記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

オンライン広告の価格

スレッド
多くのオンライン広告費用は、、印刷広告やテレビ広告とは異なり、クリック、印象などの他の測定値に基づいています。

どのような形式の広告であっても、広告の範囲が広がると効率が低下する可能性があります。広告があまりにも狭く絞られている場合は逆に、適切な人に連絡する機会を失うことがあります。皆、さまざまなオンライン広告キャンペーンを試してみようと心がけています。

それでは、オンライン広告を検討する際に理解しておくべきコストモデルの一部をご紹介します。

1;CPM - Cost per Mille

per mille(Latin)は1000あたりの平均を意味します。したがって、CPMは1,000インプレッションあたりのコストを意味します。つまり、クリックされたかどうかに関係なく、広告が誰かに表示された回数の1000倍ごとに支払うことになります。このモデルは主にバナーなどのディスプレイ広告で使用され、より幅広いリーチ広告の目的に使用されます。同じ用語は、他の伝統的なメディアでも使用されています。 CPMモデルを使用すると、広告を最も効果的にするためにより多くのユーザーを獲得する必要があります。

2:CPC - Cost per Click ~ クリック単価

Google AdWordsのおかげで、CPCの人気が高まっています。クリック単価とは、ビジネスに関連する検索ワードに単価を設定するだけで、検索結果の中に会社のウェブサイトの広告が表示されます。そしてその広告がクリックされると支払いが発生します。たとえば、誰かがGoogleで「シアトルのWebホスティング会社」を検索し、Googleがその検索語句に入札してスポンサーリンクとしてその広告が表示され、それがクリックすると請求されます。

CPCでは、キーワードの入札単価を高く設定してGoogleの最初のページに広告を表示したり、クリック単価を低く設定してページの2ページ目または3ページ目に表示するような調節も可能です。

3:CPE - Cost Per Engagement ~ エンゲージメント単価

エンゲージメントベースの価格設定は、広告のアクティビティに応じて料金を請求します。エンゲージメントは、動画を再生したり、一定期間広告を表示したりすることができます。 Facebook広告の場合は、お問い合わせフォームに記入しているか、電話をかけている可能性があります。

予算に合わせて広告の構造を選択しても、健全な範囲で広告を配信することとターゲットユーザーに適切なバランスをとることが重要です。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

PSPCF ゴルフトーナメント

スレッド
スカラーシップを獲得した学生お... スカラーシップを獲得した学生お二人 PSPCF ゴルフトーナメント PSPCF ゴルフトーナメント PSPCF ゴルフトーナメント PSPCF ゴルフトーナメント PSPCF ゴルフトーナメント
PSPincがサポートするNPO団体PSP Children’s Foundation (PSPCF)とワシントン大学フォスタービジネススクールのスポンサーシップイベントとしてのゴルフトーナメントが昨日行われました。

1917年に創立されたこの学校には、毎年約2,500人の学生が学部および大学院のプログラムに登録し、1000人以上がエグゼクティブクラスに参加しています。ミッションステートメントは、「ダイナミックかつグローバルなビジネス環境に重点を置いた知識の創造、応用、共有に専念する起業家の養成で、将来のビジネスリーダーにするための公的使命を果たすことに最善を尽くすこと」です。が、このところの一部諸国の不景気と同校の奨学金制度の縮小を理由に、外国人留学生の減少を憂慮されており、NPO団体 Children’s Foundation (PSPCF)のスポンサーとして、PSPincが、イベントにかかる全経費を負担し、このイベントのご参加頂いた皆様から頂戴した全ての金額を、ワシントン大学フォスタービジネススクールで支援が必要な学生をサポートする費用として全額寄付することと致しました。PSPincとPSPCFは、次世代の企業家が平等な教育の機会をワシントン州立大学で持てるよう支援し、彼らが将来、何らかの形で、社会へそのサポートを還元してくれることを願っています。
#JpBlog

ワオ!と言っているユーザー

オンライン広告の変遷

スレッド
この数年で、広告業界はオンライン広告は印刷広告よりも急上昇し、その比重は劇的に変化しました。 eMarketer.comによると、印刷広告の支出は2011年の360億ドルから2016年の323億ドルへと減少、オンライン広告支出は320億ドルから620億ドルへと増加し、750億ドルに達する見込みです。そして、 2011年には600億ドル、そしてこのギャップを埋めるのがテレビ広告です。

テレビも新しいテレビ技術の時代が到来しています。Apple TV、Netflix、Google Chrome TVの導入により、私たちがメディアを選択し、必要なときにオンデマンドショーを見ることができるため、多くの人々がケーブルテレビや衛星テレビサービスの契約を解約しています。それらの媒体で広告がどのように進歩するか見ることは興味深い現象です。

それでは今、ビジネスオーナーは、どのようにして一般消費者にメッセージを最も効果的に伝えることができるのでしょうか。いまや、広告に対する投資は、ほとんどが下記のようなオンライン広告に投入されています。

- ペイパークリック(GoogleのAdWordsの例)
- バナー
- ディスプレイ広告
- ニュースレター広告
- アフィリエイトマーケティング
- ソーシャルメディア広告

オンライン広告の利点は、特定の人口統計をターゲットにし、より質の高いリードを絞り込むことができるようになりました。 Google、Facebookなどは、人々が閲覧しているもの、訪問したサイト、そして人々がコンピュータやモバイルデバイスで検索して提供するすべての情報を見るために追跡しています。これは「プロファイリング」と呼ばれています。

このプロファイリングのお陰で、ビジネスオーナーは、それぞれのサイトでより効果的に広告を掲載できます。そして、広告を管理したり、毎日の費用を把握したり、年齢層や性別ごとに広告を表示したり、地域や州や都市を限定することもできます。 FacebookやGoogleなどのサイトでは、仕様に合ったプロファイルを持つユーザーに広告が表示され、ビジネスに関連する可能性のある検索履歴が表示されます。

これらの広告オプションは、数百万ドルの広告予算を組まずに、小規模でコスト意識の高い広告戦略が可能になります。そして企業が、以前はアクセスできなかった顧客層にもに到達することを可能にしました。

暫くは、現代のビジネス広告のオプションと利点について詳しくお話します。

#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

神戸市記念訪問団

スレッド
神戸市記念訪問団
神戸市は、今年米国シアトル市との姉妹都市提携60周年を迎えるに当たり、神戸市より副市長、市会議員、市内YMCA関係者、市内高校生、市職員等から成る記念訪問団が、先週シアトルを訪問され、シアトル市(およびその周辺)の企業とのネットワーキング等を行う経済ミッションを実施されました。その一環として、PSPincベルビュー本社を訪問して下さり、神戸出身の会長内倉、社長の中村と歓談をさせて頂きました。

有難うございました。
#JpBlog #神戸市

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ