記事検索

フリースペース

アクセスカウンター Since July 18, 2015 にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

珈琲が旨かったとか、いい人に出会ったとか・・・小さな出来事にも幸せを感じて、本を読んだり、野菜を作ったり、音楽を聴いたり・・・・つつましいけど心豊かな暮らしを目指したい。
 「爺さん」に近いのに「ボンビー父さん」と名乗っています。年金はまだ満額でていませんが、夫婦ふたりで月14万2310円のつつましい暮らし。年収1000万円からの転落人生。たどり着けるか、「林の中の粗末なカントリーハウス」での動物に囲まれたあったかい暮らし。

1.教えてあげましょうメール 2.著作権の侵害を指摘するメール
ボンビー父さんへのメール sazarosi@neko2.net
いわゆる「捨てメール」です。多忙のため返事はできないことが多いです。著作権の侵害については真摯に対応します。★MR職人さん、いつも訪問ありがとうございます。

ブログスレッド

  • 突然ですが「マリア様は、なぜ泣いているのですか」 Tell me why she is crying. グレゴリアンというグループが好きなんですが、こんな疑問に行きつきました。

突然ですが「マリア様は、なぜ泣いているのですか」 Tell me why she is crying. グレゴリアンというグループが好きなんですが、こんな疑問に行きつきました。

スレッド
いきなり、なんでしょうね。「ナ...
いきなり、なんでしょうね。「ナチュラルアンティーク」も「楽しい貧乏暮らし」も「セルフビルド」にも関係ない話です。

「マリア様は、なぜ泣いているのですか」と、ちょっと気になったものですから。
私はウェスレー兄弟派のミッショ...
私はウェスレー兄弟派のミッションスクールに通いましたが、いい学生ではありませんでした。礼拝は4年間に1回のみ。「キリスト教概論」も2回出席しただけ。

http://www.gregorian.de/en/
妻も、真宗本願寺派の小さなお寺...
妻も、真宗本願寺派の小さなお寺の娘です。そして、今、私は神社の総代をしています。はっきり言って、宗教的な信念はありません。

でも、グレゴリアンというグループが歌う「アベマリア」は、心に響くのです。このグループは、ビートルズやサイモン&ガーファンクルの歌や、レゲエ風の歌も歌います。

アベマリアを聞いてみてください。で、マリア様はなぜ泣いているのか疑問がわいてきました。



深くは考える必要もないと思って、軽く検索したのですがいいサイトが見つかりません。

宗教的な信念もない私が、」こんなことを書くのはクリスチャンの方に申し訳ありませんが、キリストの復活なんて信じられないのです。

以下、引用
復活に関する目撃証言や伝承が記録された、新約聖書の他の書簡についても、その成立時期は、イエスの死後30年~50年以内のものがほとんどであり、その記録の高い信頼性が、広く認められている。

結論として、新約聖書の記録全体は、キリストの復活を裏付ける有力な証拠となるのだ。

キリストは確かに復活したのか?
イエスは、十字架刑で確かに処刑された後、墓に埋葬された。その後、墓の周りには兵士たちが置かれ、死体が盗まれたりしないよう、厳重に警備された。ところが、三日後の日曜日の朝、イエスの弟子の女たちが墓に行って見ると、墓からは遺体が消えていた。

イエスの遺体はなぜ消えたのだろうか?

イエスの弟子たちは、イエスの復活を否定することができませんでした。復活のイエスを、顔と顔を合わせて目の当たりにしたからです。二千年たった今でも、イエスが復活し、今も生きておられるという事実が変わることはありません。その事実が、世界中のクリスチャンを励ますのです。たとえ刑務所の中にいても、また拷問や死の恐怖に直面していても、「イエスが神である」という事実は変わりません。その事実の上に、私たちは自分の人生を建て上げるのです。

突然ですが「マリア様は、なぜ泣いているのですか」 Tell me why she is crying. グレゴリアンというグループが好きなんですが、こんな疑問に行きつきました。

まだ、これは解決していません。

ネットでは、秋田の聖母マリアが血の涙を出したとか、あやしい情報で満ちています。そこから、離れましょう。

さて、グレゴリアンのアベマリアに行きついたのは、しばらく「メタル」を聞いていて、ふと静かな曲が聞きたくなりました。

グレゴリアンのベルリンライブを見てから、ますます、このグループが好きになりました。

Since then, there has been at least one Gregorian album release a year, so that the series has reached Chapter VI in 2007. It shows once more that there are no limits to Gregorian with songs from Coldplay to the Everly Brothers, from Björk to Queen and Lenny Kravitz. It’s not about music genres or a “hip” factor, the songs are the only thing that counts. Moreover, Gregorian has long become a music genre in itself.
Inspite of the Masters of Chant projects which regularly meet with theGregorian fans enthusiasm, the ever busy Peterson also takes his time for refreshing excursions. Gregorian’s The Dark Side, for example, was dedicated to hard rock songs from Nine Inch Nails, Sisters of Mercy, The Rasmus, The Doors and others. “For this album, we sent the older audience home so-to-speak and invited the younger generation,” laughs Peterson who is very well aware that there has never really been any generational conflict within the Gregorianaudience. Young and old are happily united at the numerous live concerts. Talking about live performances: by now, there are two live DVD releases and three DVD clip compilations which were recorded all over Europe and which show the impressive live shows of the ten classically trained singers in their monks’ costumes together with their full live band. The latest DVD was filmed in the medieval Kreuzenstein Castle near Vienna in autumn 2006 and was released in March 2007. Another outstanding special was released in November 2006 in the form of Christmas Chants which relied on the established originality of Gregorian and held its own against the flood of Christmas releases by easily entering the Top 30 of the German album charts at this difficult time in the market and it went on to become the most successful Christmas album of the year.

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ