記事検索

フリースペース

認知症の予防

スレッド
認知症の多くは「アミロイドβ」と「タウタンパク質」の蓄積によるものです。
アミロイドβ・・・脳神経細胞先端部を傷つける物質
タウタンパク質・・・脳神経細胞を死滅させる物質

認知症は70歳頃からの発症が多いため、70歳の血液検査を行った結果明らかになった物質です。
実は、認知症はすぐに発症する病気ではなく、発症初期から25年程かかっているのです。
70歳で認知症を発症した方は、45歳頃にアミロイドβの蓄積がはじまると、55歳頃にタウタンパク質が蓄積しはじめます。
更にアミロイドβとタウタンパク質が蓄積し続け、脳神経細胞を死滅させると認知症が発症します。

認知症の予防に良いのが「成長ホルモン」です。
成長ホルモンは脳の海馬で脳神経細胞の生存と成長に大きく関わる物質の分泌を増加させます。
当院の加圧ベルト運動と認知動作型トレーニングにより、成長ホルモンの分泌を増加させられます!
認知症の予防も含め、整体、骨盤矯正、加圧、認知動作型トレーニングで現在お悩みの症状も全て改善させませんか?

毎週土曜日の夜(19時~21時)に無料体験&相談をしておりますので、是非ご活用ください。
ブログを最後まで読んでくださり、誠にありがとうございます。

豊橋ボディケアセンター 栗田啓嗣
ホームページ
フリーダイヤル 0120-543-190
〒440-0815 愛知県豊橋市中世古町109-2
#認知症 #成長ホルモン #アミロイド #タウタンパク質 #認知動作型トレーニング #豊橋ボディケアセンター

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ