記事検索
ハッシュタグ「#スタッフのご案内」の検索結果21件

スタッフ紹介㉑♪

スレッド
今日は、当院の献立を考えてくれている管理栄養士の松井さんを紹介します(^^)

「私はお料理をするのが好きで、また食べることが好きで栄養士となりました。
患者様に喜ばれるものは何だろうか・・・と、厨房スタッフとともに「新しいメニューの考案」に奮闘しております。月に1度の給食委員会では、入院された患者様のお食事が、より良いものになるよう、盛り付けや食事内容を吟味しております。皆様から頂く、「おいしかった」「入院中の楽しみだった」「素敵な産婦人科だった」というコメントが何よりの励みです。
業を終えた直後の数日間が至福の時間として過ごせるようにサポートしていきたいと思っております。
私自身、二人の子を出産いたしましたが、その時の気持ちを大切に・・・患者様の立場になったサービスができるよう頑張ってまいります。」

松井さんは、いつも女性らしい細やかな心配りの一方で、大胆な発想もあり、当院の食事もどんどん進化しております(^^)
部屋番号の可愛いプレートは、なんと!松井さんの手作りです♪
できる女性は、何でもできるのだな~と思いました!
お料理と工作って、確かに通じるものがありそう(*^_^*)
これからも、どんな提案をしてくれるのか、わくわくしています♪
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑳♪

スレッド
今日は、いつも美味しい食事を作ってくれている、厨房スタッフの赤堀さんを紹介します(^^)

「皆様初めまして。厨房スタッフ、調理師の赤堀と申します。
浅桐産婦人科で働かせていただくようになって1年の、まだまだ新人です。
以前は、総合病院や老健施設で同じ調理師の仕事をしていました。
産科勤務は初めてなので、日々勉強の毎日です。食事やおやつの献立を立てたり、新メニューを考えたり、新しい調理方法を勉強したりと、少し時間に追われている感はありますが、毎日とても充実しています。
そして、他の厨房スタッフもそうだと思うのですが、私には秘かな楽しみがあります。それは、お食事を直接お部屋へ持って行かせていただいておりますが、母児同室ということもあって、産まれたばかりの赤ちゃんの寝顔や泣き声に触れられるということです。そして、そんな赤ちゃんを見守っているお母さん達の何とも言えない笑顔。素敵な表情に、私自身癒されっぱなしです。
そんな産後のお母さん方の栄養面でのサポートを1番大事にしつつも、やはり女性の大仕事、出産直後には普段とは少しだけ違った、豪華で心の込もった食事&おやつ作りを心がけて、「浅桐産婦人科の食事は最高!!」と入院された皆さんに思っていただける様に、これからも頑張っていきたいと思っています!
食事やおやつのことで何かありましたら、気軽に声をかけてください。これからもよろしくお願いします。」

厨房スタッフの皆さんは、本当に研究熱心で、食事やおやつを、患者様により一層喜んでいただけるように、栄養バランス、新しいメニューの考案、調理方法、切り方、盛り付け方など、いつも考えてくださいます。
赤堀さんは、可愛い食器や料理が映えそうな食器など、色々な所に足を運んで探してくれたりと、とっても頼りになる存在です♪
皆様よろしくお願いします(^^)
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑲♪

スレッド
今日は、厨房スタッフの松本さんを紹介します♪

「浅桐産婦人科で働き始めて1年が経ちました。以前は老人ホーム内の厨房で働いており、はじめは全く違う内容や初めて病院に勤めるということに少し不安もありました。しかし、そんな不安もすぐに消え、お母さんと母乳をもらってスクスクと育つ赤ちゃんの健康を支えているということにやりがいを感じるようになりました。そして日々、より良い食事を!と厨房スタッフ一丸となって創意工夫を凝らして頑張っています。
退院時に患者様から「美味しい食事をありがとう」と言ってもらえた時は、とても嬉しいです。また喜んでいただけるように頑張ろうと励みになります。短い入院期間ではありますが、これからも食事の面でサポートさせていただきたいと思っています。」

松本さんは、仕事の時はメガネをかけ、厨房の制服を着て、衛生面への配慮から髪は帽子の中に全部入れています。それが・・忘年会の時などは、メガネを外し、ロングヘアーをおろして、お洒落な私服で来るものですから、こんなに若くて可愛い人いた??と誰だかわからず驚きます(笑)
いつも患者様とスタッフに美味しい食事をありがとうございます。これからもよろしくお願いします♪
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑱♪

スレッド
今日は、厨房スタッフの松尾さんを紹介します(^^)

「私は、調理師の専門学校を卒業し、旅館で板前として働いていましたが、3年前に結婚を機に退職し浅桐産婦人科で働き始めました。
料理をするのは昔から好きでしたが、やっぱり誰かに「おいしい」と言ってもらえるのは嬉しいものです。
患者様に喜んでいただけるような食事を毎日作っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。」

有名な料亭での経験がある松尾さんの、細部までこだわった料理や盛り付けはさすがです。味はもちろん、目でも楽しめる料理を患者様にお出ししたいと毎日奮闘してくれています。皆様どうぞよろしくお願いいたします♪
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑰♪

スレッド
久々のスタッフ紹介です(^^)
2015年のトップバッターは、助産師の野中さんです♪

「私は中学生の頃に、看護師よりも“おめでとう!!”とたくさん言えそうな助産師になりたいなぁと思い、なんとか資格をとりました。そしてこの仕事をはじめて20年が過ぎています。慣れるということはなく、毎日新しい気づき、学びがあり、何よりもたくさんの喜び❤があり、続けられていることが本当に嬉しいです。
仕事をしていての新しい気づきと学びは、自分の妊娠・出産・子育てでもあります。
私の妊娠・出産は、教科書で学んだものとは違いました。切迫流・早産で仕事を休みました。破水に気付かず入浴してから入院しました。お産の痛みがつらくてつらくて歩き回っていました。やっと産まれてきてくれた子どもの産声をすぐに聞くことができず、人生の終わりを感じましたが、泣き声が分娩室に響いたときは、とても嬉しかったです。
こんな私の妊娠・出産のストーリーは、十人十色の経過があるんだということを実感させてくれました。
子育てがはじまると、おっぱいを吸ってくれる子どもに癒され、楽しい日々でした。その子どもも7歳になっています。今ではかわいいだけではないのですが、毎日があわただしいけど楽しいです。
自分の経験から“妊娠・出産・子育ては十人十色”この言葉をみなさんに伝えながら、何か少しでもみなさんのお役に立てることができたらなぁと思っています。
これからもよろしくお願いします。」

とっても明るく、はつらつとしている彼女は、どんなことでも瞬時に面白くしてしまいます。一時期関西に住んでいたことがあるそうなので、笑いのセンスが磨かれたのでしょうか(笑)
野中さんが分娩介助したら・・楽しく笑いながら出産できるかも!?
20年のキャリアがあるベテランです。おっぱいの専門の資格も持っていますので、何でも質問してくださいね!皆さまどうぞよろしくお願いいたします♪


#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑯♪

スレッド
今日は、当院でのキャリアも10年目となったベテラン医療事務スタッフの田邉さんを紹介します。

「就職した時は、医療事務の資格が取れたばかりでした。それまで一般事務や販売の仕事しかしたことがなく、医療事務の仕事は未経験だった私を採用していただきました。母が病院で事務をしていたので、こんな仕事と漠然なものはありましたが、実際働いてみると命に直接かかわる医療現場での仕事だけにいろいろと大変ですが、その分やりがいもあります。

やっと授かったわが子の妊娠がわかった時、今もですが当時も太っていたので、主治医の先生に「太っていると赤ちゃんの通り道になる産道が狭くなって、赤ちゃんがしんどくなるから、これ以上体重を増やさないでね。」と言われました。これは大変!!と思い、妊娠期間中+1Kgで体重をおさえるようになんとか頑張りました。それでもやはり赤ちゃんにとってはしんどかったみたいで、他院でのお産でしたが陣痛も弱かったこともあり、私の上に助産師さん・看護師さん・そして当時出産に立ち会っていた主人の3人が私の上に乗っかっての分娩となりました。超難産でしたが、無事に元気に産まれてくれて良かったです(涙)

そうやって生まれてきた一粒種(親に似て大粒ですが・・・)のわが子も高校2年生になりました。仕事をしながらの子育てということもあり、自分自身の子育てはあっという間でしたが、患者様のお子様の成長を見させていただいていると、「うちの子もそうだったなぁ」と思い出させていただくこともあります。

私自身もそうでしたが、妊娠・出産・子育てと色々と不安になることも多いと思います。なかなか至らない事も多いと思いますが、そんな皆様の不安を少しでも取り除けていけたらと日々頑張っておりますので、これからもよろしくお願いいたします。」

医療事務は求人を出すと、かなりの人数の応募があります。田邉さんが就職した当時も、びっくりする程沢山の応募がありました。大手百貨店での接客の経験があった彼女は、素晴らしい接遇が身についており、大勢の中でも大変印象に残りました。ソフトな印象も医院の受付に向いていると思い、若い人、スレンダーな人を抑えて採用になりました(笑)
前職で培ったスキルを生かして、患者様に丁寧に優しく、今では4名となった医療事務スタッフを先頭に立って引っ張ってくれる頼もしい存在です。皆様よろしくお願いいたします♪



#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑮♪

スレッド
今日は、受付の岡田さんを紹介します♪

「結婚も出産もまだで、婚活中です。身長が低いので、今だに子供と間違えられることもありますが、毎年の健康診断で少しずつ背は伸びているので、まだまだ成長期です。身長は低いけど、体重はそこそこあり・・・食べ過ぎて妊婦さんに間違われたこともあります(笑)
産婦人科の受付という仕事をするようになってから、身長が低く体重が重いと分娩時のリスクが高くなることを知り、将来のことを考えてちょっと痩せないとな・・と思っています。
毎日、受診される皆様の幸せそうな妊娠ライフを見させていただいていると、「私も早くあやかって授かりたいな。いつか私もわが子に会う日がくるのかな?」と、とても楽しみになります。

医療事務の資格を取得したきっかけは、母に勧められたからですが、医療事務の仕事を通じて色々なことを勉強してみると、自分の知らない事を学ぶことは、とても楽しく、もっと知識を広げたいと思うようになりました。

医院の受付として、いつも笑顔を忘れず、受診される皆様が思う前に、こちらから声をかけるように心がけ、遠慮なく何でも言っていただける受付であるようにと、日々頑張っています!」

医院や受付がより良くなるようにと、いつも考えてくれている岡田さんです。細かい事にもよく気が付き、整理整頓が得意。しかも年齢よりかなり若く見えますので、いい奥さんになれると思います(^^)どうぞよい方に巡り合えますように♪皆様よろしくお願いいたします!←婚活ブログなってしまいました(笑)
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑭♪

スレッド
今日は、受付の安原さんを紹介します(^^)

「私が浅桐産婦人科に勤めるようになって丸2年が経ちました。
これまでは、販売業での接客しか経験がなく、受付ではございますが医療現場ということで、日々緊張感を持ち、勉強しながら今日に至ります。

実は私、当院で2人の女の子を出産しています。長女は逆子が9か月に入ってもなおらず・・(涙)頑張って体操したり、寝る体勢も注意していたのですが全くだめでした。しかもそのまま破水!!!緊急帝王切開での分娩でした。手術になって、すごく不安でしたが、看護師さんがずっと手を握ってくださり、ずっと声をかけ続けてくれたので、徐々に恐怖心が消えて頑張ることができました。娘に会えた瞬間、鳴き声を聞いた瞬間、ただただ無事に産まれてきてくれた事に感謝感激でした。
赤ちゃんという存在って、本当に不思議で、パワーってすごいなぁといつも感じます。

こちらで働くようになり、子供を授かることの奇跡、無事にお腹の中で成長して産まれてきてくれることが、当たり前ではないことを改めて実感しています。

当院に来られる方を元気に笑顔でお迎えして、少しでも不安な気持ちを和らげることができたらと思います。
至らない点も多々あると思いますが、本人至って一生懸命です。
よろしくお願いいたします。」

彼女は、2人の子持ちとは思えない可愛らしさで、受付にて皆さまをお迎えしております。当院に来てまだ2年ですが、色々な才能をもっているような・・大きな可能性を秘めている予感がしています。
皆さまよろしくお願いしたします。
#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑬♪

スレッド
今日は、受付の尾瀬さんを紹介します(^^)

「私は、浅桐産婦人科に就職して8年目になります。
2人の娘が小1と年中の時に医療事務の資格を取得し、採用していただきました。何の経験もなく、ゼロからのスタートでしたが、医院の受付という立場で患者様のお役に立てることに日々喜びを感じながら頑張っています。

長女の妊娠の時は、切迫早産で1週間入院。次女の時にも前置胎盤・切迫流産で、起き上がることも寝返りもダメという絶対安静で3週間入院しました。24時間寝たままで過ごし、食事も寝たままで凄く辛かったのを覚えています。でも、先生に「大丈夫、赤ちゃん、お母さんのお腹にしっかりしがみついていますよ。」と声をかけていただき、「この子を守らなければ」という気持ちで頑張れました。


つい先日、中3になった長女に「私を産んだ時って、どんな風に痛かった?」と聞かれました。「とっても痛かったと思うけど、赤ちゃんに会える喜びの方が強くて、嬉しかったことは覚えているけど、痛かったことは、あまり覚えていないのよ」と答えました。妊娠中は、妊婦健診日記をつけて、エコー写真を貼ったり、その時の気持ちをお産まで記しているので、大きくなった娘たちに見せてあげようと思います。

浅桐産婦人科で仕事をするようになり、色んなお産があることや、たくさんの方が不妊治療で頑張っておられることを知りました。私たち事務員は、看護師さんや助産師さんのように直接的に患者様のケアをすることはありませんが、元気な赤ちゃんが授かりますように、無事出産できますように、私にできる関わり方で、少しでも患者様のお役に立つことができたらと思っています。」

とっても真面目で誠実な尾瀬さんです(^^)
どんな時でも、同じように穏やかに対応するということは、簡単そうで意外と難しいものですが、彼女はそれができる人です。何度同じことを聞かれても、決してキレたりしません(笑)
皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪

#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

スタッフ紹介⑫♪

スレッド
久々のスタッフ紹介です(^^)!
今日は、外来・病棟両方で活躍している助産師のAさんを紹介します♪

「はじめまして、助産師のAです。私が浅桐産婦人科に就職して3年目となりました。

私は至って真面目なつもりですが、かなりの天然とよく言われる(自覚はあります)、アラフォー、中学3年生&小学生の2児の母です。

看護師になったのは、中学生の頃に母親が生死をさまよう大病をしたことがきっかけで、高校の衛生看護科に入学と同時に、看護師の見習いとして働きながら病院寮での日々を過ごしたのがはじまりです。

助産師になったのは、双子として生まれ 幼い頃から生命の不思議を感じ続けていたこともきっかけで、神秘的な産科に魅了されたためです。

ここに(助産師)たどりつくまでには何度も浪人を経験し、簡単な道のりではなく、今の私があるのは両親・先生・友達、関わった色々な人たちの支えがあると感じています。

私自身のお産は、経膣分娩&帝王切開ともに経験がありますが、お産ではかなりの絶叫ぶりで、かなり恥ずかしい出産でした(笑)

助産師を職業にしていても 子育ての悩み・不安は尽きず、空回りして反省ばかりの日々ですが、皆さんと身近に育児や色々な事を語り合えるといいな~と思っています。

就職して数ヶ月経過した頃、以前から興味のあった助産師外来での超音波エコーを浅桐先生に教わり、現在は時間に追われながらも妊婦さんと貴重な時間を実感しながら外来を中心に病棟も時々頑張っています。

これからも 産婦人科医療・看護に微力ながら関わっていけたらと思います。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。」

天然!?いえいえ“自然体”ですよ(笑)
苦難の道もあきらめず、夢を実現した助産師Aさんに分娩介助してもらったら、パワーが貰えそうですね!
助産師さんでも出産時に絶叫!?いいじゃないですか!これからご出産の皆さんも、叫んだっていいんです。お産も自然体で臨みましょう(^^)
温かい人柄が外見ににじみ出ているAさんです♪どうぞよろしくお願いします!



#スタッフのご案内

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/3 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. >
  6. >>