記事検索

497.軽い炎症は妊娠に良い!?

スレッド
497.軽い炎症は妊娠に良い!...
人間の受精卵が卵管でも妊娠できるのは
トロフィニンという接着因子が
関係しているようです。

受精卵がトロフィニンとhCGホルモンを
放出し、その刺激により、
接着する(普通は子宮内膜)部位
からもトロフィニンと
炎症シグナルのひとつのIL-1βが発現して、
強力な接着が起こるようなのです。


炎症の良い面として、
今年の5月には
普通は増えない心筋細胞が
炎症から回復する過程で
増殖することを
マウスの実験で解明したと、
大阪大のチームが発表しています。

2012年には、
イギリスの研究チームが
着床障害の実験的治療として、
移植前に子宮内膜をひっかく(スクラッチ)と
妊娠する確率が高くなる可能性があると
報告しています。


当院ブログNo.432 で紹介しました
「インフルエンザ予防接種は死産を防ぐ」
という内容も子宮内膜の炎症シグナルと
関係しているのかもしれません。

また、当院のピシバニール免疫療法の
理論的背景とも関係していると
考えられます。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ