記事検索

見習いたいっ

スレッド
見習いたいっ

昨日21日、英議会議事堂の時計台「ビッグベン」が、修復作業開始前の「鳴り納め」をし、4年間の沈黙に入ったのと時を同じくして、
『おっさんレンタル』に、新おっさんとして「白パンのおっさん@日本橋」が陳列された。

そこまでは良かったのだが、
おっさんレンタルプロフィールの中に貼り付けた このbloguru『おっさんダイアリー』URLが、リンク先であるこのブログに飛ばへんやないかっ!!!

クリック、クリック、、、何度やってもエラーに・・・。
な、なっ、なんでやっ?なんでやぁ~~~??

よくよく見てみると、URLの最後に 余計な「/」+「スペース」 が入ってるではないか!
おそるおそる 余計な「/」+「スペース」 を切り取って、再検索かけてみるとすんなり このbloguru『おっさんダイアリー』に到着できた。
(プロフィール申請する時に、自分が誤って入力してしまっていたのだ。とほほ。)


あ゛ぁ~、西本さんに言うて、おっさんレンタルプロフィール画面の この余計な「/」+「スペース」 訂正してもらわなアカンわー。 
西本さん、忙しいのに、こんなつまらん事で手を煩わせてしまうの、申し訳ないな~(>_<)
と思いながら、けど自分ではどうしようもできないので、訂正をお願いしてみた。

すると、次の瞬間、
もう一度、おっさんレンタルプロフィール画面を開いてみたら、もう訂正されているではないか!!

ハッ、速っ!!!

西本さん、流石です。すごく仕事速し。
自分も見習いたいと思った ビッグベン最後の鐘の日 でした。

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 新商品?

スレッド
おっさんレンタル 新商品?
記念すべき2017年8月21日!!

お待ちかねっ!
おっさんレンタルのサイトに 『白パンのおっさん@日本橋』 登場。 っていうか新発売!!

もしよろしければ、 #おっさんレンタル プロフィール見てくだされ〜。
(決して宣伝広告ではございません m(_ _)m)

ワオ!と言っているユーザー

登録未完了

スレッド
おっさんレンタルCEO 西本さんに 「白パンのおっさん@日本橋」 のプロフィールと写真を送ったところで、おっさん登録完了の気分でいたが、加盟金(サイト運営維持費用)の振込をまだ済ましていなかった。。。

今日は、出張で振込作業ができなかったので、月曜日に加盟金の振込をさせていただく旨を、西本さんに連絡し了承してもらった。


来週の月曜日もしくは火曜日には、おっさんレンタルサイトに 「白パンのおっさん@日本橋」 が並ぶかな?




ワオ!と言っているユーザー

面接合格から登録まで

スレッド
面接合格から2週間経過したが、「おっさんレンタル」登録を待っていただいておる。

お盆休みの計画やら 休み前に片付けておきたい仕事とかしてたら、天候が悪かったりしてタイミング合わず、ズルズルと「おっさんプロフィール写真」の撮影が延びてしまっていた。


やっと今日、「白パンのおっさん@日本橋」 らしい写真が撮れた!


(カンペキに出来ないのに、変な所にこだわりが強い)完璧主義な性格が頭をもたげてきて、プロのカメラマンに撮影をお願いしようか、それとも話のネタに、別のおっさん(おっさんレンタル)をレンタルして写真撮影の依頼をしようか、とか考えていた。
だが、二・三日前、関西時代からの友人に「おっさんレンタル」の話をすると、ごっつい盛り上がって、ノリノリで
「オレが写真を撮ったるわー!」

ということで、パチリッ!!
やっと、おっさん登録申請が完了した。

あとは、「おっさんレンタル」のページに登場するのを待つのみとなりました!

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ⑦

スレッド
おっさんレンタルの登録認可され、浮き立つ気持ちを抑えながら、用意していたおっさんプロフィールを見て頂こうと、サッと出してみた。
すると西本さんから、プロフィールを見ながら「きよさん、おっさんネームは何にします?」と尋ねられた。

自分:(ランチェスター戦略的に、ターゲットを絞り込んで、『〇〇専門』とか付けた方が良いと考えていた為)
「おっさんネームを 『アラフォー専門おっさん』(元アラフォー、これからのアラフォーもOK) にしようか?!と思ってます」と答えてみた。
(本当は、『アラフォー』に深い意味は無く、特に、何のこだわりも無かったのだが・・・)

西本さん:「きよさんこだわりの『白パン』って案外イイと思うんだけどなあ~。」
「それに、地名を名前に入れていると、依頼者の方が待合せ場所とか指定しやすい傾向にあるんです。」と教えてくれた。


ガー、ハッハっハハ~! おっさんネームの誕生だあーーー!!


『白パンのおっさん@日本橋』、『白パンのおっさん@日本橋』、『白パンのおっさん@日本橋』、『白パンのおっさん@日本橋』、『白パンのおっさん@日本橋』・・・・・・。

なんか、すごく気に入ってきた。


その後、これからの登録完了までの流れや注意事項の説明を伺い、無事、面接終了となった。。。

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ⑥

スレッド
このままでは、引き下がれないっ!
どうしよう?!どうすればイイのだ…?!
(だいぶ押し黙って、かなり沈黙が続いたような感じがするが、おそらく1~2秒だろうか)

すると、西本さんから質問が、
「どうしておっさんレンタルに登録しようと思ったんですか?」

自分:(あっ、そうだ!!!忘れてた伝家の宝刀の書籍『おっさんレンタル日記』を思い出し、本の帯を指差しながら)
「西本さんも、『人はいつだって変われる!』って言ってるやないですか~。
僕も同じ考えで、人には色んな可能性があるし、色んな人に関わって少しでも応援したいと純粋に思ったんですわー。」
「こんな事言うのって、クサイですかねぇ~?」

西本さん:(目を細めながら、しばらく考えて)
「良いと思います。」「良いです。」うなづきながら続けて「良いですよ!」

あまりにも唐突で、西本さんの言葉の意味をすぐに理解出来なかったが、次の言葉でわかった。

「おっさん名と簡単なプロフィールと写真5枚 用意して、メール戴いてもいいですか?」


ワオー!
何とも言葉に出来ない感情が込み上げてきた。

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ⑤

スレッド
そうこうしているうちに、何となく、ふわっとした感じで面接に入っていった。

無我夢中で西本さんの質問に答えたり話を聞きながら、ジッと西本さんを観察していると、
鋭い揺さぶりや、緩急を織り交ぜた杉内投手のピッチングのような質問で、色々と試してはる様に感じる。
(それはもう、ツルツルの黒光りしたロデオに乗って、少しでも油断すると振り落とされそうになる みたいなものだ。)

そして、終いには
西本さん:「今、80人程のおっさんが登録しているんやけど、これ以上増やすつもり無いんだけどね〜〜。」「実際、何人かのおっさんには登録待ってもらってるのが現状で・・・」

「なッ、な、何〜?!(おっさんレンタル 恐るべし。登録しているおっさん、なかなかの精鋭!)」

だが、このままでは、引き下がれないっ!
どうしよう?!どうすればイイのだ…?!

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ④

スレッド
「しまったぁーあっーー!!」

席に座ったのはいいが、つい無意識でカバンを床に置いてしまった。。。
普段は、絶対、カバンを床なんかに置かないのだが、西本さんに気を許してしまったのか、安心してしまった為なのか・・・。 最悪の過ちを犯してしまった。
(普段、カバンは隣のイスに置くか、置く所が無ければ、ずっと膝に抱えている事が多い)

相手に普段と違う行動をさせてしまうくらいの雰囲気を醸し出す 西本さん、おそるべし。


決して潔癖症とかではないのだが、白パンの身としては、どうしても気にしてしまう習性で、誰にでもある あるある話 だと思う。

幸い、大理石調の白がキレイな床材で、全く汚れの無い清掃の行き届いたフロアだったので、全く問題はなかった。

ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ③

スレッド
カフェの入口に立ち、ゆっくりと息を吐ききり、口角をおもいっきり上げて目を見開きながら鼻から大きく息を吸い込んだ。(これをすると、身体がリラックスできて、心もポジティブになるような気がするのだ。)

イタリアンバール風のカフェのドアを開けると、
真正面 奥の隅ッコ席で、ヒゲ&黒いTシャツが小さくなりながら、
iPadで何やら作業をしている姿が目に飛び込んできた!!!

「あっ、間違いない! 西本さんやぁ~! ホンモンや~!」
心の中でつぶやきながら(いや、ひょっとしたら口から少し漏れていたかもしれないが)、奥の隅ッコ席へ直行した。


黒Tと白パンの出会いである。


自分:(満面の笑みと満タンの元気で)
「こんにちは。お忙しいところ、お時間つくって頂いて、ありがとうございます。今日はよろしくお願い・・・いたし・・ま~~・・・。」

西本さん:(言い終わるか終わらないかという間に、かなりかぶせ気味で)
「ああ~、こんにちは。はじめまして。西本です。こちらこそご足労をおかけ致しまして、ありがとうございます。よろしくお願い致します。」
「どうぞお掛けになって下さい。」

う~ん?  なんかイメトレしてたのと違って、かなりフレンドリー!?
西本さん、『大阪のごっつぅ面倒見のええ兄ちゃん』って感じで、かなり親しみやすい。
流石である。一瞬にして、話しやすい空気をつくりはる。
これまでに何千人とレンタルされている理由がなんとなくわかった気がする。

なんか安心して、ホッと席に腰掛けた。


「しまったぁーあっーー!!」



ワオ!と言っているユーザー

おっさんレンタル 面接 ②

スレッド
ゆっくり来たはずが、待合せ駅に30分以上も前に着いてしまった。
そのまま待合せの券売機前に向かってもよかったのだが、最後に身だしなみチェックをと思い、駅ビル(ファッションビル)の中へ。
場所柄か、セレブの匂いがして、お洒落な人が多い様に感じる。

商品を見る振りをして、ショップのウィンドウに映る自分を、さりげなく横目で確認し、髪型をそれとなく整えていると、
ハウスマヌカン(←死語??)が「ご自由にご試着くださいと」言いながら寄ってきた。
「逃げろーーー=!!」 (今日は構うてる余裕ないんやから。ゴメンな~!)

店を出ると、ちょうど待合せ15分前。
少し予定時間より早いけど、券売機前に向かいながら、西本さんにメールしてみた。

====================================
西本さま
少し早いですが、今、西口券売機前につきました。
私の服装は、上 パープルのチェックシャツ + 下 白のパンツ です。
目印は、手に『「おっさんレンタル」日記』持ってます。
よろしくお願い致します。
====================================


ん(・ん・)??ん・・?

あれ?


西本さんからメールが入っているではないかっ!! それも30分前に。

====================================
お世話になります。
券売機前のカフェに入っています。
くろのTシャツで、奥の席に座ってお待ちしてます。
よろしくお願いします。
西本
====================================

なんか意表をつかれたっ!!
待合せからのイメトレを入念にしてきたが、いきないシミュレーションから外され、出端をくじかれた感じだ!
これも、これから始まるであろう圧迫面接の前振りなのか・・・。

身の引き締まる思いで、白パンのワタリの部分がユッタリしてる気がした。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/2 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. >
  5. >>