記事検索
  • ハッシュタグ「#治療実績」の検索結果7件

464.2016年4月までの治療実績(8年間)

スレッド
464.2016年4月までの治...
2008年5月に、日本初の
「不育症と着床障害」 専門クリニックとして
開業しました。

2015年5月より2016年4月までの
開業8年目の1年間の間に、
当院で初めて治療された方の
治療成績を2016年8月時点で集計して、
やっと、まとまりました。

その1年間の治療成績を追加した、
2008年5月より2016年4月までの
8年間の合計の治療実績を、
当院のホームページに
クリスマスまでにはアップいたします。


8年間の不育症の初診者数
(過去の流産の回数が、2回~16回)は、
3660人であり、
その成功率は、79% でした。
40歳以上に限れば、
その成功率は、 56% でした。

全体の平均年齢は、35歳であり、
約6人に1人が40歳以上でした。
最高齢47歳の人が、
自身の卵子で自然妊娠され、
出産に成功されています。


8年間の着床障害の初診者数
(過去の移植不成功の回数が、5回~28回)は、
905人であり、
その成功率は、 27% でした。
40歳以上に限れば、
その成功率は、 14% でした。

全体の平均年齢は、38歳であり、
約3人に1人が40歳以上でした。
最高齢46歳の人が、
自身の卵子で体外受精にて妊娠され、
出産に成功されています。


2015年5月より2016年4月
までに受診された方の特徴として、
受診総数 (521人) の中で、
過去の移植が不成功 3回 以上の
着床障害の人の割合が、
約45% であり、
増加してきていることです。

また、当院受診の方の特徴としては、
他院では不成功の難治性の方や、
高齢の方がよく受診されています。


今までの治療実績
についてのブログは、
下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
検索できます。


#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

396. 2015年4月までの治療実績

スレッド
396. 2015年4月までの...
2008年5月に、日本初の
不育症と着床障害専門クリニックとして
開業しました。

2014年5月より2015年4月までの
開業7年目の1年間の間に、
当院で初めて治療された方の
治療実績を2015年8月時点で集計して、
やっと、まとまりました。

その成績を追加して、
2008年5月より2015年4月までの
7年間の合計の治療実績を、
当院のホームページにアップしました。


当院受診の方の特徴としては、
他院では不成功の難治性の方や、
高齢の方がよく受診されています。
#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

315. 開業後6年間の治療実績

スレッド
315. 開業後6年間の治療実...
平成25年5月より平成26年4月までの開業6年目に、
当院を初めて受診され、
治療を受けられた患者さんの治療実績を
8月の時点で集計し、
過去5年間の治療実績と合計しました。

年々、高齢化してきています。
着床障害の患者さんは、
約3人に1人が40歳以上です。

卵子提供による
不育症、着床障害の方も
約10人いらっしゃいました。


すでに他院で治療されているにもかかわらず、
残念な結果を繰り返されている方も多く受診されており、
その中には、
当院における特徴的な
精神的因子と免疫学的因子に問題が見つかる場合が
よくあります。


詳しくは当院ホームページの治療実績をご覧ください。
#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

253. 5年目の治療実績が集計できました

スレッド
253. 5年目の治療実績が集...
2012年5月より2013年4月までの
開業5年目の治療実績がまとまりました。

約650人の不育症・着床障害の初診患者さんが、
5年目の期間に来院されています。

毎年の9月時点ぐらいで、
1年間分のカルテを自分の目で、
すべて再チェックしていますが、
その治療結果には、
身が引き締まる思いです。


1回の治療で、
すべての方が赤ちゃんを育めればいいのですが、

私とスタッフの力不足や、
受け入れるしかない運命によって、
今回も辛い結果となってしまった人の顔が思い出され、
心が痛みます。


傾向として、
来院される患者さんの平均年齢は、
少しずつ上がってきています。


5年間分の合計の治療実績を、
当院のホームページにアップしました。

ご参照していただければ幸いです。

#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

201. 開業後4年間の治療実績

スレッド
201. 開業後4年間の治療実...
お待たせしました。
開業から4年間の治療成績をご報告します。

2008年5月より2012年4月までに、
当院受診された不育症の患者さんは、2128名でした。
また、
5回以上の移植治療が妊娠反応陰性か化学流産した
着床障害の患者さんは、294名でした。

2012年9月の時点での
当院治療成績が集計できましたので、
当院ホームページの治療実績をご覧ください。


不育症治療の全体的成功率は、
1回の妊娠につき、81%でした。

342名(当院受診の16%)が40歳以上であり、
治療成功最高齢は45歳の方でした。
40歳以上の不育症治療成功率は、54%でした。


また、
着床障害(5回以上)の全体的成功率は、
1回の治療につき、31%でした。

85名(当院受診の29%)が40歳以上であり、
治療成功最高齢は46歳の方でした。
40歳以上の着床障害(5回以上)治療成功率は、
16%でした。


今年も、
開業4年目に受診された
500名以上の患者さんのカルテを
すべて自分の目で、再度チェックして集計しました。

いろいろな思いがよみがえってきましたので、
集計するのに、一か月間も、かかってしまいました。


当院の最大の特徴として、

身体的原因だけでなく、
精神的原因についても、
その検査と治療を行っていますので、
年々、
年齢因子が高く、
他院からの紹介による難治性患者さんが
増えてきています。


40歳以上の場合、
卵(胚)の偶然的な染色体異常率が増加しますので、
運命的な側面も加わり、
どうしても成功率は低下してしまいますが、
これからも、
心身両面からの
精一杯の
最良な治療を行ってまいります。

#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

144. 開業後3年間の青クリの治療実績

スレッド
144. 開業後3年間の青クリ...
2008年5月、日本で最初に
不育症専門クリニックを開業しました。

その後、
2008年8月に大阪のふじたクリニックの藤田先生、
2009年5月に横浜の杉ウイメンズクリニックの杉先生
が、不育症専門クリニックとして開業されています。

当院での最初の1年間の不育症初診者数は775人、
2年目が462人、
2010年5月より2011年4月までの
3年目が444人でした。

2008年5月より2011年4月までの
3年間に妊娠され、治療した人が798人で、
妊娠維持に成功した人は660人、成功率は83%でした。

全体をみると、
(ホームページの治療実績を参照してください。)
過去の流産回数が5回までならば、
成功率は約80%前後でしたが、
6回以上となると、50%弱という成績でした。

私の30年以上の治療経験の中でも、
2010年11月に、
過去16回流産されていた患者さんが、
17回目の当院治療によって、
元気な赤ちゃんを出産されたことは
非常に印象的でした。


当院のもうひとつの治療対象である
着床障害については、
過去に5回以上の体外受精・胚移植が
妊娠しないか化学的流産に終わった人と定義しており、
最初の1年間の着床障害初診者数は20人でしたが、
2年目が44人であり、
2010年5月より2011年4月までの
3年目が94人でした。
94人の平均年齢は38歳でした。

着床障害の患者さんは、年々、増加しており、
多くの患者さんから
当院の治療が認知されてきています。

この3年間の着床障害初診者数の合計が158人で、
妊娠継続成功数は52人、成功率は33%でした。

全体をみると、
過去の移植回数が8回までならば、
成功率は約35%前後でしたが、
9回以上となると、約25%という成績でした。

その中でも、
2011年4月に、
過去20回の胚移植に不成功であった患者さんが、
21回目の当院治療によって、
元気な赤ちゃんを出産されたことは
当院の誇りです。


ただ、一年毎に治療実績を把握するため、
私自身が毎年、
カルテをすべて再チェックしていますが、

当院の非力、
背負った運命、
年齢的な壁により、
やむなく違う道を選択されていった人たちを、
私は決して忘れません。

よくがんばった
がんばりすぎるぐらいがんばった
のですから、
これからの人生に
もっと違った宝物を見つけてほしい
と願っています。


#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

73. 開業後1年間の青クリの治療実績

スレッド
73. 開業後1年間の青クリの...
お待たせしました。

やっと、開業して1年間における治療実績が集計できました。

ホームページをご覧下さい。



2008年5月に

日本で最初に不育症専門クリニックとして開業しました。

これまでに、

多くの患者様から多大なご支援と励ましをいただきました。

また、非常に心やさしいスタッフ(助産師さん、看護師さん、

医療事務のみなさん)に恵まれ、

予想以上の成果を得ることができました。



大学病院ではできない、

また、公立病院としての城西病院でもできなかった



「青木産婦人科クリニックの不育心身調節療法」



による実績です。





当クリニックの特徴は、

不育症を治すことはもちろんですが、



不育症を背負ったご夫婦の支援



を目指していることです。



極端な例で言えば、

たとえば、46歳以上になって、

数え切れない流産を経験され、

いまだ成功されていない難治性不育症であっても、

ご夫婦が心身ともに疲労困ぱいの状態であっても、

赤ちゃんをあきらめる状態に追い込まれても、



何かそれからの人生に助けとなるような

こころの宝石みたいなものを

つかんでいただけるよう支援し、

日々、願っています。



この治療実績の詳細についての解説は、

後日、

このブログで発表させていただきます。
#治療実績

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ