記事検索
  • ハッシュタグ「#ブログ」の検索結果363件

411. 「免疫力」アップと流産の関係

スレッド
411. 「免疫力」アップと流...
「免疫力」が高いと流産する
わけではありません。

「免疫力」を正常に高く保つことは
身体にも胎児にも良いことです。


ちょっとややこしい話ですが、
正常な免疫系では、
自動調節する機能があるのです。

子宮のなかでは、
卵の発育に不可欠な胎盤になる細胞を
免疫細胞が中心となって
調節して育てているのです。


一般的に言う免疫力が高い方は、
免疫系がバランスよく維持されていますが、

不妊(着床障害)・不育で
心身のバランスを崩している方は、
免疫系が
アレルギー的な攻撃性を持ち、
同時に、
胎盤になる細胞を増やす機能を
低下させていることがあるのです。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

410. 繰り返す失敗

スレッド
410. 繰り返す失敗
流産を繰り返したとき、
また、
体外受精の卵を移植しても
繰り返し失敗したとき、

何かに不信感を感じたら、
勇気をだして、
現在の環境を変えてみてください。


繰り返す失敗には、
必ず何かわけがあるはずです。

もちろん、
偶然の運命による確率もありますが、

繰り返すごとに、
ストレスによる原因や
免疫の不具合による原因が
発生してくるのです。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

409. 「想定外」 出来事への受け入れ度

スレッド
409. 「想定外」 出来事へ...
当院の生殖精神分析の検査のなかで、
5つの不安の感情のひとつである
「想定外出来事への受け入れ度」
の程度が分析できます。


妊娠すれば子供は生まれるものだ
と、当たり前のように思っていた方、

体外受精すれば妊娠して出産できる
と、思っていた方、

そして、
それをまさか繰り返すなんて
考えてもいなかった方は、

「想定外出来事への受け入れ度」
が弱っている可能性があります。


そうすると、
次回の妊娠(移植)時、
失敗できないという緊張感が強くなり、
かえってうまくいかなくなってしまいます。


こんな方へ言いたいことは、
自然界の中でも人間界の中でも、
「想定外」 なんてないという真理です。

完全に想定することなんてできません。

びっくりするようなことが起こっても、
時間の経過のなかで、
なんとか納得するようにして、
これからは覚悟もして、
自分を見失わず、生きていきましょう。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

407. 感情をなだめる

スレッド
407. 感情をなだめる
不安、緊張、抑うつ という感情は、
人間という高等動物の特質です。

感情はときどき 暴走 します。

感情という 「駄々っ子」 を、
いつも理性で抑え込むこと
ということはできませんが、
なだめる
ことはできます。


妊娠すると不安が強くなり、
疑心暗鬼になる方は、

自分の感情という駄々っ子を
なだめてみてください。

子供をあやすように。。。


感情は、
自分の中の
もうひとりの子供
のようなものだから。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

405. 神だのみ

スレッド
405. 神だのみ
がんばって、
かんばって、
最後は 「神だのみ」。

人生って、
多くの事が思うようにはいきません。

がんばることは大切ですが、
「神だのみ」 も大切です。

赤ちゃんは神様からの授かりもの、

「神だのみ」 の心境になることは
いいことだと思います。


最後は神様に おまかせ です。


#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

404. 安心させるドクター

スレッド
404. 安心させるドクター
診察して、
10%の可能性で心配事があっても、
90%の大丈夫という可能性を信じて、
不安をできるだけ小さくするよう
お話しできるドクターが、
不育症、着床障害の方には特に必要です。

今の状態をわかりやすく説明でき、
患者様が納得して、
そして、覚悟もできることが

支持的精神療法となるからです。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

403. 今度の日曜日に講演会

スレッド
403. 今度の日曜日に講演会
平成27年12月20日(日)、

14時から15時30分まで、
三重県立看護大学 (津市)
講義棟2階  多目的講義室にて、

三重県不妊専門相談に関する事業
の一環として、
一般の方向けに、

「不育症について理解を深めるために」

というテーマの講演会の講師を
私が引き受けました。


ご関心と、お時間がある方は、
参加してみてください。

連絡先は、
三重県立看護大学
TEL 059-233-5600(代)です。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

402. 心配させるドクター

スレッド
402. 心配させるドクター
ドクターの習性として、
まず最悪の病気を想定します。
悪いところを見つけようとします。

悪いところを見つけることが仕事だからです。

たとえば、診察して、
90%の確率で問題はないと思われても、
10%の可能性で心配がある場合、

その10%の心配事を
強調して説明することがあるのです。


不育症や着床障害の方は、
身体の異常以外に、
心の痛みを持っており、

心配事を強調されると、
心がさらに不安定となり、
かえって
その不安が新たな心的流産原因を
作ってしまう事があるのです。


移植後、あるいは
妊娠成立後の約一か月間は、

心配させるドクターではなく、

安心させるドクターが必要です。


#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

401. アスピリンを飲んでいれば問題ない?

スレッド
401. アスピリンを飲んでい...
アスピリン(小児用)を飲んで、
また、流産して、
流産物の染色体検査で異常なし
ならば、
「アスピリン治療ではダメ」
ということです。

アスピリンを飲んでいれば大丈夫
ということは、ありません。

アスピリン飲んでダメならば、
他に治療がないように
言われていませんか?

アスピリン治療は、
不育症、着床障害の治療の中の
ほんの一部に過ぎません。


心身両面から、
子宮内の環境を調べて、
それを整えることが大切です。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

400. 着床障害へのハリ治療

スレッド
400. 着床障害へのハリ治療
胚移植が何回も不成功ならば、
本当に卵だけの問題なのか?
当然のこととして疑いたくなります。

米国での着床前スクリーニング(CGH法)
の研究報告では、
移植前の卵の全染色体検査結果で、
顕微鏡的検査での良好胚の
約60~70%が染色体異常卵
という結果です。

確かに顕微鏡的検査での良好胚の
多くが、実は卵の異常ですが、
3回以上移植不成功ならば、
すべてが卵の異常による確率は
約30%です。


そんな着床障害の可能性がある
患者さんに、
ハリ治療をすると、
妊娠率が上昇したという結果が
報告されています。

2013年のAcupunct Med 31; 157-161
という医学専門誌に発表されています。

内容は、前方視的無作為比較臨床試験で、
採卵前と移植後にハリ治療が行われた群では、
統計的有意に
妊娠率が高かったという結果です。


本当に効果があるのかどうか?
効果があるとしたら、なぜなのか?


まだ、不明な点が多いですが、
確かに、
ハリ、マッサージ治療は、
血行を良くしますし、
メンタル的にも癒す効果がありますので、

ハリ、マッサージ等により、
気分と身体の調子がいいならば、
治療効果はあると思います。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ