記事検索

小説・小倉川殺人事件・奇妙な矛盾

0 tweet
スレッド
小説・小倉川殺人事件・奇妙な矛...
プロローグ
福島県猪苗代町秋元湖に流入する小倉川、その源流は、深山幽谷の流域である。
勿論、地図に掲載されている林道は下流約5㎞迄で、その林道の延長は獣道であり、地図には記載も無い。その獣道を、鉈で藪を打ち払いながら源流域に歩を進める高藤隼人(60歳)、その後に続く佐々木尚子(26歳)の姿があった。
彼らの目的は、小倉川源流に生息する「天然岩魚」を釣ることである。
平成二十九年八月十五日(火)午前6時10分、高藤隼人は、獣道から20㍍下の激流に向かって空中を飛んで、頭蓋骨陥没で即死した。
突き落としたのは、同行の佐々木尚子である。
佐々木尚子はその時点を境に、殺人犯となった。
所轄は、福島県猪苗代西警察署である。
捜査を担当したのは、熊沢和重解剖医(46歳)と、刑事の網島健一(30歳)である。二人が「奇妙な矛盾」を意識したのは、死体保管室から始まった。

01:小倉川

その渓流は、福島県猪(い)苗(なわ)代(しろ)町秋元湖に流入する小倉川で、源流は福島県猪苗代町と山形県米沢市との県境に位置する吾妻山である。水は源流の一滴から、海抜1504㍍の湿原谷地平を経て、小滝、大滝を経て、秋元湖に流れ込む全長約15㎞の渓流である。
下流の秋元湖から大堰堤の6.5㎞迄は、堰堤工事のため、車両通行が可能な林道があるが、そこから先の道はない。
と、言っても、地図に記載のない獣道がある。その獣道は、地元山菜採りの人たちか、渓流釣りの天然岩魚を狙うマニアしか知らない。大堰堤から谷地平迄の距離は約5㎞、その流域はまさに深山幽谷の世界であり、獣道の崖下約10㍍~20㍍は、小倉川の激流が流れていた。激流の音と鳥のさえずりが聞こえる早朝、鉈で小枝を切る音が響き、そこに現れたのは高藤隼人(60歳)と佐々木尚子(26歳)の二人であった。
「尚子さん気をつけて、獣道の右側は20㍍の崖だよ」
「了解よ。その崖の下の渓流に、天然岩魚が生息していると言うことなのね」
「そうだよ」
「今まで岩魚と言っても、放流した岩魚ばかり、ほんとうに会えるのね。天然岩魚に? 隼人さんのおかげだわ」
「尚子さんに渓流指導してから三年、この俺もうれしいよ」
「早く会いたいは。天然岩魚さんに」
「そうだね・・もう後一時間ほどでこの下に降りる道があるから。この先で小休止して腹ごしらえしますか?」
「そうね、お腹ぺこぺこ」
「朝の四時起きで旅館を出たからな・・・このあたりで獣道が開けた場所もあったはずだが・・・」
5分ほどで、藪もなく崖下が覗ける獣道の開けている場所に到達した。
二人はリュックを下ろした。
下から激流の音が響く。
尚子が小枝に掴まりながら下を見る。
その視線の先には、小倉川の天然岩魚が生息する激流が見える。
「尚子さん、危ないから崖の縁に立つのはやまめなさい。危険です」
「隼人さん、ちょっと見て」
「しょうがないな」
「この下まで何㍍ぐらいあるかしら?」
「20㍍はあるな、転落したら間違いなく天国行きだよ」  
「おじ様さん今日は何日?」
「親子ほど歳が離れていてもおじ様って呼ばない約束でしょう。隼人さんでしょう」
尚子「ごめんなさい隼人さん・・・で、今日は何日かしら?」
「8月15日)のお盆? なんでそんなこと?」
「尚子の記念日なの。隼人さんは覚えていないはね?」
「誕生日は11月27日だし? もしかして僕と最初に出会った日?」
「そうね・・・最初にお会いした日かも知れないわね・・・間接的に・・・」
「何のこと?」
隼人は、尚子がこの疑問の質問に答えなかったことに、多少違和感を覚えたが次の言葉に感動した。
「隼人さんにお会いしていなければ、こんな素敵な光景の中に私は立てなかった。隼人さんありがとう。朝明けの空、小鳥のさえずり、この激しい渓流の音、朝もやの中にたたずむ尚子・・・感激だわ。自然の中に埋没している実感・・・隼人さん 尚子の手を握って・・・ほらこんなに胸がどきどきしてるでしょう?」
尚子が隼人の手をにぎり、自分の胸の膨らみに、そっと隼人の手を当てる。
尚子のふくよかな胸は、暖かくで、愛の鼓動を感じた。
隼人は、静かに、そして激しく、尚子の熱い愛を感じだ。
隼人は60歳である。年甲斐もなくと言いたいところだが、三年間待ち続けた愛の神が、ようやく尚子の心に舞い降りたと感じる。
隼人と尚子の熱い瞳が絡み合う。
その瞬間! 尚子が「おじさまごめんなさい!」と言って、隼人の胸を激しく突き放す。
隼人叫び声が、尚子さん~~~とエコーになって、幻想的に激流の中に木(こ)魂(だま)し、スローモーションのよう、激流に落下し、のみ込まれ、そして消えた。

静けさと、渓流の音と、小鳥のさえずりが戻り、輪郭をぼかした朝日が、あさもやを中の向かうに現れていた。

両親の死も、會津で癌に倒れた章子にも、今ここにいる工藤尚子も、そして工藤家の歴史の時間も、平成29年8月15日(火)6時10分、この時間で終焉を迎えたと思った。
そして、もし・・・もしも・・・神がこのことをお許しになるならば、佐々木尚子として生きようと思った。
尚子は人殺しである。
殺人者である。
しかし後悔はなかった。
過去も~現在も、個人的な殺人は「悪」戦争による「大量殺人」は「正義」とされている。「敗者=悪」「勝者=正義」
チャップリンの映画「殺人狂時代」1967年の映画でそうだ。
「金の為に殺人を続ける極悪人の男を殺した男が死刑。戦争に勝利した大量殺人者が英雄。広島・長崎・太平洋戦争も敗者が悪で勝者が正義だ。
現在の法律では、法は正義である。
仮定の話だが「オウム真理教の麻原彰晃」を、個人で殺せば「殺人罪」、裁判で死刑の判決で国が殺せば「正義」。
加害者は、その行為の結果は法律と言う正義!? で守れているが、被害者を守る法律はない。

工藤家も被害者であった。

加害者に対する怨念、恨み、復讐、憎しみ、憎悪・・・これらの思いが、8歳の頃から、心理学で言う意識下の意識として存在していた。その意識が、佐々木尚子に徐々に自覚され始めたのは20歳すぎた頃だった。

転落した死体は、午前7時10分、福島県猪苗代(いなわしろ)町秋元湖に注ぐ小倉川の源流で、下流から釣り上がってきた釣り人に発見され、猪苗代西警察に通報された。
転落現場に来たのは、解剖医の免許を持つ熊沢和重(46歳)と刑事の網島健一(30歳)、それに複数の警察官である。死体を一見した和重が言った。
「この転落した仏さんの顔、いい顔してるね。まるで笑っているようだぜ・・・死亡推定時刻は6時10分。腕時計がその時間で止まっている。推定死亡時刻ではなく、一番分かりやすい確定死亡時刻だな。子供でも分かる」
刑事の健一がそれに答えた。
「事故死で決まりだな。最近この源流で転落死する釣り人が多いからな」
「お前なぁ、仏さんを持ち帰って一応詳しく調べて見ないと、死亡時刻は分かっても、事故死との断定は出来ないだろう」
「俺はお前ではないです。健一です」
「そうですね網島健一刑事殿。もう一度言います。事故死で断定するのは早過ぎやしませんか?」
「解剖先生、貴方は解剖が専門であって捜査する刑事ではありませんよね」
「解剖先生ではなく熊沢先生と呼べ。僕は46歳君は30歳、先輩を立てるのは日本の文化だ。事故死か、自殺か、殺人かは、検体の結果で判断してくれ」
「了解しました熊沢先生!」
健一が独り言でつぶやいた。
「何が日本の文化だ・・・先輩づらして」
「網島健一刑事君、何か異論でもありますか?」
「いいえ別に・・・」

隼人の声「オイオイ、俺は佐々木尚子から突き落とされた高藤隼人だ。くだらない内輪喧嘩してる暇ないだろう。ろくに調べもしないで事故処理は扱いは勘弁して貰いたいな。警察がそんな怠慢だから冤罪を生み出すんだ。愛する尚子に、何故俺が突き落とされたんだ? その理由も分からないままでは俺は三途の川は渡れないよ」

和重がつぶやいた「何だか変な気分だなあ?」
健一が言った「何が変なんだ?」
和重が答えた「いや・・・別に・・・気のせいか?」


02:死体保管室

翌日、死体検体室に和重と健一はいた。
「検体の結果、毒物らしき痕跡もなく、死亡原因は転落した際、石に頭を強打した脳挫傷。即死だな。しかし、崖から転落した原因の捜査は、そちらさんの仕事だろう」
「勿論だが、小倉川の深山幽谷の現場では、目撃者もなく事故死と考えるが常識、念のため解剖してください」
「解剖までしなくていいだろう。死因は脳挫傷、検体では毒物の反応はない」

隼人の声「解剖は遠慮する。死人でも痛いからな。それに俺は完全には死んでいない。その証拠に、俺の身体には魂が残っている。俺の尚子を愛する熱い魂だ」

「担当刑事としては、転落事故死の証拠が欲しんだ。たとえば足を踏み外した際に足首の捻挫とか何かありませんか?」
「あるのはあるんだが・・・?」
「何がありますか?」
「科学的に証明出来ない不思議なことがある。事故死の証拠にはならないだろうが?」
「何ですそのふしぎなことって?」
「俺も数多く遺体を見てきたが、こんな現象初めての体験だ」
「もったいぶらないで早く言って貰えませんか」
「死体の胸を手のひらで触って見てくれ」
「素手ですかか?」
「そうだ」
「ゴム手袋では駄目ですか?」
「駄目だ。怖いのか?」
「怖くはないですが・・・気持ちが悪い」
健一がいやな表情で胸を手のひらでそっと触る。
「こうですか?」
「もっと強く」
「そうだ。何か感じないか?」
「別に・・・」
「額を同じように触ってみろ」
健一が、和重の指示通り額に触り、首をかしげる。
「どうだ?」
「額の方が冷たくて、胸の方が暖かい気がします」
「小倉川から仏さんを持ち帰り、遺体安置BOXに20時間入れて今朝引き出した。それで改めて検体した結果、足・腹・手首・額・の温度が2度だ。胸の温度が6度、変だと思わないか?」
「どう言うことですか?」
「遺体安置BOXの温度は、解剖対象の遺体はマイナス15度前後、解剖対象外の遺体はプラス2度前後、彼の胸部の温度は、計測結果6度もある。これは医学的にはあり得ない。過去一例の報告もい。彼が心臓の鼓動が停止してから20時間程度経過している。しかも、他の臓器がある皮膚の表面温度は1度から2度、心臓の部分だけは6度・・・あり得ない現象だ」
「ほんとうにあり得ないのですか?」
「ほんとうにあり得ない」
「そう言えば仏さんの顔、優しい微笑みを感じますねぇ」
「この微笑みと胸の温度・・・魂の微笑みだな。彼は幽霊になってこの死体安置室にいるかも知れない」
「先生、脅かさないでくださいよ」

隼人の声「解剖先生の言う通りだ。俺は尚子に心底から惚れている。いや今となっては惚れていたが正解だ。尚子と巡り会ってから三年、渓流を共に楽しむようになった。俺は「渓流の夢尚子」と言う、渓流写真で綴る詩集まで自費出版で本屋に並べた。しかし売れなかった。その事を尚子がどう言ったかって・・・尚子にには恥ずかしくって言わなかった。その俺の愛の心を記した秀作を紹介しよう。魂となった俺の言葉は聞こえない。しかし、デリカシーがみじんもないそこの刑事より、解剖医の先生なら俺の死相の微笑みでご理解頂けるかも知れない。
俺の詩集の一節だ。

 源流からの一滴が
 滝となって落下する
 俺の心の激流は
 尚子の心に突き進む
 かたくな心の岩盤に
 激流だけが泡となる

転落直前に尚子は言った。

「こんな光景初めてよ。朝明けの空、小鳥のさえずり、この激しい渓流の音、朝もやの中にたたずむ尚子・・・感激だわ。自然の中に埋没している実感・・・隼人さん、尚子の手を握って・・・ほらこんなに胸がどきどきしているでしょう? 尚子自らの手で、尚子の胸の膨らみに、俺の手を誘ってくれた。その時、神の時間が俺の脳裏を突き進んだ。テントの中、民宿や旅館、数知れず共に一夜を過ごした。何故か、手すらにぎることなく夜を過ごした。食事をし、酒を酌み交わし、野営のテントで岩魚酒を酌み交わすが、俺は一度も手すら触れたことはなかった。しかし尚子は微笑んでいた。天使のように・・・俺は無理じいを絶対しなかった。ひたすら心がひらく尚子を待った。そう待ち続けた。「隼人さん、尚子の手を握って・・ほらこんなに胸がどきどきしてるでしょう?」俺の手が尚子のふくやかな胸に触れ、胸の鼓動が、熱い激流になった瞬間、俺の「渓流の夢尚子」が、現実の時間となったと思った・・・その時間の中で、俺は空中に飛んだ。飛ばされたことも許せる。脳挫傷で即死した事も許せる。ただ分からない事は、何故、俺が空中に飛ばされたのか、その尚子の心が知りたい」

電話の呼び出し音が鳴った。
健一が電話に出た。
「はい・・・今死体安置室です・・・すぐ行きます」
「事故処理で済ます気か?」
「上はそのようです」
「しかしこれは殺しだな」
「根拠は?」
「分からん・・・が、女がいる」
「勘ですか?」
「証拠は胸の異常な温度と彼の優しい微笑みだ」
「解剖先生、マジですか?」
「熊沢先生と呼べ・・・俺は死者の魂を何となく感じる」
「魂ですか・・・じゃあ解剖先生あとで」
「ぜんぜん分かってないな?」
「何がですか?」
「早く行け!」
健一は死体保管室を出る。
和重は死体に語りかけながら
「幽霊君お聞きの通りだ、安らかに成仏してくれたまえ」
と言って、死体保管BOXの扉を開け、ローラーをすべらせて中に納める。
和重が保管庫に向かって合掌して保管室を出て行く。
その背中を追いかけて、隼人の声が幻想的に響く。

隼人の声「俺を検体した先生、俺は幽霊じゃありませんよ。俺は高藤隼人の魂ですよ。魂は霊魂とも言われ、人の肉体に存在し、生命を保ち、心の原点につかさどる。肉体から 離れても存在し、死後も不滅で神霊になる。又有機体は、生命原理として想定され、肉体にとらわれ、故郷である天上に憧れるものとして、とらえられている。幽霊とは異質のものだ。俺は死者となったが、尚子への愛の魂は消滅していない。幽霊は恨みが原点だが、魂の原点は愛だ。しかし残念ながら、魂は己の心を左右するが、死者の魂は、生命を維持したる者には届かない。しかし感じる事は出来る。言っている意味が分かるかね。命があるなら具体的な意思の疎通がはかれるが、死者の魂と命ある者の魂は具体的に通じない。まして尚子の心の深淵を、具体的に覗き見る事が出来ない。俺を空中に舞う事にした尚子、その心の真因、俺は知りたいだけだ。物事には原因があって結果がある。俺の魂はその原因を知るすべがない。そこで先生と刑事さんに調べて貰いたい。俺の死を他殺と認識すれば、運が良ければ尚子にたどり着き、尚子の心を知ることが出来るかも知れない。その現場に立ち会って話を聞くだけでいい。その結果、俺は尚子を恨んだり、幽霊に化けたりはしない。解剖先生なら俺の切ない魂の心を受け止めてくれるはずだ。この切ない愛の魂、その魂を感じ取ってくれるものと信じている。何故なら、俺は尚子のすべてを許す心を持っているからだ」

和重は廊下でふと立ち止まり
「何だこの感じ? 身体がぞくぞくしてきた。風邪でも引いたかな?」

------------------------------------------------------------------------------

次回3月4日(日)に続く



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ