記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

ブログスレッド

  • オンライン広告の変遷

オンライン広告の変遷

0 tweet
スレッド
この数年で、広告業界はオンライン広告は印刷広告よりも急上昇し、その比重は劇的に変化しました。 eMarketer.comによると、印刷広告の支出は2011年の360億ドルから2016年の323億ドルへと減少、オンライン広告支出は320億ドルから620億ドルへと増加し、750億ドルに達する見込みです。そして、 2011年には600億ドル、そしてこのギャップを埋めるのがテレビ広告です。

テレビも新しいテレビ技術の時代が到来しています。Apple TV、Netflix、Google Chrome TVの導入により、私たちがメディアを選択し、必要なときにオンデマンドショーを見ることができるため、多くの人々がケーブルテレビや衛星テレビサービスの契約を解約しています。それらの媒体で広告がどのように進歩するか見ることは興味深い現象です。

それでは今、ビジネスオーナーは、どのようにして一般消費者にメッセージを最も効果的に伝えることができるのでしょうか。いまや、広告に対する投資は、ほとんどが下記のようなオンライン広告に投入されています。

- ペイパークリック(GoogleのAdWordsの例)
- バナー
- ディスプレイ広告
- ニュースレター広告
- アフィリエイトマーケティング
- ソーシャルメディア広告

オンライン広告の利点は、特定の人口統計をターゲットにし、より質の高いリードを絞り込むことができるようになりました。 Google、Facebookなどは、人々が閲覧しているもの、訪問したサイト、そして人々がコンピュータやモバイルデバイスで検索して提供するすべての情報を見るために追跡しています。これは「プロファイリング」と呼ばれています。

このプロファイリングのお陰で、ビジネスオーナーは、それぞれのサイトでより効果的に広告を掲載できます。そして、広告を管理したり、毎日の費用を把握したり、年齢層や性別ごとに広告を表示したり、地域や州や都市を限定することもできます。 FacebookやGoogleなどのサイトでは、仕様に合ったプロファイルを持つユーザーに広告が表示され、ビジネスに関連する可能性のある検索履歴が表示されます。

これらの広告オプションは、数百万ドルの広告予算を組まずに、小規模でコスト意識の高い広告戦略が可能になります。そして企業が、以前はアクセスできなかった顧客層にもに到達することを可能にしました。

暫くは、現代のビジネス広告のオプションと利点について詳しくお話します。

#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ