記事検索

☆英語教育実施状況調査

0 tweet
スレッド
☆英語教育実施状況調査
 文部科学省が発表した2016年度の「英語教育実施状況調査」の主な結果です。

 ・中高生と英語教員の英語力
  <中学校>
   「英検3級程度」以上の3年生
    奈良県 48.0%
    東京都 47.1%
    千葉市 46.6%
    福井県 46.5%
    さいたま市 45.9%
    (政令指定都市を含む平均36.1%)

   「英検準1級」以上の教員
    福井県 56.3%
    広島市 49.7%
    徳島県 49.3%
    富山県 47.9%
    東京都 46.7%
    (政令指定都市を含む平均32.0%)

  <高校>
   「英検準2級程度」の3年生
    富山県 47.3%
    福井県 44.8%
    兵庫県 43.4%
    栃木県 43.2%
    大分県 42.8%
    (政令指定都市を含む平均36.4%)

   「英検準1級」以上の教員
    香川県 89.1%
    福井県 85.8%
    石川県 85.0%
    熊本県 82.5%
    富山県 81.2%
    (政令指定都市を含む平均62.2%)
   
   中学校では2021年から英語の授業はすべて英語で行うことになりますが、
  今回の中学調査では、発言の半分以上を英語で行っている教員は6割程度。
   
   ☆文部科学省 平成27年度「英語教育実施状況調査」の結果についてはこちら
から → http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1369258.htm
    
    

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ