、獅子舞の登場には歓喜の声が。

獅子舞には悪魔祓いなどの意味があり、人の頭を噛むことにより
その人についた邪気を食べてくれると言われ、
また、噛まれたのが子供の場合は厄除けの効果があり、学力向上や無病息災、
健やかな成長にご利益があると言われています。

BCA土曜学校の生徒一人ひとり、そしてご家族のみなさまが笑顔で実りある新たな一年を過ごせますように。

本年もBCA土曜学校をよろしくお願いします。



- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ