記事検索

285. 善玉NK細胞と悪玉NK細胞

スレッド
285. 善玉NK細胞と悪玉N...
妊娠の成立と維持のためには、
善玉NK(ナチュラルキラー)細胞
が活躍しているんですよ。


子宮内膜には、
善玉NK細胞がたくさんあって、
いろいろな物質を出すことにより、
胎盤になる細胞の浸潤を調節しているのです。
また、
新しい血管の構築にもかかわっていますよ。
ですから、
善玉NK細胞は妊娠の維持から見て、善なのです。


一方、悪玉NK細胞は、
主に、普通に採血する血液の中にあり、
自分以外の異物的な細胞を壊してくれています。
ですから、
自分にとっては非常に大切な細胞なのです。

ただ、
胎盤になる細胞は半分が旦那さん由来ですから、
半分異物でもありますので、
悪玉NK細胞は妊娠の維持から見れば、悪なのです。


そこで、
着床障害や不育症のひとつの原因として、
子宮内膜の
悪玉NK細胞の増加と、
善玉NK細胞の減少が
大きなキーになっているのです。
#免疫

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ