記事検索

ゴールドコーストに移動

スレッド
レインボービーチからブリスベン... レインボービーチからブリスベンに戻ります。250km道中、信号は一カ所のみ。レインボービーチ出発から30分後、左右は植林された松林。僕にとって松林というのは傾斜地の「山」に生えているもんだ決めつけていた。しかしここの松林はダ~ッと平地。そこにきっちり整然とした松林。松の木を作る「工場」に見えた。 ブリスベンまで20km。交通量... ブリスベンまで20km。交通量がドンと増えた。ピックアップトラックが多い。 南進250kmでブリスベン空港... 南進250kmでブリスベン空港をかすめ、ゴールドコースト手前で西進に変え、さらに70kmうねうね山道を走り、最初に訪問した飛行エリアは「Mt.Tambourine」。
予想通り、後ろ風強風で飛べない。パラ屋はだれもおらず、見晴らしの良いテイクオフの芝は、カップルに横取りされていた。
Mt.Tambourine か... Mt.Tambourine から20kmばかり南進。ここもマウント・タンブリンと同じ管理者(Canungra Hang Gliding Club)だ。地名は「Beechmont-Rosin's Lookout」。風向きはバッチリながら、強風。 2人のパラパイロットが風待ちを... 2人のパラパイロットが風待ちをしていた、けど風速が落ちる気配まるでなし。風待ち中のMr.Robert Stewart はとても親切なおじいさんで、ここを飛ぶ為の臨時クラブ員登録の仕方をアドバイスしてくれた。 グダグダと駄弁っているのは日本... グダグダと駄弁っているのは日本と同じ。
親切な皆さんに「じゃあ、明朝9時に」と言って、またグネグネ山道3を30kmゴールドコースト市内のモーテルに下った。
テイクオフ、道路挟んだ所にはお... テイクオフ、道路挟んだ所にはお茶屋さんがある。ドライバーやバイカーの絶好の休憩所。 ゴールドコーストに移動
2018年2月17日(土)

ワオ!と言っているユーザー

レインボービーチ飛んだよ2

スレッド
僕の機影も海面に映っていますね... 僕の機影も海面に映っていますね。テイクオフから150m上昇すると沖合100m以上も出し、海上フライトを楽しみ、追い風を背負ってビューっとテイクオフに戻り、また高度を稼ぎ、今度はリッジにそって移動して、またテイクオフ戻る。今度はテイクオフの砂場に戻り、タッチ&ゴウ・・・次はトップラン、休憩。実に楽しいエリアだ。・・・しかし,、しかしだ・・・ このオゾンのZERO、うまいね... このオゾンのZERO、うまいね!見習うこと二つあった。一つはテイクオフ前のラインの管理、もう一つは海岸リッジのでの上昇風の捕まえ方。見事だった。 さっきの・・・しかし・・・の続... さっきの・・・しかし・・・の続きは・・・砂場でよほどうまくパラグライダーを扱わないと(地面を極力引きずらないように)砂がパラの中に入る。しかもその砂、きな粉みたいな細かさ。僕、只今砂出し中。今度ここに来る時は砂場専用機も持参しよう。 夕方、再度来てみた。誰も飛んで... 夕方、再度来てみた。誰も飛んでいなかった。しかし風紋が見事。 レインボービーチ飛んだよ2 誰も飛んでいない、と思ったら、... 誰も飛んでいない、と思ったら、なんと!彼、GT2の人。まだ飛んでいた!薄暗くなって来たのに。・・・あの~・・僕、後ろのパラの写真を撮りたいわけで、その美人さんを撮りたいわけじゃないのよ、お嬢さん。でもカメラの向く方向が同じだから勘違いされる事必至だなぁ。 今日の「締め」はこのジェラート... 今日の「締め」はこのジェラート屋。

ワオ!と言っているユーザー

レインボービーチ、飛んだよ!

スレッド
テイクオフのCalro-San... テイクオフのCalro-Sandbrowに急いで行けば、すでに2機が飛び、2機が地表で悪戦苦闘中・・・強風なのだ。・・そう言えばテイクオフに歩いて向かっているとき、身体の大きなおじさんがパラを持って引き揚げてきたな~ぁ。彼には風が強すぎたのだ。引き返す事も大事だ。 彼はミニパラで飛び立とうとして... 彼はミニパラで飛び立とうとしている。オゾンのZEROサイズは18
か?
僕も苦戦しながらも無事テイクオ... 僕も苦戦しながらも無事テイクオフ!背後の砂地がCalro-Sandbrow。テイクオフ&ランディング場。 目の前はパシフィックオーシャン... 目の前はパシフィックオーシャンだ! この海に鯨がやって来るのは9~... この海に鯨がやって来るのは9~11月だとさ。鯨を上空から見る事も普通だと。こんなリッジが15kmも続く。 飛んでいるオレンジ色は僕。トッ... 飛んでいるオレンジ色は僕。トップランの準備に入った。もう一機の赤いのは僕の機体の妹分、GT2-24だよ。彼、素敵な飛びを見せてくれた。 トップランして休憩中。わずかな... トップランして休憩中。わずかな日陰と砂が飛んでこない所を見つけて雑談。 今日の僕の飛びは終了。実に楽し... 今日の僕の飛びは終了。実に楽しかった!満足。しかしテイクオフが強風でとても難しかった。地元のパイロットの半分も、テイクオフをしなかった。僕が飛べたのも、渥美半島「空ともエリア」の練習の成果、間違いない、美奈子校長、ありがとう!
2018年2月16日(金)
午後2時に駐車場に行けばいいや、と思っていたら・・・正午過ぎにキャンピンググラウンド見物から町に戻ってみれば・・・おっ!パラが飛んでいる!
サクッとバナナを2本と水を買って駐車場に急ぎ、バナナを水で胃袋に収め、砂場のテイクオフに徒歩で急いだ。

ワオ!と言っているユーザー

キャンピンググラウンド

スレッド
早朝砂浜ジョギング、プールにド... 早朝砂浜ジョギング、プールにドボン、珈琲とバナナの朝食、そしてこのリゾートから北上20kmすると広大なキャンプ地があるという。この先のロータリーを右折。この辺りを走る車の八割は四輪駆動車。それもおしゃれ四駆でなく、ヘビーデューティーな本物(本当に四駆を必要とする場所で使う)だ。しかもそれぞれ個性的。 キャンピンググラウンドはどこも... キャンピンググラウンドはどこも砂地。しかも深い。本格的四駆じゃないと入れない。そして「キャンプサイトは何番のサイトへ」なんていう指定は全く見当たらない。各自自由意思で、自分のサイトを作る。トイレもシャワーも各自持参だ。 この上質なキャンピングカーも重... この上質なキャンピングカーも重量装備のTOYOTAランドクルーザに牽引されてこの砂地に収まっていた。 日本の「キャンプごっこ」の様な... 日本の「キャンプごっこ」の様な柔なものじゃない。皆さん個性的に野外生活の道具と知恵を工夫している様が良くわかる。本物だ!・・あこがれる、こんなキャンプに。 深い砂地を走行するには、タイヤ... 深い砂地を走行するには、タイヤの空気圧を限界まで減らしグリップ力を高める。そして一般道に出るとき、自前の電動空気入れでタイヤ空気圧も元にもどす。 話しかけたら気さくなおじさんで... 話しかけたら気さくなおじさんで、しばらく旅のお話をお互い出来た。彼は奥様と6歳の娘+4歳の男の子と10日間ここでキャンプ中、あと3日するってさ。皆さん裸足で歩いている。だから地面にガラスや危険物が落ちている事はない!
2018年2月16日(金)
今日は飛べる。でも午後からね。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ