記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

フィッシングメールの技術進化と歴史

0 tweet
スレッド
フィッシングとはサイバー犯罪の一種で、個人情報を取得しようとするユーザーに電子メールが送信されることを指します。当選した賞品の受け取りや銀行での取引または、Apple IDへのログインなどを促すメールを一度は見かけたことがあるはずです。これらの電子メールは、あなたのユーザー名、パスワード、クレジットカード情報、時にはあなたの社会保障番号を盗むための巧妙な手口です。
Phishingとは釣りを意味するfishingに由来し、「phone phreaking」と「fishing」の組み合わせです。Computer Worldの2004年1月版によると、
フィッシングは、アメリカのオンラインアカウントとパスワードを盗んだハッカーが1996年頃に作成したもので、釣りと同様に、電子メールをルアーに見立て、パスワードや金融データなどの膨大なユーザー情報から「釣る」ことをさします。フィッシングという用語は 1996年1月のalt.2600 hacker news group で使われていましたが、それ以前に2600、The Hacker Quarterlyですでに言及されていたといわれています。
(ソース - https://www.computerworld.com/article/2575156/security0/phishing.html)
上にある通りフィッシング自体新しいことではありませんが、電子メール技術が向上するにつれてフィッシング技法も向上し洗練され、欺瞞的になりました。ですので私たちももう少し問題を身近に起こりうるものとして現実的にとらえる必要があります。
以下が対象法として考えられるので参考にしてください。:
- 銀行とIRSは、お客様の個人情報を入力するための安全でないリンクを送信しません。
- ブラウザを介してリンクをクリックすると、リンクにウイルスが含まれる可能性があります。
- 個人情報を電子メールで送信しないでください。
-詐欺師化も知れないので 電子メールを介して来る怖い通知に対して慌てる必要はありません。
- 不審な電子メールがきたら確認のために電話してください
#jpblog

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ