記事検索

447.不育症と着床障害のポイント解説(25)

スレッド
447.不育症と着床障害のポイ...
アスピリン、ヘパリンでもだめなとき



過去の治療の方法を、
ちょっと、考えてみてください。

検査結果がどうであったか
は、別にして、

アスピリン治療、ヘパリン治療しても
不成功であった場合、
同じ治療を繰り返すよりも、
別の治療方法が
有効である場合が多いのです。

特に流産絨毛の染色体検査で
正常だった場合は、
ほぼ、同じ治療では効果がないことを、

流産した赤ちゃんが教えてくれている
と、考えてください。


ストレスが強いようであれば、
ストレスが
赤ちゃんに栄養を与える血管を
細くしてしまい、
また、
ストレスが
赤ちゃんを攻撃してしまう細胞を
増やしてしまうのです。


生殖に関するストレス検査や、
同種免疫検査の結果を見て、

精神治療や、
免疫治療が有効な場合が多いのです。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ