記事検索

461.潰瘍性大腸炎と流産

スレッド
癒される時間が大切です。 癒される時間が大切です。
先日、一日に3名の潰瘍性大腸炎
の方が不育症の検査と治療のために、
来院されました。

以前より、潰瘍性大腸炎を合併した
不育症の方が多いと感じていましたが、
その日はさすがに、おどろきました。

主な症状は下痢と腹痛です。
原因不明な大腸粘膜の炎症ですが、
遺伝、環境、ストレス等の影響で
大腸内の免疫細胞が
過剰に免疫反応を起こしてしまう
ことが原因ではないかと
考えられています。

不育症や着床障害においても、
メンタル異常と免疫異常の
両面からの原因が
難治性の方に多く存在している
と感じています。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ