記事検索

463.「情理」の生殖医療が大切

スレッド
463.「情理」の生殖医療が大...
「理」づめの医療は基本的に最も大切です。

ただ、理論的根拠には、
時間とともに変わってくことがあるのです。

さらに、
その対象の人の全体像は 
「理」づめだけでは 
なかなか理解できません。

「情」があるからです。


生殖医療にとっては、
特に、
「理」と「情」から診ることが、
極めて重要だと思っています。

不育症と着床障害の治療には、
心身両面からのアプローチが
非常に有効なのですよ。


ブログNo.197も参照してください。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ