記事検索

フリースペース

メカ部分は定期的に動かさないとダメ

0 tweet
スレッド
メカ部分は定期的に動かさないと...
身の回りの製品がデジタル化され、アナログなメカ部分への配慮を忘れ勝ち
になります。
好例がDVDプレイヤーで、動画配信ばかり見ていると、DVDの出番がなくなり
ますが、いざ、DVDで使おうとすると動かない!
こんな事例をよく聞きます。

DVDプレイヤーはかなり精密なメカを搭載しているのですが、その割に
価格が安く簡単構造と決め込んでしまいます。

問題はヘッドの移動部分の滑りで、ここの潤滑が悪いと、DVD入り口のフタ
も開きません。

以下は、必ず自己責任で・・・・・
電源プラグを抜きます(必ず)、SW OFFではダメです!
カバ-を外します、+ネジ数本で、簡単に開きます。
2本のステンレス棒があり、これにヘッドが乗っています。
ヘッドをゆっくり手で動かしてみます、移動抵抗があるなら、ここが
原因です、綿棒にシリコンスプレーを吹きかけ(周りに飛散すると悲惨な
ことになります)、丹念にステンレス棒に塗りつけ、移動がスムースに
なるまで行います。
この状態で電源を入れ、フタの開閉やヘッドが移動する事を確認します。
OKならDVDの出し入れを試験します。
フタの開閉がぎこちない場合は、そのメカ部分にシリコンスプレーを
します。
複数台、修復しての経験からのレポートです、ダメモトで挑戦して
みてください。
持ち込めば修理してくれる?
止めて下さい、修理料金で新品が購入出来ますから。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ