記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

http://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

原発から離れるウラン埋蔵国

スレッド
核燃料となるウランは世界中に分布するが、鉱物として採掘可能な場所は限られる。
埋蔵量の多い国は、オーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカ、アメリカなど。
日本では鳥取県などで極少量埋蔵が確認されているが、今は採掘ゼロである。

ウラン精製企業も埋蔵量の多い国が強く、カザフスタン、カナダ、フランスで過半を占める。
このうち、埋蔵量も精製量も多いカザフスタンは、
昨年夏に再エネをテーマにアスタナ万博を開催し、再エネ普及に力を入れ始めた。
オーストラリアも埋蔵量は多いが、原発を持たず、法律に今後も作らない事を明記している。
カナダは今のところ、原発も再エネも進めているが、
自然豊かな広大な土地があり、再エネが普及し易い環境が整っている。
保有する原発は老朽化が進んでおり、運転原発は今後大きく減る方向にある。

ウラン埋蔵量の豊富な国が、そのウランを使う原発から離れようとしている。
持つ国がそれを使わないのは、負の面を良く知っているからに他ならない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ