記事検索

455.卵が主役?

スレッド
455.卵が主役?
約40年以上前までは、
流産の原因は、
ほとんど卵(受精卵)の異常によるもの
と、考えられていました。

原因は卵がすべて(主役)のように
考えられていたのです。

現在では、
流産した胎児の染色体を
検査できますので、
卵が正常なのに流産することも
良くわかってきています。

つまり、
子宮内の環境による流産です。


体外受精・胚移植の不成功も
同じです。

不成功の原因は
卵がすべて(主役)ではないのです。

米国では、
「着床前スクリーニング」 という検査で、
移植前に
卵(胚盤胞)の染色体をすべて検査できます。

モザイクもありますので、
100%正確ではないのですが、
かなりの確率で正常な卵を
選択できるのです。


「着床前スクリーニング」 をした
卵を移植しても、
不成功が繰り返される場合も
よくあるのです。

それは、
子宮内の環境による不成功です。


#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ