記事検索

23.平成27年 冬、インフルエンザについて

スレッド
23.平成27年 冬、インフル...
インフルエンザは、主に冬に流行する
インフルエンザウイルスによる感染症です。

今年はその流行が早そうです。

症状は、38度以上の発熱、頭痛、関節痛等です。

一般の「かぜ」と区別がつき難いので、
疑ったら、
近くの内科を受診してください。

「迅速診断キット」により即、わかります。


もし、妊娠初期に
インフルエンザに感染してしまったら、
抗インフルエンザ薬(タミフル)を服用したほうが
良いと思います。

なぜならば、
1)服用しないと、
妊婦は重篤な合併症を起こしやすく、
さらに、胎児への悪影響が容易に想像されます。

2)また、抗インフルエンザ薬の胎児への
催奇形性は否定的であるからです。
(産婦人科診療ガイドライン産科編2014より)


予防としての
インフルエンザワクチン接種については、
妊娠されている方であっても、
心配ならば、
よほど全身状態が悪くない限り、
接種したほうが良いと思います。

なぜならば、
1)現在、日本で使用されるインフルエンザワクチンは、
不活化ワクチンであり、理論的に
母児に対して問題はありません。

2)妊娠初期のインフルエンザワクチン接種により、
流産や先天異常の発生リスクが、
接種しない一般妊婦さんに比べて、
高くなったという研究報告はありません。
(2012、本邦の国立感染症研究所の報告より)

3)米国疾病予防局【CDC】ガイドラインでは、
インフルエンザのシーズン中であれば、
妊婦である女性のインフルエンザワクチン接種を
妊娠週数に関わらず推奨しています。
(2012)


何かご不明な点があれば、
診療時間内にクリニックへお電話してください。
電話番号は、052-733-2198 です。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ