記事検索

Sabbath ⑦ 新約イエス様

スレッド
すっかり春です。火曜日に近くの... すっかり春です。火曜日に近くのフェイスバイブル教会で、イースターアフタヌーンティの女性のイベントで奉仕させていただきました。教会からも三名の姉妹たちが参加しました。私は、まるで応援団がいるようで、心強く感じました。ゆっくりすわってお茶を楽しめるなんて。。。毎日忙しいママたち、女性たちには贅沢な時間でした。
2018年3月18日日曜日バイリンガル礼拝音声は、


安息日シリーズ、今日で最終回です。今日は新約の安息日について考えてみたい思います。

★新約聖書New Testament

マルコの福音書では、イエス様がガリラヤに来られたこと。時が満ち、神の御国が来た、悔い改めて福音を信じるように、とマルコ1: 14 ヨハネが捕らえられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。15 「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」

Mark; Jesus came to Galilee, the time fulfilled, Kingdom of God is at hand. Repent and believe Gospel. Time is filled.

ラビや預言者は時が満ちることを話していた。

ギリシャ語で時は二つ、一つはカイロス、正しい時、時別な瞬間、ともう一つは、クロノス、時系列上の時間、順次通常の時間。Greek, Kiros- right time, moment special, Kronos – sequential time, ordinary time. Children is ruled by Kiros.

人々は、今がどんな時か知らなかった。大人というものは、クロノスの時間に縛られている。が子供たちは、違う。だから子供のようにならなければ天の御国に入れないとイエスは言われるのだろう。今がその時であるというメッセージをバプテスマのヨハネやイエスは語っていたのです。

そして、その時、その日というのは、預言者よりも神の家よりも大切なものであります。イエス様は、安息日にやってこられました。マルコの福音書では、四つの安息日の出来事について言及しています。ここに福音があらわされているのです。

① 聖なるスペース Holy Space

マルコMark 1:21-26

21 それから、一行はカペナウムに入った。そしてすぐに、イエスは安息日に会堂に入って教えられた。22 人々は、その教えに驚いた。それはイエスが、律法学者たちのようではなく、権威ある者のように教えられたからである。23 すると、すぐにまた、その会堂に汚れた霊につかれた人がいて、叫んで言った。24 「ナザレ人イエス。いったい私たちに何をしようというのです。あなたは私たちを滅ぼしにきたのでしょう。私はあなたがどなたか知っています。神の聖者です。」25 イエスは彼をしかって、「黙れ。この人から出て行け」と言われた。26 すると、その汚れた霊はその人をひきつけさせ、大声をあげて、その人から出て行った。

イエス様はすぐにカベナウムの神殿に行かれました。先週のお話しを覚えていますか。イエス様は、聖なる日に、聖なる場所である神殿に来ました。そして、汚れた霊につかれた人から悪霊を追い出しました。イエス様は、聖なるスペースを守られた。また、この後、人を癒されます。イエス様が来られると、人々は悪霊や病の束縛から自由になりました。聖さの中に、それは含まれている。Sozo --- イエス様こそが聖をわたしたちのために造ることができる方。

② 喜び楽しむ時 Time of delight and joy

マルコMark 2: 18-19

ヨハネの弟子たちとパリサイ人たちは断食をしていた。そして、イエスのもとに来て言った。「ヨハネの弟子たちやパリサイ人の弟子たちは断食するのに、あなたの弟子たちはなぜ断食しないのですか。」19 イエスは彼らに言われた。「花婿が自分たちといっしょにいる間、花婿につき添う友だちが断食できるでしょうか。花婿といっしょにいる時は、断食できないのです。

イエス様が安息に入ってきてくださって、その場所は聖められ、病気が追い出されました。それだけではないのです。人々は不思議に思った。どうしてあなたの弟子たちは、ヨハネの弟子やパリサイ人たちみたいに断食しないのかと。イエス様は、花婿、すなわち婚礼の席で、花婿がいるのに周りの人が楽しんで祝って一緒に食事をしないということはあろうか。と問うている。

イエス様こそ、後に私たち教会の花婿です。イエス様、そして私たちの真の罪からの解放者がともにいるのに、罪深さを覚えるために身を慎んで断食する必要があろうか。。ということ。現に、もう何人もの人たちが癒されたり、悪霊から解放されたりしている。安息は、イエスにある自由を祝って楽しむ日なのです。

③ 安息日は人間のため Sabbath is for man

マルコMark 2:23-24, 27-28

23 ある安息日のこと、イエスは麦畑の中を通って行かれた。すると、弟子たちが道々穂を摘み始めた。24 すると、パリサイ人たちがイエスに言った。「ご覧なさい。なぜ彼らは、安息日なのに、してはならないことをするのですか。」---27 また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。28 人の子は安息日の主です。

安息日に麦をとって食べることが、罪かどうか。。。が問題に。
イエス様は、安息日は人のためだ。お腹がすいたら食べたらいい。食べ物は神様からのギフトだと習いましたよね。ギフトを受け取って感謝して喜んでいただいたらいいのです。宗教家たちは、宗教の枠にとらわれていました。また、自分たちが何になるかということ。そして、罪を犯すということを重箱のすみをつつくように探していました。自由とはなんでしょうか。

律法とはなんでしょうか。律法は、私たちに仕えるものであって、私たちが律法に仕えるためにあるのではありません。イエス様は、その律法を全うするためにこられたのです。イエス様の霊に従うなら、私たちに自由が与えられます。イエス様に隠されて、私たちは責められることもなく隠れる必要もないのです。イエス様こそが、安全な場所なのです。

④ 安息日は、全ての人のため Sabbath is Inclusive

マルコMark 3:1-6

イエスはまた会堂に入られた。そこに片手のなえた人がいた。2 彼らは、イエスが安息日にその人を直すかどうかじっと見ていた。イエスを訴えるためであった。3 イエスは手のなえたその人に「立って真ん中に出なさい」と言われた。4 それから彼らに、「安息日にしてよいのは、善を行うことなのか、それとも悪を行うことなのか。いのちを救うことなのか、それとも殺すことなのか」と言われた。彼らは黙っていた。5 イエスは怒って彼らを見回し、その心のかたくななのを嘆きながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。彼は手を伸ばした。するとその手が元どおりになった。6 そこでパリサイ人たちは出て行って、すぐにヘロデ党の者たちといっしょになって、イエスをどのようにして葬り去ろうかと相談を始めた。

イエス様はまた、聖なる時に、聖なる場所で、わざをなさった。イエス様は、安息日に人を癒すかどうか責めるために見てやろうという人たちの心を嘆きながら、いのちを選び、癒しをされた。イエス様は、曲がった世の中に安息をもたらしました。この、一人の手の萎えた人も、喜びの安息に入るべきだったからです。安息日は、すべての人にとってギフトであり、全ての人が招かれているものです。

このようにイエス様は、この地上に来られた時、真の安息を示して下さいました。罪、汚れ、悪霊、病からの解放、食事を楽しみ、みなを安息日に招き入れる。イエス様は、身をもって示されました。イエス様は、全てを可能にしてくださいました。私たちが安息に入るためにです。今が、カイロスなのです。私たちがイエス様にいつでも、今がその時、となりました。それを信じますか。
今、一緒に祈りましょう。
今がその時です。イエス様の力を受け取りましょう。

#礼拝 #安息日 #新約 #イエス

ワオ!と言っているユーザー

Sabbath ⑥ Returning Rhythm 主に帰る和解のリズム 

スレッド
チェリーちゃんお気に入りの手袋... チェリーちゃんお気に入りの手袋と、お手製の帽子をさっそうとかぶり、自慢げに帰途につく。。。。 礼拝後は、誰かの携帯でゲームを... 礼拝後は、誰かの携帯でゲームをする、ちびっこたち。。。私らの時は、ゲームウォッチやった。。。時代は便利になったなー。。。ため息 大好きなお姉ちゃんと礼拝後は遊... 大好きなお姉ちゃんと礼拝後は遊びます。今日は、お姉ちゃんは、大事なリハーサルがあって礼拝には来れなかったけど、終わってから教会によってくれました。みんなもあえて嬉しかったよーー
2018年3月11日日曜日バイリンガル礼拝



ホセアHosea14

イスラエルよ。あなたの神、主に立ち返れ。あなたの不義がつまずきのもとであったからだ。2 あなたがたはことばを用意して、主に立ち返り、そして言え。「すべての不義を赦して、良いものを受け入れてください。私たちはくちびるの果実をささげます。3 アッシリヤは私たちを救えません。私たちはもう、馬にも乗らず、自分たちの手で造った物に『私たちの神』とは言いません。みなしごが愛されるのはあなたによってだけです。」4 わたしは彼らの背信をいやし、喜んでこれを愛する。わたしの怒りは彼らを離れ去ったからだ。5 わたしはイスラエルには露のようになる。彼はゆりのように花咲き、ポプラのように根を張る。6 その若枝は伸び、その美しさはオリーブの木のように、そのかおりはレバノンのようになる。7 彼らは帰って来て、その陰に住み、穀物のように生き返り、ぶどうの木のように芽をふき、その名声はレバノンのぶどう酒のようになる。8 エフライムよ。もう、わたしは偶像と何のかかわりもない。わたしが答え、わたしが世話をする。わたしは緑のもみの木のようだ。あなたはわたしから実を得るのだ。9 知恵ある者はだれか。その人はこれらのことを悟るがよい。悟りのある者はだれ。その人はそれらを知るがよい。主の道は平らだ。正しい者はこれを歩み、そむく者はこれにつまずく。

安息日シリーズ六回目と続いています。皆さん、安息日のコンセプトは、私たちが誰によりたのんでいるかを明らかにしますね。自分の偶像が何であるのか、誰に信頼するのかということを浮き彫りにします。今日は、魂のよりどころである主にフォーカスをあててみたいと思います。
★福音と安息
創世記の二章、三章、創造の御業と人間が造られたところ、 神の福音が隠されていることは、皆さんもご存知ですね。アダムとエバが、神の掟に背いて罪を犯して、神から隠れていたとき、神は、なんとおっしゃったでしょうか。「あなたは、どこにいるのか?」でした。今日の安息のコンセプトは、私たちを探していらっしゃる神、あなたはどこにいるのか? と問われる神に帰ることについて話したいと思います。
この意味で、天地創造当時に与えられた安息とは、福音の先駆け、原福音ともいうことができます。Proto Gospel

★出エジEx20:8
「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」“Remember the Sabbath day, to keep it holy.

Leviticusレビ20:26
あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主であるわたしは聖であり、あなたがたをわたしのものにしようと、国々の民からえり分けたからである。』26 And you shall be holy to Me, for I the Lord am holy, and have separated you from the peoples, that you should be Mine.
Remembering is major prophets’ work. Trauma lens. Inviting people to deep grief work.

〇どのようにして聖く保つことができるのでしょうか。聖さとは何でしょうか。聖であることは私たちにとってどういうことでしょうか。心の片隅に置いて聞いてください。

ユダヤの文化には、特別な安息日というものがあります。それは、Shabbat Shuva という安息日です。この日は、Rosh Hashanah and Yom Kippur ハッシャーナーロッシュ新年、日本の元旦ですね。と、ヨムキプールは贖罪の日と呼ばれ、神に一年分罪の許しを請う日です。

旧約の時代には、大贖罪の日には大祭司が年に一度、選ばれた一人が至聖所に血を持って入ることができ、民の罪の贖いをする大事な日でした。
この間の安息日には、断食をするのだそうです。普段の安息日は喜びと楽しみと食べ物がありますが、この新年と大贖罪日の間の特別な安息日シャバットシューバ、この日は、食べないのだそうです。身を慎み、一年を振り返り自分の罪と向き合うのです。

そして、その時に、冒頭読んだみ言葉と次のみ言葉が読まれます。

ミカMicah 7:18-20

18 あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。あなたは、咎を赦し、ご自分のものである残りの者のために、そむきの罪を見過ごされ、怒りをいつまでも持ち続けず、いつくしみを喜ばれるからです。19 もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください。20 昔、私たちの先祖に誓われたように、真実をヤコブに、いつくしみをアブラハムに与えてください。

★主に立ち帰るリズム

The word Shabbat looks like this in Hebrew: תבּשׂ (Shabbat) בּשׂ Shab – return, restore, refresh ת Tav – sign or mark
安息日という言葉は、シャバットと言いますが、「休む、やっているとをやめる」などの意味がありますが、二つの言葉から成っています。シャブは「帰る、回復する、新たにすると」いう意味があり、タブは、印、マーク。私たちが安息を守るということは、しるしにいつも帰るということです。私たちは、安息ごとにこのしるしに帰るのです。

私たちへのしるしは。。。。そうイエス様ですね。

今日、私たちが教えられていることは、安息は贖罪に結びついているということで、安息は、過去を振り返らなければ入ることができないものでもあるということです。
そして、定期的に戻るものです。そこには、涙もあるでしょうし、悲しみもあるでしょう。

しかし、これは、真の安息に入る前味です。
私たちの真の安息は、真の大祭司イエス・キリストによります。イエス様が罪のない小羊としてご自分を神に捧げました。新約聖書で覚えていらっしゃると思いますが、イエス様が十字架にかけられた時に、至聖所の幕が上から下に真っ二つに裂けました。それは、今まで毎年一年しか入れない至聖所との仕切りがなくなったということです。誰でも、イエス様にあるならば、至聖所、神様にアクセスできるということです。神様と一つコミュニティになることができるというこです。

先ほど読んだとおりに、私が聖であるとおりに、あなた方も聖であれ、という神の期待を完全に満たすことができるのは、私たちの罪を取り除くことができるキリストのみです。キリストの前に罪を認め、罪を悔い改めるなら、だれでも、キリストの義に隠されて、聖であることが実現します。そして、罪との闘いから解放されて、魂の安息に入ることができるのです。ここに、神との和解があります。
神との和解は、人との和解をもたらします。これは、安息日の心です。しかし、うまく行かないのです。。。。私たちの心が安息に入っていないならば。。。。

<私の安息の宿題の話し> 安息失敗談。。

学校の実践の宿題で、一人での安息体験、コミュニティでの安息体験、安息を知らない人との安息体験をすることがありました。

私は、安息をまだ知らない人のことで考えました。。未信者の人たち、それか貧しい人たちを読んでもてなそうか。。。とかいろいろと。。でも、どれも、宗教臭くなって違うなーと思っていました。誰が私の心に近くて、神様が望んでおられることか。。。あ、そうだ、エリックのお母さん、引っ越しで大変だし、安息するために連れ出してあげよう。と思いました。平安が来ました。しかし、やってみるとうまく行きませんでした。お母さんをいい気分にしてあげようと思ったのだけど、彼女もストレスがいっぱいで、会話もしんどく。。。自分からいろいろとイライラしていまいました。それは、過去の解決していないoffenseと、お母さんのことにいらいらしたりと、、私はイエス様をその場所に連れて行くことができませんでした。なぜなら、安息日の贖罪のイエス様にしっかりと繋がっていなかったからです。
シリーズでも言っていますが、安息日は、全ての人のためです。私たちコミュニティが、また、ストレンジャーを迎え、ともに休みに入る日です。
しかし、このように、私たちの罪がまず一番に解決されてなければ、私たちが、神との和解の中にまず住んでいなければ、とても難しく、形だけのものになってしまうのです。

安息日ごとに、ただ喜び楽しむだけではなく、私がどこに帰るのか、ということをしっかりと覚えたいと思います。これが、聖への道です。「あなたは、どこにいるのか」と探してくれる神様のところに、いつも帰るものでありたいと思います。私が聖であるようにあなた方にも聖でいて欲しい、と言われる神様の元に行きましょう。


#礼拝 #安息日 #ホセア書 #ミカ書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ