記事検索

ブログスレッド

  • 536.着床前スクリーニングについて(3)

536.着床前スクリーニングについて(3)

スレッド
536.着床前スクリーニングに...
着床前スクリーニング(PGS ;
preimplantation genetic screening)
という受精卵検査は、
細胞の核の中の染色体という
遺伝子の量を調べる検査であり、
昨年(2017年)、米国の学会では、
PGSという名前を、
PGT-A ;
preimplantation genetic testing for aneuploidy)
と、改名しています。
日本語的に言えば、
着床前遺伝子(異数性)検査でしょうか?

偶然的な染色体の数の異常のある
卵子や精子によって、
受精卵が発生したり、
正常受精卵が
倍々で増えていく(減数分裂)過程で、
分裂異常により
偶然的な染色体の数の異常を
起こした場合、
数的染色体異常のある受精卵
になるのです。


偶然の染色体異常の受精卵は、
年齢とともに(特に卵子側により)、
その発生率が増加していきます。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ