記事検索

ブログスレッド

  • 557.流産した 「子」

557.流産した 「子」

スレッド
557.流産した 「子」
メール相談で
よく 「流産した子」 「死産した子」
という言葉に出会います。

その言葉には、
深い深い慈愛を感じています。

日本の法律では、
胎児は「子」として
解釈されていません。

胎児は、出生して初めて
法的な権利能力を持つからです。


医学・発生学的には、
妊娠10週以降の
母体の子宮内にある児を
胎児と言い、
それ以前を胎芽と言い、
出生後28日までの時期にある児を
新生児と言います。


人間社会のなかでの
法的な出来事のとらえ方ではなく、
尊い生命としてとらえれば、

出生できた子と、
出生できなかった子の間に、
どんな違いがあるのでしょうか?


同じだと思います。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ