記事検索

22.平成26年、インフルエンザワクチン接種について

スレッド
22.平成26年、インフルエン...
インフルエンザワクチンの接種時期について、
現在、妊娠待ちの方、あるいは、
ワクチン接種の予約後に妊娠が判明された方は、
接種すべきかどうか非常に迷われることと思います。

当院の見解としては、
その有益性と危険性から考えて、
よほど全身状態が悪くない限り、
接種したほうが良いと考えています。


その理由として、
1)現在、日本で使用されるインフルエンザワクチンは、
生ワクチンではないので、理論的に母児に対して問題はありません。

2)妊娠初期のインフルエンザワクチン接種により、
流産や先天異常の発生リスクが、接種しない一般妊婦さんに比べて、
高くなったという研究報告はありません
(2012.2.11、本邦の国立感染症研究所の報告より)。

3)仮に、妊娠初期にインフルエンザウイルスに感染した場合、
妊婦さんは免疫力が低下しているので、
その症状が重症化する危険性があり、さらに、
胎児への悪影響が容易に想像されます。

4)米国疾病予防局【CDC】ガイドラインでは、
インフルエンザのシーズン中であれば、
妊婦である女性のインフルエンザワクチン接種を
妊娠週数に関わらず推奨しています(2012.2.11)。



何かご不明な点があれば、クリニックにお電話してください。
電話番号は、052-733-2198 です。

月曜日、火曜日、金曜日、土曜日の
朝9時30分より午後1時頃までと、
午後3時より午後6時頃までに
お電話してください。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ