記事検索

370. 卵子を再生するミトコンドリア補充療法

スレッド
370. 卵子を再生するミトコ...
卵子を再生させられるミトコンドリア補充療法
についての記事が、今年の3月、
権威ある米国医学誌「サイエンス」に
発表され、話題になっています。


43歳以上になり、
胚盤胞まで育ちにくく、
さらに、着床前スクリーニング(CGH法によるPGS)
した結果、なかなか良好胚ができない場合、

現在の実際的な治療法のひとつとして、
卵子提供が
米国やタイ等では行われています。


ブログNo.347の中で書いたように、
今年の2月に、
イギリスでは卵子の核移植が合法化されました。

難病のミトコンドリア病に限った合法化ですが、
その技術は、将来、
老化した卵子を再生する治療として
認められるかもしれません。


核移植とは、つまり、
細胞核から見れば、細胞質の入れ替えですから。


米国では、核移植ではなく、
ミトコンドリアそのものを補充する治療が
研究され、臨床実験されているようです。
そのための企業もあるようです。


ミトコンドリアは細胞内のエネルギー源ですから、
老化した卵子に若い人のミトコンドリアを補充すれば、
卵子が再生されるのです。


ミトコンドリアの遺伝情報量は
1~2%程度らしいですから、
卵子提供の場合は、
ご夫婦の遺伝情報量の50%が
他人(第三者)ですが、

ミトコンドリア提供の場合は、
ご夫婦の遺伝情報量の1~2%程度が
他人になるわけです。


ただ、 アメリカ食品医薬品局(FDA)は、
現在、ミトコンドリア補充療法を禁止しています。


このように、卵子や受精卵については、
細胞レベル、遺伝子レベルで研究や臨床実験が
盛んにおこなわれています。
しかし、
その卵を育てる子宮内環境については、
ご本人の心身両面のいろいろな因子が
関与していますから、
なかなか本当に難しいのです。
#ミトコンドリア

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ