記事検索

Sake Industry’s Corporate Efforts

スレッド
By Yuji Matsumoto

The average amount an American spends at a full-fledged casual restaurant is, including beverages, about $20. If we suppose the entrée is $14.50, $5.50 is spent on alcoholic beverages. The majority of glass wines are priced at $4-7 for 180-220ml servings, and many bottled beers are $3.50-4.50. Comparatively, sake from Japan with the same serving size as wine (180ml) is $8.50-9.50. The price is 2.5 times higher, and the selections are more limited.

Sake might still sell at such relatively high prices outside Japanese restaurants in Las Vegas or big cities such as New York, but this pricing makes Japan-made sake difficult to become established in California, which is the most competitive and largest Japanese food market (1/3 of US overall).

On the other hand, sake made in America are priced around $6-7 for 12 oz. If two customers share two small tokkuris, that keeps the cost at $6 per person. Large bottled beers also come out to $3 per person if shared by two, making the pricing adequate, which is why they are selling well. Japan-made sake utterly lacks selections in this price range. 720ml-bottle sake are sold in restaurants for $40 and higher; this makes the product a challenge to order, or a special occasion-only option to many. Trader Joe’s Charles Shaw made a splash in the wine world when it was introduced, and at $2.99 for a 750ml bottle, it’s still selling strong and bringing in new wine lovers. Many must have started with this “Two Buck Chuck,” fallen in love with wine, and begun buying more expensive wines. Initially considered as a threat to the normally $4-5 wine industry, Charles Shaw contributed to expanding the wine industry that eventually benefitted all wine businesses.

There is no need to dramatically reduce quality to reach this price point, but Japanese corporations should be able to achieve a certain level of it, considering what has been achieved in the past with home appliances and cars.


日本酒業界の企業努力

アメリカ人がフルダイニングカジュアルレストランで使うの平均単価は飲み物を含め約20ドル前後。アントレーの価格が14.50ドル平均とした場合、アルコールに費やす金額は5.50ドル前後である。ワインのセレクションは一杯(約180~200ml)で約4ドル~7ドルで多くあり、また、ビールも小瓶で3.50~4.50ドルで多くの選択肢がある。それに比べ日本からの地酒は大体ワイン一杯180ml換算で8.50~9.50ドルとなる。この差は約2.5倍であり、しかも種類が限られているのである。

ラスベガスのホテル内にある日本食店やニューヨークなど一部の都市以外では、多少値段が高くても売れるであろうが、全米でもっとも日本食市場が大きく、競争の激しいカリフォルニア(全米の3割以上)ではなかなかこの値段では従来の日本からの日本酒は定着しにくい。

逆に米国産の日本酒は2合徳利で6ドル後半から7ドル前後。2人で食事し2本シェアーしても一人当たり6ドル。また、大瓶のビールも2人でシェアーしたら一人あたり3ドルくらいと適正な価格帯にあり、ここは伸びている市場である。しかし、日本からの日本酒はこの価格帯でのバラエティーがまったくない。現在の720mlでレストラン販売価格が40ドル以上でのこの価格帯ではなかなかの勇気のいる選択または、特別な日以外は対象外となる。ワインの世界では一時期話題を呼んだトレイダー・ジョーズの“Charles Shaw”の2.99ドルワイン(750ml)は現在でも健全であり、多くのワイン愛好家を育成している。まずは2ドル投資をして気に入ったら徐々に価格の高いワインへとのめり込んだ人は多くいるはずだ。当初は、4ドルから5ドル前後のワイン業界は、脅威と感じたらしいが逆にワイン人口が相対的に増え全体のパイが広がったと言える。

何も品質を極端に下げ、この価格にする必要はないが、電化製品、自動車など日本の過去の例から見ると企業努力次第で可能なのではないだろうか?
#alljapannews #sake #corporate #efforts

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ