記事検索

561.胚と子宮免疫細胞との交流

スレッド
561.胚と子宮免疫細胞との交...
胚は半分夫由来ですから、
母体細胞とは違います(半分異物)。

そんな中で、
胚由来の絨毛細胞(胎盤になる細胞)と、
子宮内の母体免疫細胞は、
多くのメッセージ物質を
分泌して、
お互いに交流していることが
わかってきています。

そのメッセージ物質により、
絨毛細胞の増殖が促進し、
血管の新生が起こっているのです。


神秘的です。


母体が寛容な状態のとき、
母体の免疫細胞も寛容な状態になり、
新しい命を
受け入れられるのでしょう。


ピリピリしていたら、
アレルギーが起こりやすいように、
胚を攻撃してしまいます。

悲観的になり過ぎていたら、
胚を育てるメッセージ物質が
減ってしまいます。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ