記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

http://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

燃料を溜めこんでいる原発は、技術レベルが低いから

スレッド
火力発電は発電機にもしトラブルがあっても、壊滅的な爆発は起こさない。
供給された燃料は即座に燃え切り、発電機内に燃料が残らないからである。
だが原発は違う。
運転を始めようとする原発には、数年間発電できるだけの燃料が装填される。
原発に事故が起きようものなら、これら全てが爆発のエネルギーとなる。

もし事故が発生した場合、
その事故影響を最小限にする手立ての一つが危険物の供給を断つ事だ。
山火事で火事の周りの木を切り倒して延焼を防ぐのも同じような理屈である。

原発で核燃料を最初から大量に入れておくのは、
燃料供給技術も、燃料を完全に使い切る技術も無いからに他ならない。
技術が拙いのに、発電容量拡大だけを追求した結果、
あれほどの化け物じみた巨大な建造物となってしまったと言えよう。

政府も電力会社も、原発は高度な技術で作られていると言うが、
基本的な技術すら確立できていないのが今の原発なのである。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ