記事検索

535.着床前スクリーニングについて(2)

スレッド
535.着床前スクリーニングに...
着床前スクリーニングが
最も頻繁に行われている米国では、
すでに10年ぐらいの実績があり、
6万人以上の赤ちゃんが誕生している
ようです。

米国では、
生殖遺伝子検査を専門とする企業があり、
日本も含めて、
世界中に代理店があります。

日本でもすでに行われている
非侵襲性出生前遺伝子検査
(新型出生前診断;
胎児の偶然的染色体異常の
13, 18, 21トリソミーの有無)も、
採取された母体血液が
米国へ空輸されて
検査されているのです。

ですから費用は高額で、
約15~20万円です。


着床前スクリーニングの検査は、
現在、米国では、
アレイCGH法より精度が高く、
染色体モザイク異常までわかる
NGS法が、
すでに一般化されていますので、
日本でも検査許可がでれば、
代理店を通じて、
米国に検査依頼されるのでしょうか?


着床前スクリーニングの検査の費用は、
胚盤胞一つにつき、約8~10万円も
かかるようです。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。
#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。